びっくり!ギガ建造物2

原題:Big, Bigger, Biggest 3

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 運河 (Canal Zone) 」

中央アメリカの熱帯雨林地帯を縫うように走るパナマ運河。世界有数の規模を誇り、歴史的な価値も高いこの運河が完成して約100年。現在は、運航容量を倍加するための拡張事業が進行中だ。内陸部に大きな船舶を航行させるという難しい工事を可能にした背景には、これまで様々な運河の建設の中で培われてきた技術がある。次第に大規模になっていく運河工事。それを支える革新的な技術の詳細に迫る。

「 北極海の砕氷船 (Icebreaker) 」

北極海を航行する巨大な砕氷船、チモフェイ・グジェンコ号。スクリュープロペラを使って、車と同じくらいの大きさの氷塊を砕きながら、厚い氷で覆われた海域を進んでいく。高度な造船工事を支える技術を軸に、ドイツで建造された世界最初の砕氷船や、ソビエト連邦時代に造られた最初の原子力砕氷船レーニン号なども紹介。巨大な砕氷船の建造を可能にした革新的な技術を、CG映像を交えてわかりやすく伝える。

「 ロンドンの地下鉄 (Metro) 」

毎朝300万人もの乗客が利用するロンドンの地下鉄。「チューブ」の愛称で親しまれている交通網は、西洋最大の規模を誇り、地下建築の最高峰とも言われている。大都市の地下に巨大なチューブを張り巡らせるという工事はいかにして成功したのか。敷設を支えた高度な技術を軸に、とっておきの裏話を紹介する。

「 ハイテク刑務所 (Prison) 」

1400人以上の凶悪犯を収容するノース・ブランチ刑務所。世界で最も「安全な」刑務所のうちの1つだ。多くの囚人は殺人罪で服役しており、あわよくば脱走しようと考える。しかし彼らを待ち構えるのは爆風にも耐えるほど頑丈な独房だ。服役者同士のトラブルを避けるため、施設内のあらゆる場所にはハイテク技術を使ったシステムも配備されている。難攻不落の刑務所の建設を可能にした技術は、これまでの刑務所建設の中で培われてきたものだ。ロンドン塔やアルカトラズ島の構造も明らかにしながら、監視システムや、脱出不可能な独房の設計、周辺の防御設備などの技術を紹介する。刑務所はいかにして頑丈で安全に、そしてより大規模になっていったのか。CG技術を駆使して鋭く迫る。

「 超高層タワー (Tower) 」

テレビ塔としては世界有数の高さを誇る広州塔。610メートルもの高さのタワー建造が実現したのは、これまでの様々なタワーの工事で培われてきた技術の蓄積があるおかげだ。他にも、ワシントン記念塔やカナダのCNタワーを取り上げ、CG映像を交えながら、超高層タワーの建造を可能にした革新的な技術の数々をつぶさに紹介する。

(c)Windfall Films   (c)Bombardier Transportation