プレッパーズ~世界滅亡に備える人々~

原題:Doomsday Preppers

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 大量の弾丸 (Bullets, Lots of Bullets) 」

来るべきこの世の終わりを恐れ、その備えをする3人。彼らはそれぞれどのような生活をし、どのような犠牲を払っているのだろうか。彼らの目的は人類最後の日に生き残ることだけではない。大量の食糧や水、武器などさまざまな物を備蓄し、その大災害の後も生活を維持し続けることなのだ。果たして彼らの備えは十分なのだろうか?

「 自分は変だと信じたい (I Hope I Am Crazy) 」

第2エピソードでは“プレッパーズ"コミュニティの中でもタイプの異なる3人のアメリカ人を紹介する。自称“美食家"のケリーン・ビショップは豪華な非常食を用意、デヴィッド・サーティはアルマゲドン後のアメリカで情報伝達の中心となるべく準備をしている。またキャシー・ハリソンはニューイングランドのリベラル派でも非常事態の備えに真剣に取り組んでいることを明かす。

「 石器時代に逆戻り (Back To The Stone Age) 」

この世の終わりに備えている人々にとって、ロックバンドR.E.Mの曲“世界の終わる日"は大いに共感できる曲だろう。アリゾナ州フェニックスに住むティム・ラルストンはアメリカが電子パルス攻撃を受ける日に備えている。彼は生き残るために輸送用コンテナを改造し、息子たちに武器で防衛する方法を伝授している。ジェイソン・チャールズはニューヨークの消防士。イエローストーン国立公園の超巨大火山の噴火に備え、都心の自宅マンションに非常食や水を備蓄している。パット・ブラブルはアメリカ南部に住むキリスト教信者だ。一風変わった紳士でもある。彼はアメリカがハイパーインフレ寸前だと言い、今にも全国で市民暴動が勃発するのではないかと懸念している。その不穏に備えるため、パットは農場の一角に秘密の部屋を用意し、銃や弾、そして物々交換のための酒類さえも用意している。

「 崩壊の序曲 (Nine Meals Away From Anarchy) 」

世界の終末への備えは万全か? この男たちはそうありたいと願っている。マイク・メスターが恐れているのは、もうすぐ経済が破たんし、自分の住むアトランタ郊外の閑静な町で暴動が起こるのではないかということだ。その事態に備え、マイクは家族も巻き込んで、食料や燃料、そして武器を備蓄している。さらには、飼い犬である2頭のジャーマンシェパードを訓練し、いざという時に番犬として使えるようにした。コロラド州のコンピューター・プログラマーであるプレストン・ホワイトは、事故で損傷した福島第一発電所には隠蔽された事実があると思っている。だから、1万1000種類の作物の種を収集し、放射能による大惨事が起きた後でも食料を確保できるようにした。終末の日が来た時に備え、ライリー・クーパーは貯金をつぎ込んで緊急避難用のシェルターを買った。彼はこのシェルターが、磁極の反転がもたらす災厄から家族を守ってくれると信じている。

「 生き残るための代価 (It's All Gonna Hit The Fan) 」

本シリーズのエピソード5では、世界の終末に備えるために多大な犠牲を払っている3人のアメリカ人を紹介する。元警察官のマーティン・コルビルはどこにいても準備万端だ。自分の大型トラックの運転席に非常用の物資を完備してある。ユタ州のドナ・ナッシュは、自分の愛する子や孫が、世界的に流行する致死性の病にかかった時、その人物を隔離できるように準備している。ケビン・オブライエンは家族全員で故郷を離れることにした。彼は、磁極の反転が原因で、いずれフロリダが海に沈むと信じている。

(c)Sharp Entertainment /Marc Kroll   (c)Sharp Entertainment   (c)Sharp Entertainment/Marc Kroll