カー・SOS 蘇れ!思い出の名車2

原題:CAR S.O.S.Ⅱ

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 フォード・コルチナの抜け殻 (原題:Cortina Conundrum) 」

今回ティムとファズが向かうのはリンカーン。元自動車整備士のジョージはフォード・コルチナを40年以上も大切にしてきた。だが修理半ばで肺の病を患い、車は車庫で埃に埋もれている。家族はどうしてもジョージに愛車が走る姿を見せたいと、ティムとファズを呼ぶ。期間はわずか3週間。しかも足りないパーツが多く、調達作業は悪夢と化す。果たしてティムとファズは無事修理を終え、ジョージを驚かすことができるのか。

「 愛され続けたMG・ミジェット (原題:Mg Miracle) 」

今回救出するのは1938年製のMGミジェット・タイプTA。オーナーのデレクは30年という歳月を費やして愛車を直してきたが、治療が困難な病に冒され修理を諦めてしまった。本人が生きているうちに乗せてあげたいという家族の願いに、ティムとファズの2人が立ち上がる。しかし作業期間は何とたったの1週間。しかも車は当初の見立てよりも相当ひどい状態だった。果たして2人はデレクの愛車を見事に復活させることができるのか?

「 ポルシェ911、奇跡のレストア (原題:Porsche Puzzle, A) 」

オーナーの妻タニアの依頼で、1986年式ポルシェ911を救出する。重い病気を抱えたタニアは、家族に献身的な夫ビリーに感謝をささげたいと番組にSOSを発信。しかし漏電火災で焼けた後4年間放置されていたこの車は、今にも自己破壊しそうなくらい損傷が進んでいた。漏電の原因を突き止め修復を開始するも、それは番組史上最も過酷な作業だった。3週間後のシルバーストーン・サーキットでのお披露目まで、果たして間に合うのか?

「 ヘラルドを一から組み直せ! (原題:Herald Angels, The) 」

今回救出する車は1970年式のトライアンフ・ヘラルド。オーナーが普段使いの用途で購入するも、娘の病気をきっかけにこの5年間ガレージに放置されていた。エンジンの修復方法でさっそく対立したティムとファズは、どちらの意見が正しいかを確かめるため、レースで決着を付けることに。しかし修復を進めるにつれ、想像以上に深刻なサビに侵されていることが発覚し、ほとんど全てを解体し一から組み立て直すこととなる。

「 母の形見のランドローバー (原題:Land Rover Legend) 」

今回はティムの故郷シェフィールドでランドローバーシリーズ1を救出する。オーナーのサマンサは、オフロードのアマチュア女性チャンピオンだった母の形見として大切にしている。だが機械的な問題が次々と起こり、16年間走っていない。そこで夫ダンと友人ポールが番組に依頼した。シリーズ1の大ファンであるファズは大喜びだが、この車には規格外のパーツばかり。特にターボは厄介で、2人の気持ちは折れてしまいそうになる。

©National Geographic Channels/Renegade Pictures   ©National Geographic Channels