アフリカの獣達~壮絶な人生

原題:Africa's Hunters 

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 ヒョウ: 空腹との闘い (原題:The Hungry Leopard) 」

聡明で年老いたヒョウのカムチは、ルアングアバレーの狩場を支配している。しかしアフリカの低木地帯では最高齢のヒョウであるカムチは、以前よりも手際よく狩りができなくなっていた。そしてカムチの獲物を盗み、襲ってくるライオンの群れによって、狩りはさらに大変になるのだった。番組ではライオンを避けながらも食べ物を探すカムチの3日間を追っていく。また昼間だけではなく、夜行性の捕食者たちの夜の姿も紹介する。

「 ヒョウ: 最後の砦 (原題:A Leopard's Last Stand) 」

賢く、高齢のカムチはルアングアバレーの重要な狩り場を10年間支配している。獲物を盗むライオンから身を守りながら、アフリカの荒野の中でも最高齢のヒョウとなる13歳まで生き延びてきた。しかし以前ほど俊敏ではないカムチにとって、生存することはますます過酷なことになっていく。さらに彼女は人生で最も深刻な苦難に立ち向かう。若く、健康で力のある雌のヒョウがカムチの縄張りを狙って戦いを挑もうとしていたのだった。

「 ライオン: 新しい命 (原題:Bound By Blood) 」

ンセフ地区のライオンの群れに子供が生まれようとしていた。3頭の雌ライオンが妊娠しているのだ。群れは一番の場所を縄張りにしていて、兄弟の雄ライオンが群れを守っていた。群れではみんなが子供の面倒を見て、母親たちは子供たちを協力して育てるが、生まれた子供たちの境遇はまったく違っていた。彼らは一緒に遊び、自分たちの世界を知っていく。しかし近隣のライオンたちが彼らの世界を壊そうとする。

「 ライオン: 出来損ないの子 (原題:The Misfit) 」

ンセフ地区のライオンの群れには、生後数週間の子ライオンがいて、一緒にお乳を飲んだり、遊んだりしている。その中に他の子供より体が小さく、内気なライオンがいた。体が小さいため、生き残れる確率が低いにもかかわらず、ある時、群れからはぐれてしまう。さらに若いライオンからおもちゃのように遊ばれ、ケガをする。ケガをすれば移動する群れについていけない。しかし子ライオンは懸命に群れについていこうとする。

「 ライオン: 若く熱き血 (原題:Teenage Pride) 」

ンセフ地区のライオンは理想的な群れだ。子供が6頭生まれ、強い雄が群れを守っており、さらにザンビアにあるルアングワ川の最高の土地を縄張りにしている。しかし群れの若いライオンは狩りを学んでいるが、礼儀がなっておらず、不器用でどうしようもない者たちだった。ある晩、スイギュウ狩りが悲惨な結果になり、迷子になった3兄弟は隣の群れの縄張りに入ってしまう。そして、ンセフの群れに混乱を引き起こすことになる。