ナショナル ジオグラフィック

ホット・ゾーン:アンスラックス

原題: The Hot Zone: Anthrax
ホット・ゾーン:アンスラックスの写真

放送予定

22.02.22 22:00
第1話 ノーブル・イーグル作戦 (原題: Noble Eagle) [二][新]
22.02.23 20:00
第1話 ノーブル・イーグル作戦 (原題: Noble Eagle) [字]
22.02.25 12:00
第1話 ノーブル・イーグル作戦 (原題: Noble Eagle) [二]
22.02.27 03:00
第1話 ノーブル・イーグル作戦 (原題: Noble Eagle) [二]

番組内容

1通の手紙。それは、驚異の始まり―。
2001年、世界中に衝撃を与えた9.11の出来事からわずか1週間後、もう一つ米国を大きなパニックに陥れたテロが発生。炭疽菌が入った手紙がフロリダ、ワシントンD.C.、ニューヨークのメディアや政治家のオフィスに送られ、5人の命が奪われた。かつてない脅威に立ち向かいながらも、科学を武器に、冷静な判断で一歩一歩、容疑者に近づいていくFBIエージェントたちの執念と葛藤が描かれる。約20年前に起きたこの炭疽菌テロに関して、今でも多くの人たちがその当時の恐怖を覚えているが、全編緊迫感に溢れた6話からなるこのリミテッド・シリーズでは、当時のニュースでは見られなかった、この事件の背後にある興味深い多くのディテールが語られる。

FBIでは珍しい微生物学を専門とする捜査官のマシュー・ライカー(ダニエル・デイ・キム)は、9.11でペンタゴン(国防総省)が攻撃されるのを直接目撃した後、しばしばトラウマに悩まされるようになる。そしてその後、炭疽菌テロ事件の捜査を任命されたライカーは、科学者としての視点を駆使して、国外からの攻撃と結びつけたがる上層部や政治家の思惑に振り回されず、事件の真相を明らかにしていく。またその一方で、この事件の科学的分析を担当するUSAMRIID(アメリカ陸軍感染症医学研究所)の優秀な微生物学者、ブルース・イビンズ博士(トニー・ゴールドウィン)も、炭疽菌のエキスパートとしてFBIの捜査に協力することに。しかし、精神的に不安定でパラノイアを抱えるイビンズの本当の姿が徐々に明るみになっていく。シリーズ前半では、ライカーとイビンズの物語が平行に語られるが、後半になるとこの二人の物語が交錯し、ドラマは一気に盛り上がりを見せる。

予告編

■60分×6話

番組のみどころ

実力派俳優たちの卓越した演技
主演の2人、ダニエル・デイ・キムとトニー・ゴールドウィンの演技が実に秀逸だ。キムとゴールドウィンは台詞では伝えられないシーン内の微妙な感情を見事に芝居で伝えながら、同じ愛国者、同じ微生物学者でも真逆の2人を完璧に演じている。シリーズ終盤、2人が取り調べ室で初めて対面し、心理合戦を繰り広げる際の演技は、まさに本作の大きなクライマックスだ。

多様性のあるキャスティング
ハリウッドでは最近、白人中心のキャスティングから、今のアメリカ(白人は全体の約60%)を反映した多様性のある配役に移行しているが、本作の主役に韓国系アメリカ人のキムが起用されたのは、まさにそういった動きが主流となってきている証しだろう。キム演じるライカーは、この事件の捜査に関わった何人かのFBI捜査官を合わせた架空のキャラクターだが、キム自身も「もしこの作品が10年前に作られていたら、この捜査をリードするFBI捜査官をアジア人が演じることはなかっただろう」とコメントしている。

イラク戦争との関係性
シリーズを通して、物語の進行とともに、この事件とリンクした当時のニュース映像が所々で登場する。この事件から2年半後にアメリカはイラク戦争に突入するが、炭疽菌テロが起こった直後からアメリカ政府や政治家が、はっきりとした証拠なしに、イラクとの関連性を仄めかすコメントをしているのは大変興味深い。

実在の人物が登場
実話ということもあり、アメリカでは誰もが知っている著名人がキャラクターとして登場する。一人は、アメリカの3大ネットワークの一つNBCの看板アンカーのトム・ブロコウだ。炭疽菌宛の手紙がブロコウ宛に送られ、ブロコウ本人は無事だったが、2人のNBC職員が被害に遭った。もう一人は、9.11の時にニューヨーク市長だったルドルフ・ジュリアーニ。ジュリアーニは、9.11後にテロとの闘いを宣言しリーダーシップ能力を高く評価されたが、近年トランプ大統領の弁護士として、昨年の大統領選で不正投票があったと虚偽の主張をし、現在弁護士資格を一時停止されている。ブロコウ役のハリー・ハムリンも、ジュリアーニ役のエンリコ・コラントーニも、本人の雰囲気を見事に捉えていて説得力のあるキャスティングとなっている。

超豪華な製作陣
「アンダー・ザ・ドーム」のケリー・サウダースと「ヤング・スーパーマン」のブライアン・ピーターソンのコンビが脚本とエグゼクティブ・プロデュースを担当。また、「エイリアン」や「ブレードランナー」など、言わずと知れたハリウッドを代表する巨匠リドリー・スコットや、「めぐり逢えたら」や「インターステラー」などで知られるベテラン・プロデューサーのリンダ・オブストがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加。ハリウッドの一流スタッフの手で、この全米を震撼させた事件の真実がついに明かされることになる。

主なキャスト

マシュー・ライカー

微生物学を熟知するFBIでは異質の捜査官。事実を重視する科学的で緻密な捜査を得意とし、この事件が炭疽菌の仕業であることを、誰よりも早く察知する。白人男性で占められるFBIで数少ないアジア人として、また科学者としての経歴から部外者的意識を抱くライカーは、9.11の精神的トラウマに悩まされながらも、執念で犯人を追いつめていく。

ダニエル・デイ・キム

韓国生まれで、2歳の時にアメリカに移住。90年代初めから多くのテレビシリーズに出演し、2004年の「LOST」でキム・ユンジンの夫役を演じ俳優として大きくブレイク。2010年から「HAWAII FIVE-O」でチン・ホー・ケリー役を7シーズン演じる。「ダイバージェント」シリーズや「ヘルボーイ」などの映画にも出演。ハリウッドで主役を演じている数少ないアジア人俳優の一人である。

ブルース・イビンズ博士

USAMRIID(アメリカ陸軍感染症医学研究所)に長年勤務している科学者で、炭疽菌研究の第一人者。イビンズは炭疽菌テロ発覚後、FBIの捜査に協力するも、不審な行動がライカーの目に止まり、事件の鍵を握る重要参考人となっていく。

トニー・ゴールドウィン

1986年に俳優デビュー。その後、「ゴースト/ニューヨークの幻」「ペリカン文書」「ラスト・サムライ」といった話題作に出演。2012年から7シーズンにわたって出演した「スキャンダル 託された秘密」のフィッツジェラルド・グラント大統領役が当たり役となる。また、俳優以外に「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」「デクスター 〜警官は殺人鬼」「スキャンダル」などで監督としても活躍。祖父は、MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の前身となったゴールドウィン・ピクチャーズの創始者で、映画史に残る大プロデューサーのサミュエル・ゴールドウィン。

ダニエル・トレッティ

男ばかりのFBIで男性に全く引けを取らないタフな女性捜査官。キャピタル・ヒル(D.C.の連邦議会のある丘)で起きた炭疽菌テロの現場に捜査官として最初に到着し、その後、的確な判断と抜群の行動力でライカーをサポートする。

ドーン・オリヴィエリ

2000年代中頃から多くの映画やテレビシリーズに出演し、2009年の「ヒーローズ」のリディア役で注目される。代表作には、ドン・チードルと共演した「ハウス・オブ・ライズ」、デイヴィッド・ドゥカヴニーと共演した「カリフォルニケーション」といったテレビシリーズのほか、ウィル・スミスと共演した映画「ブライト」などがある。


ダニエル・デイ・キム 独占インタビュー

炭疽菌テロ事件の捜査を任命され、執念の追跡で犯人を追い詰めていくFBI捜査官のマシュー・ライカーを演じたダニエル・デイ・キム。日本の視聴者に向けた独占インタビューに応じていただきました。
ハリウッドで活躍しつづけ、長い俳優歴のある彼にとってドラマで主演を演じるのは今回が初となります。
――おめでとうございます。あなたはとても見事なお仕事をされましたね。この作品をとても楽しみました。素晴らしい仕上がりでした。
ダニエル・デイ・キム(以下D):サンキューベリーマッチ! そういったことを聞くのはいつもとても嬉しいよ。

――ダニエル、あなたは9.11のトラウマを抱えたFBI捜査官を演じられました。彼は炭疽菌事件の犯人の捜査をしています。このとても複雑なキャラクターを演じるうえで、どんなことが最も大変でしたか?
D:多くの役者がこう言うけど、僕はこの経験を共有するもう一人になるよ。なぜなら、何が起こったのかは(実際に起きたことは)、このキャラクターにとってとても重要だった。自分のキャラクターが感じている重苦しさを考えないようにするのは、役者としての自分には難しいことだった。それはチャレンジだったね。特に、僕らはこの作品をカナダで撮影していた。そして、カナダはとても長い間、完全にコロナでロックダウンしていた。東京と同じようにね。そして、東京と同じように、冬の時期はとても寒いんだ。だから、仕事の後、どこにも出かけられなかった。僕は外に行けなかったんだ。あまりに寒くてね。僕は、少し自分のキャラクターから脱け出す必要があったけど、それをする機会はなかった。そして、そのことは、僕が彼と6か月間一緒に生きていたことも意味する(笑)。そういったことは時々チャレンジだったね。

――この物語の中で、マシューがこの犯人を捕まえるまで、とても長い時間がかかります。彼の執念はどこから出てくるのでしょう?
D:(それは)いくつか人とは違うところからきていると思う。まず、何人かのFBIエージェントと話して、僕が彼らについて学んだことは、彼らはただの平均的な普通人間じゃないんだ。彼らはクラスのトップの学生たちで、トップの大学に行っている。彼らはとても意欲的な性格なんだ。それが、FBIエージェントの一般的な気質だよ。ライカーも、自分には証明しないといけないものがあると感じている。なぜなら、彼は科学者としてFBIに来たからね。彼は伝統的な道をたどってこなかったんだ。だから、彼はすでにアウトサイダー(部外者)として思われていた。なぜなら彼は科学者だからね。それと、彼はアジア人だったからね。僕のような見た目の人がFBIにいるのは、典型的じゃないんだ。彼は、自分にはなにか証明しないといけないものがあって、それをやりたいと感じていたと思う。そのことが、この事件を解決する上でさらに大きな動機を彼に与えたと思う。

――マシューの粘り強い調査が、この犯人を捕まえることになりました。
D:そうだね。

――マシューが、この事件が実際、アルカイダではなく、USAMRIID(米国陸軍感染症研究所)で働くアメリカ市民であるのを知った時、彼はどのように感じたと思いますか?
D:その質問をしたのは、あなたが初めてだよ。それはとてもよい質問だね。その質問は、人々や、彼らにどんなことがやれるか、憶測することは出来ないという考えや意見に言及しているね。それは、僕ら全員にとって、覚えておくべき重要な点だよ。人々を型にはめることについての考えや、その人の宗教や民族性や人種を基になにかをしていると考えることはね。この捜査は、そういった種類の憶測をすることの危険性を示していると思う。

――マシューは科学者で、彼は微生物学者でした。彼は、この犯人の心理や考え方を、なんらかの形で理解したと思いますか?
D:そう思うよ。アメリカには、あることわざがある。それは、「その種の人だと分かるためには、その種の人が必要だ」というものだ。マシューにサイエンスのバックグラウンドがあるせいで、彼は犯人のように考えることが出来たと思う。そしてそれはまた、捜査において、彼が順序だって考えるのを助けたと思う。僕らが先ほど話していたそういった憶測をせずにね。ただ事実に頼るんだ。証拠を頼りにするんだよ。それ以上なにもないんだ。

――この犯人の育った家庭環境は、何らかの形で、マシューを(この犯人に)同情させることになったと思いますか?
D:それはとても良い質問だね。彼がイビンズと話しているシーンで、彼(マシュー)は、彼(イビンズ)に共感出来たと思う。なぜなら、彼らは両方とも、どこかアウトサイダーなんだ。彼らは両方とも、自分たちのことをアウトサイダーと見ている。そして、彼らのアクション(行動)はそういったことで拍車がかかるんだよ。

――ダニエル、この炭疽菌テロが起きた時、20年前にそれがニュースで報道された時、あなたはどのように感じて、どのように考えたかを教えてください。
D:そうだね。いいよ。9.11が起きた時、アメリカにいる僕らのほとんどは、その時どこにいて、そのニュースやタワーズ(世界貿易センター)が崩れたことを聞いたか正確に覚えているよ。そして、僕の場合、僕はロサンゼルスにいて、TV番組の仕事をしていた。そして、「こういったことはアメリカではありえない」と心の中で思っていたのを覚えている。アメリカ本土で、こんな攻撃があったことはなかった。だから、炭疽菌テロが起きた時、僕は、「ちょっと待って。こういったことは今、定期的に起きることなの? アメリカ人は攻撃されるの?」と感じたよ。そしてメディアでは、このテロがアメリカの外から来ているという考えがとにかく蔓延していた。だから、それは新しい時代の始まりのように感じられた。そこでは、僕らは、この国の中での生活に恐怖を感じないといけなかった。(でも)それは実際、贅沢なことなんだ。歴史を通して戦われた全ての戦争について考えた時、アメリカ国内で戦われたものがいかに少ないかということはね。アメリカ人はいつも、他の人たちの土地で戦うために、その国の他の地域に行くんだ。だから、そのことは、多くのアメリカ人の物の見方を変えることになったね。

――ダニエル、日本にいる多くのあなたのファンたちは、この新しい作品を見ることを楽しみにしています。日本のファンに簡単なメッセージをお願い致します。
D:「日本にいる全ての僕のファンたち、ありがとうございます! 僕は東京や日本のほかの街をよく訪れています。そして、いつも楽しく過ごしています。あなたたちが僕の番組や映画を見てくれることに、とても感謝しています。サンキュー!」

エピソード

第1話

「 ノーブル・イーグル作戦 (原題: Noble Eagle) 」

ノーブル・イーグル作戦 (原題: Noble Eagle)の写真

9.11の数週間後、フロリダで1人の男が謎の病を発症し命を落とす。FBIのマシュー・ライカー特別捜査官は郵便物を使った炭疽菌攻撃を疑う。感染者は他にも現れ、ライカーのチームは犯人の追跡を開始する。陸軍感染症医学研究所に勤務する微生物学者ブルース・イビンズは、誰かがどんな手を尽くしてでも正義を果たさなければならない、という独自の理論を持っている。

第2話

「 地獄の煙突 (原題: Hell's Chimney) 」

地獄の煙突 (原題: Hell's Chimney)の写真

ニューヨークのテレビ局NBCで著名なアンカー、トム・ブロコウのアシスタントが手紙を介して炭疽菌に感染する。ライカー捜査官は、NBCが入っているビルの封鎖を求め、ジュリアーニ市長に激しく詰め寄る。同時にFBI上層部からは、「犯人の動機を解明しろ」とのプレッシャーも。陸軍感染症医学研究所のブルースは、同僚が炭疽菌事件の犯人ではないかと強く疑うようになり、セラピストに打ち明ける。

第3話

「 郵便局員の悲劇 (原題: Neither Rain Nor Sleet...) 」

郵便局員の悲劇 (原題: Neither Rain Nor Sleet...)の写真

ワシントンにある連邦上院議員のオフィスに炭疽菌入りの手紙が届く。現場で捜査を開始したFBIのダニエル・トレッティ捜査官は、犯人はローンウルフ型だと仮説を立てる。感染が予想以上に拡大している可能性が明らかになり、トレッティとライカーは議員宛ての手紙を取り扱った集配センターを調べることに。そのセンターでは感染者が相次いでいた。陸軍感染症医学研究所のブルースは、職場の誰を信用していいのか迷い始める。

第4話

「 手がかりは封筒 (原題: Dream Boldly, Live Fully) 」

手がかりは封筒 (原題: Dream Boldly, Live Fully)の写真

ムーアは炭疽菌の手紙が投函されたポストを調べ、ライカーとトレッティは郵政公社の監察官の協力を得て、犯人が封筒を購入した場所を追跡する。一方、遠く離れた町では、大学院でブルースと一緒だった微生物学者がFBIに情報を提供。ブルースが当時取っていた行動の傾向が明らかになる。

第5話

「 ラッパムシ (原題: Stentor Roeselii) 」

ラッパムシ (原題: Stentor Roeselii)の写真

アメリスラックス事件の第一容疑者が浮上すると、FBIはその容疑者の追及に全力を傾ける。ライカーは新たな捜査チームに加わることに。しかし、ライカー、トレッティ、ムーアの3人は、独自に狙いを定めた容疑者を密かに追い続ける。

第6話

「 RMR-1029 (原題: RMR-1029) 」

RMR-1029 (原題: RMR-1029)の写真

池の捜索で事件は思わぬ方向に発展する。捜査対象が二転三転する中、ブルースは怒りを爆発させてしまう。容疑者が1人に絞られ、科学的な発見もライカーたちの捜査を後押しする。一方、FBIの捜査の手が迫るブルースは、心のバランスを崩してしまう。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に