【2017年12月】年末特集:世界遺産

番組内容

12月31日(日)21:00~28:00


特集内のオススメ番組詳細世界大自然紀行:ハワイ「炎の島」
12月31日(日)23:00~24:00
およそ3000万年前、火山活動によって形成されたハワイ諸島。荒涼とした島は、いかにして現在の緑豊かな楽園へと変貌を遂げたのか。独自の生態系を持つに至るまでの長い歴史をひもとくと共に、個性豊かな生き物たちの営みを紹介する。変わった模様のクモや滝を登る魚、オタマジャクシにならないカエル、外来種から生態系を守る鳥など、多彩な生き物が登場する。(二ヶ国語)


古都:京都
12月31日(日)24:00~25:00
日本の伝統文化の中心地であり、世界遺産が多数存在する京都。ここにも近代化の脅威が迫っている。古い町並みは破壊され、昔ながらの慣習も失われつつあるのだ。そんな中、様々な分野の第一人者たちが、変化の波に逆らって京都の伝統文化を残そうと立ち上がった。伝統と現代がぶつかり合う中、型破りな手法で京都の文化的独自性を守ろうとする人々の活動とともに、京都の文化財の裏側をあらゆる角度から紹介していく。(二ヶ国語)


徹底スキャン:世界の歴史建造物「天空都市マチュ・ピチュ」
12月31日(日)25:00~26:00
ペルー南部の山奥にたたずむ"空中都市"マチュ・ピチュ。このあまりにも有名な遺跡に最新のレーザースキャン技術が新たな光を投げかける。番組の研究チームが挑むのは3つの謎だ。インカの人々は、いかにして急峻な峰に都市を築いたのか? 遺跡に残された痕跡からその工法の謎を読み解いていく。壮麗な建物に目を奪われて見過ごしがちな段丘にも秘密が隠されていた。標高2400メートルの高地に水を供給した方法にもスポットを当てる。(字幕)


世界大自然紀行:アゾレス諸島
12月31日(日)26:00~27:00
大西洋に浮かぶ絶海の孤島・ポルトガル領アゾレス諸島。大航海時代に栄えた寄港地として世界遺産に指定され現在は高級リゾート地として知られる島々は、大西洋中央海嶺の火山活動で生まれた。本土から1000キロ以上離れ人間が来たのはわずか600年前。むき出しの溶岩だった島も今や緑に覆われ渡り鳥やクジラが集まる生命の楽園だ。海底洞窟や沸点近くまで熱せられた湧き水など、変化に富んだ火山性の地形が育む多様な生物を美しい映像で紹介。(字幕)


アメリカ~国立公園を巡る旅「ヨセミテ国立公園」
12月31日(日)27:00~28:00
カリフォルニア州を縦断するシエラネバダ山脈を中心に広がるヨセミテ国立公園。ここには豊かな生態系が存在し、様々な動植物が生活している。草原で小動物を狩るボブキャットやコヨーテ、高地の岩場に巣穴を作り1年の大半を冬眠して過ごすキバラマーモット、岩壁で子育てをするワタリガラス、そのヒナを狙うハクトウワシ、世界最古の樹木と言われるジャイアントセコイアなどだ。これらの動植物が織りなす大自然の四季のドラマを描く。(二カ国語)