狩りの戦術

原題:Man Hunt

番組内容

古代の狩猟生活がそのまま息づく熱帯雨林や山奥で、ヤリや弓を用いて獲物を捕らえる見事な技を学ぶ

人はその昔、数百万年もの間、狩猟採集民族だった。
狩りは楽しむためのものではなく、生き抜くための術であり、また獲物を知識として学ぶのではなく、経験を通し理解してきた。彼らは自然から恩恵を受け、自然とともに生きてきたのだ。

この地球には今もなお、狩猟の文化が残っている場所がある。狩猟採集民の狩りだ。ヘイデン・ターナーは、失われてしまう前に彼らの生活様式や知恵を学ぼうと世界各地へと向う。
タンザニアの半乾燥地やマラリアがはびこるニューギニア島の山奥の他、インドネシアのマルク諸島やアマゾンの熱帯雨林、さらにはかつて暗黒の地と言われた中央アフリカも訪れる。