狩りの戦術

原題:Man Hunt

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 生きるために (Kill To Survive) 」

冒険家ヘイデン・ターナーは南太平洋に浮かぶタンナ島を訪れ、オオコウモリやイノシシ、ウナギを獲物にしている狩猟採集民ニャマルの狩りの手法に迫る。狩りを行うため、彼らとヘイデンは、木に登り、茂みへ入り、川沿いを進んでいく。彼らの文化を体験したヘイデンは、千年の月日をかけ発展してきた狩りの戦術を知る。

「 死のひと吹き (Death Blow) 」

冒険家ヘイデン・ターナーはマレーシアを訪れ、狩猟採集民ジャハイの古代の武器と野生の勘を使った狩りの戦術に迫る。獲物に忍び寄り正確に仕留める達人であるジャハイ。
彼らはゆっくりと獲物に近づき、毒を塗った吹き矢を時速160キロ以上もの速さで放ち獲物を捕らえるのだ。

「 鋭い歯を持つ遊牧民 (Sharp Teeth Nomads) 」

今回、冒険家ヘイデン・ターナーはカメルーンにある熱帯雨林の奥深くを訪れ、狩猟採集民バカ族と行動を共にして狩りの戦術を学ぶ。彼らはヤリや弓、煙を上手く使い、さらには獲物の鳴き声のまねをすることで森林内での危険な動物たちを捕らえているのだ。

「 カラハリの殺し屋 (Kalahari Killers) 」

ナミビアを訪れた冒険家ヘイデン・ターナーは、カラハリ砂漠に住む狩猟採集民のサン、通称ブッシュマンと一緒に狩りに行き、彼らの戦術に迫る。そこでヘイデンは数千年前から伝わる技術を知ることになる。世界でも過酷な環境で、彼らは獲物をどう追い、忍び寄り、そして仕留めるのか。