ライオン・キングダム

原題:Lion Kingdom

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 グレイドを巡る戦争 」

タンザニアのルアハ国立公園を流れるムワガジ川の水に恵まれた地“グレイド”に、2つのライオンの群れがやってくる。ルアハ国立公園で最大規模を誇るバオバブ・プライドと、凶暴な流れ者ライオン集団であるンジャア・プライド。水を求めこの地にたどり着いた水牛を狙うためである。獲物の水牛を巡る対立から、2つの群れの激しい衝突が起こる。ライオンたちの厳しい掟と生命の営みを通して、それぞれの群れの運命を追う。

「 流れ者の集団 」

“グレイド”は常に水のある楽園。乾季が続き、ゾウの群れが“グレイド”にやって来た。ゾウは砂地を掘り、湧き出した水を飲む。ライオンもゾウをまねて砂地を掘る。穏やかな日々が続いているが、状況はいつ変わるかわからない。そしてある日、水牛の群れを追ってはぐれ者のオスライオンのグループが現れた。凶暴なライオンの集団ンジャア・プライドのメスでさえも狩りをせずに影を潜め、平和だった“グレイド”が緊張に包まれる。

「 父と息子 」

小規模なライオンの群れグレイド・プライドに新たなオスが加わり、ボスの地位を確立した。子どもは順調に育つが、青年になった1頭のオスが群れのメスに手を出し、追放されてしまう。死肉をあさっていたが、バオバブ・プライドを追われたオスと協力して獲物を仕留めることができ、義兄弟の契りを結ぶ。そして水牛の群れを追い、2頭は旅立つ。一方、“グレイド”ではオスが1頭のメスと出会い、それが大きな問題に発展していく。