• HOME > 
  • 番組紹介 > 
  • 特集 > 
  • 【2020年4月】特集:アースデイ直前 世界大自然紀行で地球旅行SP

【2020年4月】特集:アースデイ直前 世界大自然紀行で地球旅行SP

番組内容

4月18日(土)&4月19日(日)9:00~翌日9:00
*48時間自然コンテンツ放送!
4月22日は、地球環境について考える日として提案された記念日アースデイ。その直前の週末に、48時間をかけて「世界大自然紀行」シリーズを一挙放送!特集では日本を起点・終点に、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、南アメリカ大陸、北アメリカ大陸、オーストラリア大陸を巡る。沢山の国をまるで”世界一周旅行”しているような感覚で楽しんで、美しい地球を実感してみてほしい。

世界大自然紀行:ニッポン
4月18日(土) 9:00~10:00
日本はハイテク都市で有名だが、広大な森林、山脈などの大自然が国土の4分の3を覆っている。北部は亜寒帯に属し冬の寒さがとても厳しいが、様々な生き物が環境にうまく適応しながら暮らしている。ニホンザルやサクラマスを始め、ニホンカモシカ、オオワシなど希少な動物の姿も見られる。彼らはいかにして極寒の地で冬を越えるのだろうか。冬の始まりから次の冬がやって来るまでの動物たちの生態を紹介する。

世界大自然紀行:朝鮮半島
4月18日(土) 10:00~12:00 *2話連続放送
太古から残る美しい自然と強大な王朝の歴史を誇る朝鮮半島。現在は人間の紛争により南北に分断された場所として広く知られている。しかし、激しい戦闘の傷跡や軍事施設の傍らには、今も美しく豊かな自然が広がり、魅力的な生き物たちが生息する。海、山、森、湿地、干潟など、多様性に富んだ生息地に加え、大都市に存在する王宮跡や、南北の境界線である非武装地帯で暮らす生き物たちと、彼らと共存する人々の生活を紹介する。

世界大自然紀行:オーストラリア
4月18日(土) 12:00~16:00 *4話連続放送
「5番目の大陸」と言われるオーストラリア―その驚嘆に値する、愛すべき自然を高画質で見せるシリーズ。驚くほど斬新な手法で撮影された大自然の映像を観れば、この国とそれを象徴する野生動物の、かつて見たこともないような様子が分かるだろう。最新鋭の映像技術で撮影された映像が、乾いた大陸を再発見させてくれる。各エピソードは特定の動物に焦点を当てつつ、それを取り巻く別の動物たちの様子や、息を呑む景観を楽しめる。

世界大自然紀行:シベリア
4月18日(土) 16:00~17:00
どこよりも過酷な極寒の地、シベリアで命を紡げるのは、ほんの一握りのたくましい動物だけだ。長く凍てつく冬をじっと耐え抜き、束の間の春の恵みを目いっぱい享受するホッキョクグマ、トナカイ、タンチョウ、サクラマス、イイズナなどの動物たち。氷に覆われた北の海岸で、どこまでも続く荒涼としたツンドラで、タイガの森の奥深くで、動物たちは日々 立ちはだかる困難を乗り越えながら、生きるための戦いを繰り広げている。

世界大自然紀行:ロシア
4月18日(土) 17:00~21:00 *4話連続放送
世界最大の面積を誇る国、ロシア。ユーラシア大陸の大部分を占めるロシアは、手つかずの自然と珍しい野生動物の宝庫だ。カムチャツカ半島ではヒグマがサケを狙い、バイカル湖ではアザラシの赤ちゃんが独りで春を待つ。シベリアではカラフトフクロウのつがいが子育てに励み、極東ロシアでは絶滅寸前のアムールヒョウがたくましく生き抜く。ロシアの雄大な自然と、そこに暮らす野生動物たちの姿に迫る。

世界大自然紀行:モンゴル
4月18日(土) 21:00~24:00 *3話連続放送
アジアの内陸部に位置する国、モンゴル。草原のイメージが強いが、山岳地帯から砂漠まで、多様な自然環境が存在する。南部を覆うゴビ砂漠は、野生のフタコブラクダの生息地だ。西部に延びるアルタイ山脈では、絶滅が危惧されるユキヒョウが山岳地帯で子育てをする。そして広大な草原地帯では、珍しいサイガが草を食み、季節的な移動を繰り返す。モンゴルの雄大な自然と美しい野生動物の姿をお届けする。

世界大自然紀行:イラン
4月18日(土) 24:00~25:00
イランは中東の真ん中に位置し、変化に富んだ気候風土が特徴だ。灼熱の乾いた砂漠から、雪に覆われた山々、温暖なペルシャ湾と沿岸のマングローブ林、そして世界最大の湖であるカスピ海まで、さまざまな環境に多様な生物が息づいている。乾燥地帯に住むスナネコやアジアチーターなど、世界的に希少な動物や固有種も少なくない。歴史に彩られた神秘の国イランの雄大な自然と、そこに生きる魅惑的な野生生物を紹介する。

世界大自然紀行:イギリス
4月18日(土) 25:00~28:00、4月19日(日) 4:00~5:00
イギリスの多様な自然環境に生きる、大小様々な生き物たちの日常を追うシリーズ。グレートブリテン島南西端のコーンウォール地方や東海岸のノーフォーク、スコットランドの島々やウェールズのアングルシー島などを舞台に、優しく厳しい自然と共存する生き物たちの知られざる素顔を紹介する。夜間でも撮影できるローライトカメラや細部まで鮮やかに見せるマクロレンズを駆使し、生き物たちの決定的瞬間を捉える。

世界大自然紀行:ポルトガル
4月19日(日) 5:00~6:00
ヨーロッパ大陸の最西端に位置するポルトガル。その自然は驚くほど多様性に富んでいる。大西洋に臨む海岸線では、切り立った崖の上にシュバシコウが巣を作る。北部の山々にはガラノと呼ばれる野生馬やイベリアオオカミが生息し、内陸の渓谷では数種のハゲワシが死肉を奪い合う。南部は気候が温暖で、ヨーロッパでは珍しいカメレオンの姿も見られる。様々な顔をもつポルトガルの自然と、そこに生きる野生動物たちを紹介する。

世界大自然紀行:南アフリカ
4月19日(日) 6:00~9:00 *3話連続放送
暑さと寒さ、砂漠と熱帯、アフリカと南極の全てが見られるのは南アフリカしかない。その多様性は1つの大陸に匹敵するが、寒さを好むペンギンが砂漠の近くに生息するのはなぜか?波に乗る巻き貝と卵胎生のカメレオンが生き残ったのはなぜか?独特な地形と極端な気候がこの地を驚きに満ちた自然に仕立てた。西海岸ではケープシロカツオドリを狩るオットセイ、南では巨大なクロコダイル、内陸ではライオン、リカオン、ゾウを追う。

世界大自然紀行:ボツワナのライオン兄弟
4月19日(日) 9:00~10:00
タウとバンダはカカナカに生きるライオンの兄弟だ。大人になった彼らは、他の若いオスのように群れから追い出されてしまう。ろくに狩りの仕方も分からないまま大自然に放り込まれた彼らは、毎日飢えに脅かされ、他の群れのオスとの戦いで厳しい現実を知ることになる。しかし、そうした試練の中で兄弟は絆を強めていく。果たして彼らは逆境に耐え、自分たちの王国を築くことができるのだろうか。群れを賭けた戦いが今始まる。

世界大自然紀行:コンゴ
4月19日(日) 10:00~12:00 *2話連続放送
アフリカで最も流水面積が広く、神秘的で危険な川。世界で2番目に流水面積の大きな川だ。アフリカマルミミゾウやローランドゴリラなど、多様な動物が住むアフリカの血管ともいえる川の姿を捉えた究極のシリーズ。

世界大自然紀行:ナミビア
4月19日(日) 12:00~13:00
アフリカ南西部、ナミビアの過酷な乾いた大地。それが世界最古の砂漠、ナミブ砂漠だ。だがこの過酷な乾燥地帯でさえ、つかの間流れる川はゾウ、キリン、ヒヒ、アンテロープ、ライオンなど驚くほど多様な動物たちの命を支えている。この自然を生き延びる動物たちの物語を、壮観な空中撮影、幻想的な風景、驚異に満ちた動物の行動、そして驚くような微速度撮影の映像、印象的なイメージをエキサイティングなナレーションで送る。

世界大自然紀行:ブラジル
4月19日(日) 13:00~18:00 *5話連続放送
ブラジルは多彩な側面を持つ国だ。エネルギッシュで、華やかで楽しく、その上とてつもなく美しい。国土を形成する山々や海、熱帯雨林に砂漠、そして無数の長い川は、地球に残された自然のフロンティアで、その生物多様性や風景は他と比べようもない。どのエピソードを見ても、素晴らしい景色や、厳選された知られざる動物たちと出会えるだろう。このシリーズでは、動物たちの生き残りを賭けた戦いや、現地の環境への驚くべき適応能力を調査し、熱心な自然愛好家も驚くような生態を紹介する。

世界大自然紀行:アルゼンチン
4月19日(日) 18:00~21:00 *3話連続放送
アルゼンチンは南米でも類を見ないほど多彩な自然を抱える国だ。パタゴニアの荒涼としたステップ。雪を頂くアンデス山脈の高峰。広大な塩湖。うっそうとした熱帯雨林。イグアスの滝。靄の立ち込めるイベラ湿原。パンパスと呼ばれる草原。自然も多彩なら、そこに生息する生き物もバラエティ豊かだ。ペンギン、クジラ、アザラシ、コンドル、アルマジロ、グアナコなど、実に様々な動物がいる。

世界大自然紀行:メキシコ
4月19日(日) 21:00~24:00 *3話連続放送
メキシコは北アメリカと中央アメリカの接点であり、太平洋とカリブ海をつなぐ陸橋である。極めて豊かな自然と多様な野生生物に恵まれ、爬虫類と哺乳類の多様性は世界1,2を争う。両生類と植物も豊富で、生息する動植物は20万種、世界の現存種の1割以上がこのメキシコにある。本作では、海や森、砂漠など多彩な自然環境をめぐりながら、そこに暮らし、あるいは移動する野生生物の生態を紹介していく。

世界大自然紀行:イエローストーン「恵みと試練の季節」
4月19日(日) 24:00~25:00
イエローストーンの夏は、恵みをもたらす季節である一方、試練の時でもある。夏の間、獲物を探し回る動物に、必死で子どもを守ろうとする親。初めて親から離れて夏を過ごし、食べ物を得ようと奮闘する若いハイイログマ。小さな体のハチドリは縄張りをかけて激しい戦いを繰り広げ、バイソンやワピチのオスは、自分の子孫を残すため激しくぶつかり合う。あらゆる動物が、必死でイエローストーンの夏を生き抜く姿を紹介する。

世界大自然紀行:北アメリカ
4月19日(日) 25:00~28:00、4月20日(月) 4:00~7:00 *6話連続放送
ナショジオではすっかりおなじみの自然活動家ケーシー・アンダーソンが北アメリカ大陸の至る所に棲む動物を調査し追い求める姿を追うシリーズ。自然豊かで印象深い北アメリカ大陸の各地を舞台に、ユーモラスかつ博識でアクションたっぷりの冒険を繰り広げるケーシーを通して、自然界の美しさと複雑さを貴重な映像で内側からつづる。

世界大自然紀行:ニュージーランド
4月20日(月) 7:00~8:00
ニュージーランドは人類が入植した最後の陸地だ。海岸線、山岳、森林は太古の昔から手つかずのまま、隔離、保護されてきた。海洋動物にとってオアシスであり、陸に棲む者にとって南太平洋のエデンの園である。進化の過程で地球上最も稀な野生生物が誕生。ニュージーランドオットセイ、キンメペンギン、ニュージーランドオオウナギ、カカポ、トュアタラ、ツギホコウモリ、キーウィなど、多くの固有種が棲む驚くべき未知の世界だ。

世界大自然紀行:地獄谷のニホンザル
4月20日(月) 8:00~9:00
日本中部地方の雪深い山奥に暮らすスノーモンキーのヒロが登場する。元気で若いこのニホンザルは、魅力的な性格によって、普通では考えられない相手と友情をはぐくむ。番組では、ヒロが属する群れの1年間の冒険に密着。彼らは、すさまじい大雪に耐え、新たな命の誕生を経験し、悲劇の死にも直面する。これは、日本アルプスの中心の、家族、友情、そして群れと群れの衝突を徹底的に描いた、臨場感あふれる物語である。