日本軍への残虐な戦犯

原題:Headhunters of WWI

放送予定

2018/12/29  05:00
  [二]

番組内容

1945年、全世界で戦争が行われていた頃、驚くべきドラマが人里離れたボルネオ島のジャングルで展開されていた。
関わったのはアメリカ空軍の兵士たち、現地のダヤクの人々、そしてイギリス陸軍のトム・ハリソン少佐だ。それは、米軍戦闘機が、隔絶されたボルネオ島の内陸に墜落したことから始まった。そこにはまだ、吹き矢と樹皮から採取した毒で狩猟を行う部族民たちが存在したのだ。
空軍兵は、密集した厳しい環境のジャングルで数か月にわたり生き延びなければならず、ダヤクの人々は空軍兵を守るために自らの命を危険にさらす。そしてハリソン少佐は軍事行動の中で、ダヤクの古い慣習である首を狩る行為を、日本の兵士に対して復活させる。人類学者で幻想の中に生きるハリソンは、多くの人々が戦争犯罪とみなす行為を行ったが、イギリスへの帰国時には英雄として栄誉を授けられる。