シリコンバレー狂騒曲

原題:Valley of The Boom

番組内容




インターネットバブルを通して、爆発的に形勢を変えていったシリコンバレーの出来事を描く。誰もがよく知るテクノロジーの台頭、衰退、そして復活を経験した人物たちに焦点を当て、これまで一度も語られたことのないテクノロジー革命の真実を、ハリウッドの製作陣が手掛けた脚本と演出によるドラマ部分と、本人が語るインタビュー部分を組み合わせ明らかにする。




「シリコンバレー狂騒曲」で振り返る米国のインターネットバブルとは?インターネットバブルの発端
インターネットの普及を背景に、1990年代末のコンピュータネットワーク上、電子的な情報通信によって商品やサービスを売買したり分配するeコマースの現実化。それを機に米国の多くの会社がインターネット関連投資に走り、これらのサービスを提供するIT関連企業に注目が集まりバブルが発生した。

米国のインターネットバブル崩壊
当時、米国の経済学者は、インターネットバブルをITの活用により、在庫調整が加速することから景気循環が消滅する「ニューエコノミー」としてもてはやした。しかしその後、連邦準備制度理事会(FRP)の利上げを契機に株価は急速に下落。バブルは崩壊してしまう。多くのIT関連ベンチャーは倒産に追い込まれ、不況に拍車をかけた。

製作総指揮カリスマ女性起業家 アリアナ・ハフィントン
製作総指揮を務めたのは、一般ユーザーと専門家をつなぐコミュニティー型サイト、ハフィントンポスト(現ハフポスト)の創設者であるアリアナ・ハフィントン。編集長として、同メディアがピュリツァー賞を受賞するまで成長させた。2016年8月に退社した後の同年9月には、ストレスや睡眠不足の軽減や生活と職場環境改善を支援するThrive Global(スライブ・グローバル)を立ち上げた。アメリカンドリームを掴みとったカリスマ女性起業家である。

ドキュメンタリーとドラマの融合インターネットバブルが起きた当時の様子を描くドラマパートと、当時実際にシリコンバレーで働いていた人々のインタビュー(ドキュメンタリー)が融合して番組は進んでいく。ドラマパートは当時のファッションなどを完全再現。またラップミュージックやミュージカル調の演出なども見応えがある。インターネットバブルの時代にシリコンバレーで実際に働いていた人々のインタビューは、インターネットバブルを生き抜いた人々だけが知る驚きの逸話を紹介している。(インタビューパートの出演者例: ネットスケープの元ブラウザー制作リード、Broadcast.comの設立者、AOL元会長など)

■60分x6話