密着!ドバイ国際空港2

原題:Ultimate Airport Dubai, Series 2

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 緊急着陸に備えよ 」

エンジンの急停止による緊急着陸の知らせが管制塔に入った。航空管制官は緊急チームを配備し、想定される様々なシナリオに備える。手荷物検査所では、生きたヘビと卵がぎっしり詰まったカバンを発見。さらに税関では、不審な行動を取っていた乗客のカバンから14キロのヘロインが見つかる。滑走路の大改修工事を4日後に控え、別の空港に建設中の代替施設では、問題が次々と露呈。プロジェクト責任者の頭を悩ますこととなる。

「 サッカーの神 来訪 」

ドバイ国際空港では今回も様々なことが起こる。滑走路では、着陸した旅客機から煙が発生。消防隊が緊急出動する。ターミナルでは、ある乗客が息子を見失ってしまった。搭乗の締め切りまではあと数分。果たして間に合うのか? VIPルームに姿を見せたのは、なんとあのペレだった。空港のスタッフは、伝説のサッカー選手をそつなくもてなせるだろうか? そして滑走路の一角では、前代未聞の改修プロジェクトが始まろうとしていた。

「 大量のヘロイン押収  」

80日に及ぶ十億ドル規模の滑走路改修計画で、何機ものボーイング777を収容する駐機場が作られた。だが出入りする誘導路は坂道。300トンもの機体を引いてのプッシュバックに、マークの技術が試される。税関ではバッグの底から5つの大きな包みが見つかる。中身がヘロインなら過去10年間で最大の押収量だ。エンジニアのアンディは、エアコンが故障し機内温度が45度を超えている機体を、離陸までの数時間で修理しなければならない。

「 乗り継ぎパニック 」

1羽のハトのせいでマンチェスターからの便の到着が大幅に遅れた。このままでは数十人の乗客が次の便に乗り継げない。空港のスタッフはこの事態にどう対処するのか? 貨物専用機の積み込み現場では2つの貨物が行方不明に。出発時間が迫る中、職員による必死の捜索が始まる。ある旅客機はフロントガラスに不具合が発生。交換作業が始まるが、折悪く、ドバイでは年に数回しか降らない雨が降り始める。果たして無事に終えられるのか?

「 1時間で修理せよ 」

エミレーツのライン整備士は、ボーイング777のウォーター・ポンプを1時間で修理しなくてはならない。さもなければ出発できない。貨物管理係は11トンの航空用エンジンを狭いハッチから積み込む。貨物か機体かのどちらかを傷つける可能性がある。80日の滑走路改修があと14日に迫り、工事した箇所を検査する。危険ながれきなどなく、機体が誘導路を安全に移動できなければ、大改修計画に遅れが出てしまう。