遺伝子の旅 ~先祖が歩んだ道~

原題:The Human Family Tree

番組内容

遺伝学者スペンサー・ウエルズ博士が率いるジェノグラフィック・プロジェクトが、我々のDNAを調べ、人類が地球上を大移動してきたことについての画期的な証拠を発見した。様々な科学者との共同研究や幾多の困難を経て、博士は人類がアフリカを出て地球を横断する旅に出た原因は、天候の劇的な変化であったという説にたどり着く。

【詳細内容】
人種や国籍や宗教に関わりなく、私たちのルーツをたどると、必ず東アフリカの人類発祥の地にたどりつきます。しかしそれは6万年も昔のことです。では、その後6万年間、私たちの祖先は世界のどこで生活していたでしょう?
「遺伝子の旅 ~先祖が歩んだ道~」は人類の歴史を最も深い枝の部分までたどって、私たちの遺伝子に隠された物語を探る番組。今回の研究材料として選ばれたのは、人口220万人のうち約半数が外国からの移民で、150以上の言語が話されているニューヨークのある通りに暮らす人たち。プロジェクトチームは「人種のるつぼ」と呼ばれるクイーンズで通りを行きかう人たちのDNAサンプルを採取しました。

登場するのは、クイーンズ在住の遺伝学者スペンサー・ウエルズ博士。ジェノグラフィックのプロジェクトチームは、祖先系統をたどるために、クイーンズ住民のDNA採取にかかります。これまでに、東アフリカを出た人々が、まずアメリカ、ヨーロッパ、そして南アジアに住み始めたことが分かっています。番組はCGを使って数千年の昔にさかのぼり、祖先たちがどう堪え忍び、移住していったのかを紹介します。それぞれの旅を早送りで体験し、一度は世界に散った民族が、どんな道筋を経て現在のニューヨークの一角で隣人として住むに至ったかをお見せします。
「クイーンズとは、まさに世界の縮図のような場所だ。地球上の様々な場所から来た人々が1本の通りを歩いている。」ジェノグラフィック・プロジェクトのリーダーを5年に渡って務めてきたウエルズはこう言います。このプロジェクトは人類がどのように移り住んでいったかを探る目的で、ナショナルジオグラフィック協会とIBMが共同で運営してきました。調査員たちは、クイーンズの街角で開かれるマーケットに出かけ、人々の頬の内側から綿棒でDNAを採取し、DNAの歴史本の製作がスタートします。全人類の祖先は6万年前に誕生したアフリカの民族だということが証明されるのです。人類は気候の変化によって、世界中に移り住むことを余儀なくされたと言われていますが、長い年月を経て、今では彼らの子孫が数ブロックという狭い地域の中で共に暮らし働いているのです。調査の結果、目を見張るような事実が分かりました。

番組では200人のニューヨーカーのDNAサンプルを採取する時点からジェノグラフィックの研究チームに加わり、祖先系統や新事実の発見、そして数週間後の“家族の再会”への期待に胸をふくらませます。さらにチームは、ウエイトレス、教師、ファッションデザイナー、市会議員、ミュージシャン、俳優、モデル、子育てママら、様々な職業の人々のDNAを分析。我々が何者で、どこから来たのか、そして今日いる場所へは、どのようにしてやってきたのかという、人類のストーリーが解明されていきます。これによって万華鏡のように見える人種のるつぼにも相関図が見えてくるのです。

クイーンズの住人の多くは、彼らの属する民族が先祖のルーツを必ずしも反映したものではないことに驚きます。我々の先祖は世界中に住み着き、その土地の個性や変化の激しい気候に順応しながら、世界各地から移り住んできたのです。そして外見の多様性が進んでいるのです。

4年以上、スペンサー・ウエルズとジェノグラフィック・プロジェクトの国際チームは、世界中を訪れて、画期的な研究のために様々な人種からDNAサンプルを採取しました。あと数年、研究を続ける予定で、現在までに世界中の35万人以上がDNAサンプルを提供してくれました。その結果、人類学における、かつてないほど包括的なイメージが浮かんできました。さらには遺伝子の謎や移動の歴史を解明し、人類の種を作ってきた相互関係や違いをより理解することができるでしょう。

【ジェノグラフィック・プロジェクトについて】
「ジェノグラフィック・プロジェクト」は人類の移動の歴史についての新しい学説を裏付け、古くからある、人の遺伝子の多様性に関する疑問に答えるために発足しました。2005年にスタートした世界規模のプロジェクトは、ナショナルジオグラフィックとIBMの非営利の共同研究として5年をかけて行われます。これは地球規模の人類学的な疑問に遺伝子を使って答えようとの試みで、プロジェクトの中心は世界各地の11の科学チームによる連携態勢です。彼らは倫理学的、科学的な枠組みにのっとって、担当地域の住民からDNAを採取し解析しております。このプロジェクトに一般から参加される場合は、ジェノグラフィック・ウェブサイトを通じて参加キットを購入していただきます。そして同じサイトから、ご自身の遺伝子検査の結果をさらに広範囲の研究に活用することに賛同していただくこともできます。参加キットの販売収益は将来のフィールド・リサーチに役立てるほか、レガシー・ファンドを通じて先住民族の言語の再生や文化的プロジェクトなどの活動支援にあててゆきます。

【ジェノグラフィック 参加キットについて】
ジェノグラフィック 参加キットの購入によって、ジェノグラフィック・プロジェクトの最先端の研究に参加することができ、一般的な家系図を超えて、何世代も前の祖先にまで自分の歴史をさかのぼることができます。DNA採取は頬の内側の組織を提出するだけなので痛みはなく、検査結果は双方向のオンラインによって匿名で届けられます。そこには、あなたの祖先の移動パターンを記した“宝の地図”が含まれています。その結果から何代も前の祖先の情報が分かるのです。なお、この情報は医療分野の調査や犯罪捜査を目的としたものではありません。

ココが見どころ

【問題2】「遺伝子の旅 ~先祖が歩んだ道~」からの問題!
遺伝学者スペンサー・ウエルズによると、
全人類のルーツは地球上のどこにあるでしょう?


□ 南アメリカ
□ 西アジア
□ 東アフリカ


このクイズに答えて豪華賞品をゲットしよう!!

賞品A : DNA検査キット 10名様
賞品B : ナショジオ オーガニックトートバッグ 15名様


詳細はキャンペーンページをチェック!!
キャンペーンは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。