ワイルドな一日 3

原題:Wild 24 Season 3

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 大型ネコ科の戦闘地 」

カメラは世界各地に生息する大型ネコ科動物たちの生活を24時間追い続ける。チーター、ヒョウ、ジャガー、ライオン、サーバルといったネコ科動物たちが、それぞれの生息地で狩りをし、他の動物たちと食物連鎖の頂点の座を賭けて競い合う様をリアルに映し出していく。静かに獲物に近づき、狡猾かつ強烈な攻撃を繰り出して獲物を仕留める無慈悲な捕食動物。ネコ科動物たちは効率的で計算し尽くされた狩りのエキスパートなのだ。

「 とある砂漠での日常 」

オーストラリアやアフリカなど、灼熱の太陽が照りつける砂漠で生きる動物たちの24時間を追う。そこではカンガルーの親子、群れで行動するゾウ、やせこけたチーターの兄弟、ミーアキャットの家族が自然そのものを相手に生き残りをかけて闘っている。命を奪おうとする敵を負かすことはできない。信じられないほど環境に適応したこのような生き物でさえ、自らの生命を守りきれず、全ての動物が明日を迎えられるとは限らないのだ。

「 ロッキー山脈での格闘 」

全長4800キロにわたり山々が連なるロッキー山脈では、秋になり発情期を迎えた大型動物たちが、交尾の権利を賭けて激しい戦いを繰り広げる。さらに冬の訪れを前に、動物たちの生存競争もより熱を帯びてくる。獲物を追い、長丁場の狩りを続けるオオカミの群れ。その獲物のおこぼれに預かろうとする動物たち。冬眠を前に、ハイイロヒグマは大量のエサを食べねばならない。厳しい冬への準備に励む動物たちの24時間に迫る。

「 ナイル川の厳しい自然 」

かつて古代文明を生み出したナイル川は、そこに暮らす動物たちに多くの恵みを与えると同時に、命を奪う存在でもある。カメラは24時間にわたり、この地に生息するカバ、ナイルワニ、ライオン、エチオピアオオカミ、エチオピアオオタケネズミ、ハイギョなどの動物たちが厳しい生存競争を生き抜く姿を映し続ける。この偉大なる川は、山、熱帯雨林、湿地帯、砂漠と様々な環境を流れながら動物たちに厳しい教訓を与えていく。

「 アラスカの短い夏 」

長く厳しい冬が終わりを告げたアラスカ。そこではハイイロヒグマ、ホッキョクグマ、クジラ、カラフトマス、シャチ、セイウチ、ビーバーなどの動物が、短い夏のもたらす恵みを最大限に得ようと必死だ。この時期に少しでもつまずいてしまえば、氷に包まれた暗い冬の日々を乗り越えることができなくなってしまう。わずかな判断ミスが命取りとなるアラスカの地で、生死を賭けて戦う動物たちの姿を24時間にわたって追い続けた。