ナショナル ジオグラフィック

カー・SOS 蘇れ!思い出の名車 9

原題: Car S.O.S. 9
カー・SOS 蘇れ!思い出の名車 9の写真

放送予定

21.11.05 22:00
 ラリー界の暴れ馬 メトロ6R4 (原題: Metro 6R4) [二][新]
21.11.06 18:00
 ラリー界の暴れ馬 メトロ6R4 (原題: Metro 6R4) [二]
21.11.07 13:00
 ラリー界の暴れ馬 メトロ6R4 (原題: Metro 6R4) [二]
21.11.08 20:00
 ラリー界の暴れ馬 メトロ6R4 (原題: Metro 6R4) [二]

番組内容

往年の名車をレストアする大人気シリーズ、カー・SOSが帰ってきた。シーズン9では、ヴィンテージ感あふれる1929年式のロールス・ロイスから、ラリー選手権で活躍したMGメトロ6R4、そしてアイスクリーム販売車という変わり種まで登場。愛車の復活を夢見るオーナーのため、ファズ・タウンゼントとティム・ショーが、ボロボロになったクラシックカーのレストアに大奮闘。生涯忘れられないサプライズをオーナーにプレゼントしよう。

予告編

■60分×11話

番組のみどころ

ファズ・タウンゼント

整備の達人。カー・SOSでティムの相棒を務める。幼いころから古い車と音楽への情熱を胸に秘めていた彼は、イギリスのローカルバスの整備士見習いとして働いていた経験を持つ。今でも大のバス好きで、幼少期にはスーパーカーよりもバスに夢中だった。また、プロのドラマーとしても活躍しており、CDやアルバムも多数リリースしている。

吹き替え声優
浅科 准平
【声優代表作】
「劇場版 ザ・キング・オブ・ファイターズ」(テリー・ボガード役)
「18・29〜妻が突然18才!?」(ソ・ユノ役)
「ゼウス クリスマスを守った犬」(ゼウス役)
「ビンテージ・ラブ~弟が連れてきた彼女~」(ケイレブ役)
「マイジャイアントフレンド」(ブーム役)
ほか

ティム・ショー

パーツ集めの天才。「雑学サイエンス」シリーズなどでもおなじみ。イギリスのラジオパーソナリティーとして名を馳せ、様々なテレビ番組にも出演し、今やナショジオの顔になりつつある。エンジニアとしての才能にも恵まれており、 彼の“発明”の中には実際にお店に並んでいる商品もあるとか。

吹き替え声優
下妻 由幸
【声優代表作】
「ダイヤのA」(白州健二郎役)
「暗殺教室」(吉田大成役)
「弱虫ペダル GRANDE ROAD」(井尾谷諒役)
「アイ★チュウ」(罪人の道化師/十文字蛮役)
「シャナラ・クロニクルズ」(ウィル・オムズフォード/オースティン・バトラー役)
ほか

エピソード

「 ラリー界の暴れ馬 メトロ6R4 (原題: Metro 6R4) 」

ラリー界の暴れ馬 メトロ6R4 (原題: Metro 6R4)の写真

今回は1980年代のラリーカー、メトロ6R4。最も危険なカテゴリーと言われたグループBで活躍したが、まもなく同カテゴリーが廃止されたためにワークスマシンは20台ほどしか生産されていないという希少な車だ。ラリーファンのオーナー、ブライアンは息子ジェラルドとレストアするつもりで愛車を購入する。しかし、不幸にも脳卒中で倒れてしまい、計画は中断を余儀なくされることに。非常に珍しい車のため、パーツの入手は困難を極める。

「 ジャガーXJ-Sに新たな命を (原題: Jaguar XJ-S V12) 」

ジャガーXJ-Sに新たな命を (原題: Jaguar XJ-S V12)の写真

今回の車は1980年式のジャガーXJ-S。V型12気筒エンジンを搭載したイギリスの高級グランドツアラーだ。整備士だったイアンがレストア目的で購入。しかし、不幸にも病に倒れ、愛車は放置されることに。修理工場にやって来たXJ-Sは番組には珍しく良好な状態に思われた。しかし、それが甘い見立てだったことをティムとファズは思い知ることに…。欠点だったハンドリングを改善するため、ティムは最先端のサスペンション技術を導入する。

「 父と息子のフィアットX1/9 (原題: Fiat X1/9) 」

父と息子のフィアットX1/9 (原題: Fiat X1/9)の写真

今回の車はフィアットX1/9。ベイビーフェラーリとも称されるイタリア製の小型スポーツカーだ。オーナーのスティーブは、末期の食道がんに侵されており余命いくばくもない。オーナーはX1/9にはひとかたならぬ愛着を持っており、特にブランド名が書かれたステッカーとシートの布地はそのまま残したいという。ティムとファズは、時間と闘いつつ、オーナーのこだわりも守らなければならない。レストアを成功させることはできるのだろうか。

「 改造ビートル“ウィザード”に魔法をかけろ (原題: VW Wizard) 」

改造ビートル“ウィザード”に魔法をかけろ (原題: VW Wizard)の写真

今回はフォルクスワーゲンのビートルを大きく改造したウィザード。オーナーのアンドレアスは突然酸を浴びせられるという事件の被害者となってしまい、大やけどを負ったうえに、片目の視力まで失ってしまう。その後、レストアを夢見て中古のウィザードを購入するが、自身でレストアを行える状態までの回復は難しく、愛車は放置されることに。視覚に障害を持つオーナーが運転できる車にすべく、創意工夫を凝らしたレストアを行う。

「 希少な名車 ジェンセン・インターセプター (原題: Jensen Interceptor) 」

希少な名車 ジェンセン・インターセプター (原題: Jensen Interceptor)の写真

今回は1969年式のジェンセン・インターセプター。米国クライスラー製のパワフルなV8エンジンにイギリスの優れた技術を融合させた贅沢なGTだが、メーカーの倒産により希少な伝説の名車となっている。オーナーのニックは憧れて手に入れたピスタチオグリーンの愛車を大切に乗っていた。しかし、不幸にも骨粗しょう症を患ってしまい、愛車は放置されてしまう。鮮やかな塗装に隠された予想以上の腐食がティムとファズを苦しめることに。

「 亡き父との約束 ロールス・ロイス・トゥエンティー (原題: Rolls Royce 1929 Doctors Coupe) 」

亡き父との約束 ロールス・ロイス・トゥエンティー (原題: Rolls Royce 1929 Doctors Coupe)の写真

今回の車は番組史上初となるロールス・ロイス。畳み込み式シートを装備した1929年式のドクターズ・クーペである。オーナーは亡き父から愛車を受け継いだものの、家業の倒産により、車を完成させるという父との約束を果たせずにいた。シャシーや内装の状態が良好なことから、今回はビンテージ感を残して修復することが決まる。ティムは、ロールス・ロイスの代名詞であるスピリット・オブ・エクスタシーの製造工場も見学することに。

「 家族の形見 プジョー106ラリー (原題: Peugeot 106 Rallye) 」

家族の形見 プジョー106ラリー (原題: Peugeot 106 Rallye)の写真

今回の車は1990年代のプジョー106ラリー。小さなボディーながら走行性能に優れた傑作ホットハッチだ。オーナーは大学生のセナ。その名からも分かるとおり、家族全員がカーマニアだった。しかし、数年前に兄と父が相次いで命を絶ち、セナは失意のどん底に突き落とされることに。形見となった106ラリーは今や動かず、ただ放置されているのだった。彼女の心の傷を少しでも癒やすべく、ティムとファズが思い出の車のレストアに挑む。

「 伝説のラリーカー アルピーヌA110 (原題: Alpine A110) 」

伝説のラリーカー アルピーヌA110 (原題: Alpine A110)の写真

今回の車はフランスの伝説的なラリーカーであるアルピーヌA110だ。オーナーは飲食店の元店主グイード。老後に愛車を修理しようと考えていたが、パーキンソン病を患い、かなわぬ夢に。レストアを引き受けたティムとファズだったが、引き渡されたのは歪んだボディシェルとガラクタパーツの数々。体が不自由なグイードのために、ドアの開閉が楽になる最新技術も取り入れることに。果たして、レストアを成功させることはできるか。

「 アイスクリームを売るベッドフォード・HA (原題: Beford Ice Cream Van) 」

アイスクリームを売るベッドフォード・HA (原題: Beford Ice Cream Van)の写真

今回の車は1978年式ベッドフォード・HAを改造したアイスクリーム・トラック。オーナーであるバーバラは、長年、夫と二人三脚でアイスクリームの移動販売をしていた。しかし、夫が他界してしまったことで、最近はふさぎ込みがちになってしまっている。アイスクリームが大好物のティムは心を躍らせるが、目の前に現れたのはボロボロに崩れかけた超オンボロ…。2人はボディーをイチから作り直すというかつてない難題に挑むことに。

「 歴史作家が夢見たフォード・コルチナMk3 (原題: Ford MK.3 Cortina) 」

歴史作家が夢見たフォード・コルチナMk3 (原題: Ford MK.3 Cortina)の写真

今回は1972年式のフォード・コルチナMk3。かつてはイギリスのベストセラー車だったが、今ではほとんど見かけることがない車だ。オーナーは作家で歴史家のボビー。70年代ポップカルチャーを愛し、長年愛車を修理したいと望みながらも、その夢をかなえられずにいた。状態の良い内装に喜んだのもつかの間、ボディーやエンジンに隠された劣化が徐々に明らかになっていく。果たして、ボビーと家族の夢をかなえることはできるのだろうか。

「 ボンドが乗らないボンドバグ (原題: Bond Bug) 」

ボンドが乗らないボンドバグ (原題: Bond Bug)の写真

今回の車はボンドバグだ。ご存じない方のために説明しておくと、「ボンド」と言ってもあのジェームズ・ボンドとは何の関係もない。1970年にボンド・カーズから発売されたオレンジ色の風変わりな小型三輪自動車で、未来的なデザインが人気を博した。オーナーは69歳の元エンジニア、イアン。退職後に車を直そうと考えていたが、病に倒れてしまう。果たして、ティムとファズはこの風変わりな小型三輪自動車をレストアできるのだろうか。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に