レッドゾーン:絶滅の淵から

原題:Animals of The Year

番組内容

人類の繁栄とともに、多くの野生動物が生息環境を奪われ、個体数を減らしてきた。特に人間と衝突しやすい大型ほ乳類の状況は厳しい。約100年前には500万頭以上存在したアフリカゾウは、現在50万頭以下に激減。チーターはかつての生息域の91%から姿を消している。ホッキョクグマは今後30年で30%減少する見込みだ。一方でパンダのように、保護活動により危機を脱しつつある動物もいる。絶滅の淵に追いやられた大型ほ乳類の今に迫る。

■60分