ナショナル ジオグラフィック

バー教授の最も危険な調査隊 2

原題: Dangerous Encounters 2
バー教授の最も危険な調査隊 2の写真

番組内容

番組内容の写真
子供の頃に恐竜好きだった少年は、その後爬虫類学者となった。

ナショジオの顔、ブレディ・バー教授が今回、獰猛なワニにぎりぎりまで接近する手法として編み出したもの、それはワニスーツ(写真)。何十匹ものアメリカワニに囲まれた緊迫感は映像からも伝わってくる。前シーズンを越える危険に挑んだバー教授の調査レポートに注目だ!

第1話:最も危険なヘビ
第2話:巨大ワニ
第3話:至近距離での遭遇
第4話:噛む力No.1決定戦!パート2

エピソード

「 最も危険なヘビ (Deadliest Snakes) 」

最も危険なヘビ (Deadliest Snakes)の写真

世界最“恐”のヘビを探すため、ブレディ・バー教授が旅に出た。文字通り人間の体を溶かす毒をもつラッセルクサリヘビ。世界最大の毒ヘビ、キングコブラ。なかなか姿を見せないアフリカニシキヘビ。猛毒をもつナイリクタイパン。触ることすらためらわれるブラックマンバ。果たして、この恐るべきランキングのトップに輝くのはどのヘビか?

「 巨大ワニ (Size Matters) 」

巨大ワニ (Size Matters)の写真

巨大ワニの捕獲に挑戦! まずはコスタリカだが思うほど大きい個体がいない。次に巨大なナイルワニを求めてアフリカへ旅立った。そこで、乾季のためお互い重なり合って泥の巣穴に潜んでいるナイルワニを発見。ついにこれぞというワニを見つけ、なんとか巣穴から引きずり出すことに成功したが、それがこれまでで最も危険な遭遇となるのだが……。

「 至近距離での遭遇 (Closest Encounters) 」

至近距離での遭遇 (Closest Encounters)の写真

ブレディ・バー教授が、危険な肉食動物に近づくための防護服開発に挑戦。ホホジロザメの攻撃を防ぐための保護ケージや、ロデオの際に牛の角からカウボーイを守るために使われる樽などを試した結果、樽を軽量化すればワニやカバなどの襲撃から身を守れると確信。ナショナル ジオグラフィックのエンジニアの力を借りて、本物のワニそっくりの防護服を完成させた。

「 噛む力No.1決定戦!パート2 (Bite Force 2) 」

噛む力No.1決定戦!パート2 (Bite Force 2)の写真

ホホジロザメ、ナイルワニ、ティラノサウルス・レックス、どれも脅威のひと噛みで恐れられる巨大動物だが、果たしてどの動物が一番噛む力が強いのだろうか? 地球最大の生き物だったティラノサウルス・レックスの噛む力を測定すると、なんと2721kg。しかしそんなT-レックスにも、「噛む力王」の称号を争うライバルがいた。そのライバルとは!?

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に