魅惑の宝石ハンター

原題:Mine Kings

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 希少サファイアを追って (原題:King Sapphire) 」

ターゲットは、キング・サファイアとして知られる幻の石「パパラチア」。宝石ハンターたちは、希少な石を手に入れるためスリランカにある危険な採掘場、ラトゥナプラへ向かう。しかしモンスーンによる増水と雷でチームメンバーの命が危険にさらされる。そのうえ、ハンターたちはある機械をめぐって衝突してしまう。タイムリミットが迫る中、はたして彼らは幻の宝石パパラチアを手に入れられるだろうか?

「 虹色に輝くブラック・オパール (原題:Black Opal) 」

ガイ・クラターバックの指令により、ジミー、ジョン、フレッド、ザックの4人組が向かったのはオーストラリア。今回のターゲットはブラック・オパールだ。シドニーから車で9時間ほどの場所にあるライトニング・ブリッジに到着したチームは、地元のパブを訪れ、情報収集を開始。ジミーが鉱山所有者のトニーと話をつけ、採掘が始まる。常に危険と隣り合わせの作業では何が起きるか予測できない。果たして今回の任務は成功するのか?

「 7色のサファイア (原題:Seven Sapphiresl) 」

宝石ハンターたちが向かったのはマダガスカル。1つの採掘場から、色の違う7つのサファイアが採れるという世界でも珍しい場所だ。もちろん彼らが狙うのも7つの色のサファイア。しかし一緒に作業する地元民のある習慣にチームの1人が不快感を示す。さらに盗難に遭ったり、作業中に事故が起こったりと様々な問題に見舞われる。果たして限られた時間内に7色すべてのサファイアを見つけることができるだろうか?

「 アフリカのピンク・ガーネット (原題:Dynamite Garnet) 」

タンザニアのマサイ族の村に向かった宝石ハンターたち。お目当てはピンク・ガーネットだ。しかし、ダイナマイトを使う採掘場はこれまでにない危険な場所だった。1つ間違えば命を落としかねないうえ、貴重な原石が眠る鉱床も、住民との関係も壊れてしまう。かつてない悪条件に、採掘方法をめぐってメンバーたちの意見が衝突。チームは険悪な雰囲気に。一方、ガイはマサイ族にちなんだ新しい石の名前を考えていた。

「 青くきらめくアクアマリン (原題:African Aquamarine) 」

宝石ハンターたちは最高品質のアクアマリンを求めて、アフリカ・ザンビアの小さな採掘場へと向かう。周辺の部族との関係構築や穴にたまった水の排出、採掘方法をめぐる意見の対立など、様々な問題が持ち上がり、作業はなかなか進まない。期限が迫るなか、地元民たちの知恵を借りながら一か八かの勝負に出る。ガイの思い入れも深いこの地で、果たしてミッションを成功させることはできるのか?