ナショナル ジオグラフィック

脳トリック4

原題: Brain Games Season 5
脳トリック4の写真

番組内容

番組内容の写真
1時間にパワーアップした「脳トリック」の最新シーズンが登場!

脳の不思議を徹底分析する『脳トリック』の新シリーズ。今回も数々の面白いゲームと各分野の専門家の解説をとおして、脳の仕組みを解き明かしていく。常識は、いつも私たちを正しい判断に導いてくれるのか? 右脳派は創造的で、左脳派は論理的という説は本当なのか? 科学で説明できない超常現象が見えるのは脳の働きのせい? 番組の楽しいゲームに挑戦して、無限の可能性を秘めた、あなたの脳を刺激しよう!

ホスト:ジェイソン・シルバ
エミー賞にもノミネートされ、初放送時、米ナショジオ チャンネル史上最も高視聴率を獲得したシリーズ、「脳トリック」のホストを務めるのは、ベネズエラ出身のパーソナリティ、ジェイソン・シルバだ。番組では、街中での様々な実験を通して、驚きの裏に隠された、「なぜ?」という疑問を解き明かしていく。


[二ヶ国語] 60分(全6話)

エピソード

「 罪 (原題:Brains Behaving Badly) 」

罪 (原題:Brains Behaving Badly)の写真

人間は様々な欲望や感情に支配されやすい生きものだ。その中には当然、好ましくないものもある。何かをのどから手が出るほど欲しがったり、怒りや嫉妬を覚えたりした経験は誰にでもあるだろう。このような欲望や感情自体は「罪」と呼ぶほどのものではないが、これらに身を任せて行動すると大きな罪を犯す危険がある。今回は私たちの脳内に眠る罪深き思いに焦点を当て、街中での実験や専門家の解説とともに、その仕組みを解明する。

「 脳の一生 (原題:Life of The Brain) 」

脳は年齢を重ねるにつれて成熟し、人生の段階に合わせて必要な能力を開花させていく。赤ん坊は生後すぐに人間の顔を認識し、言葉を聞き取る能力を身につける。10代になると自分中心の視点から脱し、他人の視点やあらゆる可能性を意識するようになり、20代から30代で情報処理速度はピークを迎える。年を取るにつれ認識能力は衰えるが、語彙や感情の安定性は増す。今回は年齢によって脳がどう変化していくかを解明する。

「 超感覚 (原題:Super Senses) 」

人の感覚として知られる五感。しかし私たちの脳や体には、五感を超えた超感覚が備わっている。さまざまなゲームを行い、専門家の話を聞いて、超感覚の謎をひもとく。目を閉じて片足立ちができる時間で年齢が推測できるのはなぜ?プロの自転車ライダーは、ハンドルとタイヤが逆さまに動く自転車を乗りこなせるか?楽しい時間は本当に早く過ぎるのか?人々の何気ない仕草から相手のウソを見抜くメンタリストも登場。お見逃しなく!

「 脳トリック in ロンドン (原題:Meet The Brain) 」

今回の舞台はロンドン。この街は長い歳月をかけて大都市へと成長してきたが、その歴史は脳の進化の過程と共通点がある。脳は刺激への反応という原始的な機能から始まり、長い歳月をかけて記憶や視覚といった機能を獲得するようになった。さらに脳全体を使うことで論理思考という高度な機能も果たせるように進化した。ロンドンの名所でゲームを展開しながら、様々な機能を併せ持つ複雑な脳の世界を読み解いていく。

「 信仰 (原題:The God Brain) 」

今回のテーマは信じること。人はなぜ神を信じるのか。人類が誕生した時から人は神を信じるよう脳にプログラミングされていたのか。あるいは信仰は人が進化する過程で生まれたのか。様々な実験を通して信仰と脳の関係を検証する。例えば人は特定のシンボルや音楽にどんな意味付けをするのか。どんな状況に置かれた時に最も正直になるのか。無宗教の人も含めた被験者の反応を分析し、人が超自然的なものを信じるプロセスを解明する。

「 サバイバル脳力 (原題:The Survivor Brain) 」

危機的状況を生き延びようとするとき、脳では何が起きているのだろう。今回は4人の参加者がサバイバルゲームに挑戦。ストレス状態でパズルを解き、眼帯で視界を制限して街に隠れる人々を探す。初めて訪れた森で帰り道を探し、バーで見知らぬ人を相手に無茶なお願いをする。がらくたを使って水に濡れずに川を渡る難題も。人が危機を生き延び進化してきたのはなぜなのか。生き延びるために必要な脳の力を検証する。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に