ナショナル ジオグラフィック

マーズ 火星移住計画 2

原題: Mars 2
マーズ 火星移住計画 2の写真

番組内容

火星ー西暦2042年。第1の火星移住クルーはコロニーでの生活に順応し、さらなる研究を進めるべく模索していた。しかし民間企業の新たなる人員が到着すると資源をめぐる対立など、違う目的を持った相手との共存の難しさが浮き彫りとなる。現代の宇宙開発を語るドキュメンタリーパートでは火星移住に向けた課題、宇宙開発と地球環境汚染の対比などを紐解いていく。

予告編


■60分x6話

番組のみどころ

見どころ1 ハリウッド豪華製作メンバーが集結! アカデミー賞&エミー賞受賞の監督 ロン・ハワード(『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』)と映画プロデューサー ブライアン・グレイザー(『ビューティフル・マインド』、『24』)が製作総指揮を務め、ロン・ハワードが信頼を置く、洞察力に優れたメキシコ人映画製作者エベラルド・ゴウト(『クライム・シティ』)がドラマ部分の監督を務める。

見どころ2 シーズン1を見ていなくても大丈夫 シーズン1では地球から火星着陸までのクルーの道のりと、到着直後の様子を描いたが、シーズン2では火星での生活にも慣れたクルーと、地球からやって来た人の数も増えたことから発展したコロニー(居住区)を基軸にスタートする。将来の本格的人類移住を目的に火星探査に全力を注ぐメンバーだったが、思うように研究が進まないことで募る焦燥感や、地球が恋しくて精神を病んでしまうなど悩みはつきないようだ。またクルーの頭を最も悩ませることになるのは、火星の資源開発という違う目的を持った民間企業「ルクラム」の社員の到着。火星で起きる対立・愛憎劇などのリアルな人間ドラマから目が離せなくなるだろう。また生死を分ける火星環境/テクノロジー面での問題は、見ていて手に汗握る事間違いなし。前シーズンを見ていなくても「火星探査」という大きなテーマに沿って話が進むため、誰が見ても楽しめるだろう。そしてなんと今回は地球から「マービン」という名の犬も一頭やってくるので、そこにも是非注目してみて欲しい。

見どころ3 ドラマとドキュメンタリーの融合と親和性の高さ 各エピソードでは近未来ドラマと現在のドキュメンタリーを行き来する構成で描かれる。ドラマ部分では各エピソードでは、登場人物達に様々な試練と難題が降りかかる。それぞれの専門知識を活かし、力を合わせて乗り越えていく姿はドラマチックな脚本と映画使用の視覚効果で見ている者を飽きさせない。またドキュメンタリー部分では火星で登場人物の身に降りかかる問題に沿うように、現在の地球や宇宙開発の問題点を有識者や研究者達のインタビューなどで浮き彫りにしていく。

出演

火星滞在クルー<オリンポス・タウン>
ハナ・スン
隊長

彼女は人口が増加していくオリンポス・タウンを約10年もの間統率してきた。またコロニーの発展だけではなく、将来の人類移住を現実化にするため火星のテラフォーミングに向けて奮闘している。しかし民間企業であるルクラムの到着と共に、新たな人類移住への課題が浮き彫りに。人間関係や技術面での問題などさまざまな難題が彼女の前に立ちはだかってしまい…。

ジュン・スン
元事務局長

IMSFの事務局長として地球から火星のクルーを手助けしていた。しかし双子の妹であるハナと姉妹で一緒に火星に行くという夢を叶えるために辞任を決意。火星探査に情熱を注ぐジュンを阻むものは何も無いように思えたが…。

声優情報
朴璐美
【代表作】

「∀ガンダム」(ロラン・セアック役)
「鋼の錬金術師」(エドワード・エルリック役)
「NARUTO」(テマリ役)
「BLEACH」(日番谷冬獅郎役)
「NANA」(大崎ナナ役)
「進撃の巨人」(ハンジ・ゾエ役)

ハビエル・デルガド
水文学者 及び 地球化学者

水文学者及び地球化学者である彼は、引き続きオリンポス・タウンの給水オペレーションを任されている。その為新しいメンバーが火星に到着する度に彼の仕事量は増えていく一方だったが、完璧にやりこなしていた。その一方プライベートで起こる、重大な事件が彼を深く悩ませることに…。

声優情報
中村悠一
【代表作】

「CLANNAD-クラナド-」(岡崎朋也役)
「マクロスF(フロンティア)」(早乙女アルト役)
「おそ松さん」(松野カラ松役)
「マギ」(練紅炎役)

アメリー・デュラン
医師 及び 生化学者

医師及び生化学者である彼女は、火星に移住してきた人々が精神に支障をきたさないよう、ビタミン剤の処方と青い空を思い浮かべながらの瞑想を勧めていた。しかし自身の母親の姿を思い出す時間が増えるにつれて、彼女の地球に対する思いも募り始めてしまい…。

声優情報
井上麻里奈
【代表作】

「境界のRINNE」(真宮桜役)
「進撃の巨人」(アルミン・アルレルト役)
「みなみけ」シリーズ(南夏奈役)
「魔法科高校の劣等生」(渡辺摩利役)
「3月のライオン」(幸田香子役)

マルタ・カーメン
宇宙生物学者 及び 地質学者

発見された微生物の研究に時間を費やしてきた彼女。しかし思ったような研究結果が出ないことに焦りをつのらせていた。研究成果を出すため、そして火星で他の生命体を探すべく、彼女は周囲の反応は気にせずにどんどんと研究にのめり込んでいくが…。

声優情報
坂本真綾
【代表作】

「攻殻機動隊ARISE」(草薙素子役)
「黒執事」(シエル・ファントムハイヴ役)
「桜蘭高校ホスト部」(藤岡ハルヒ役)
「荒川アンダーザブリッジ」(ニノ役)
「アルスラーン戦記」(ファランギ-ス役)
「七つの大罪」(マーリン役)

ロバート・フーコー
機械工学士 及び ロボット工学者

ロバートなしには、オリンポス・タウンの著しい発展はなかっただろう。彼の機械工学の知識があったからこそ、増加していく人口にも対応したコロニーでの生活が可能となったのだ。火星への本格的な人類移住計画を夢見ながら働く彼だが、自ら提案した図案の設計に上層部からの許可がおりないことや、ハナとの進まない関係性に焦りを感じ始めていた…。

声優情報
安元洋貴
【代表作】

「弱虫ペダル」(金城真護役)
「BLEACH」(茶渡泰虎役)
「ソードアートオンライン」(エギル役)
「ぬらりひょんの孫」(青田坊役)
「DAYS」(猪原進役)

【新メンバー】マイク・グレン
副隊長

ハナの副司令官として活躍するべく、新しくオリンポス・タウンに到着。生真面目であり、規律に厳しい彼は部下をまとめるのに長けていた。しかし、あることがきっかけでハナの統率力に疑問を持ち始めてしまい…。

声優情報
佐々木拓真
【代表作】

「ゲーマーズガイド」
 (ウェンデル/マレー・ワイアット・ランダス役)
「恋愛依存症」(アンガス役)
「雲が描いた月明かり」(ドッコ役)
「デンジャーマウス」(ジョン役)
「シカゴP.D」(ジャスティン役)
「デュエルマスターズ」(パーリ騎士、The ラー漢役)

【新メンバー】ジェイ・ジョハール
医師 及び 心理学者

火星に新たに到着したメンバーの一人。パキスタン出身である彼は医学に精通しており、健康面だけではなく精神面でも人々を助けることとなる。

声優情報
関智一
【代表作】

「ドラえもん」(スネ夫/骨川スネ夫役)
「PSYCHO-PASS サイコパス」(狡噛慎也役)
「妖怪ウォッチ」(ウィスパー役)
「昭和元禄 落語心中」(与太郎役)
「猿の惑星:創世記」(ウィル・ロッドマン役)
「From Dusk Till Dawn」(セス・ゲッコー役)

火星滞在クルー<ルクラム・コロニー>
【新メンバー】カート・ハレル
隊長

ルクラムの責任者。4年間の火星滞在中に資源を採掘する契約をルクラムと結んでいて、彼自身と娘の為に稼ぐのが最大の目的。しかし彼の無愛想でぶっきらぼうな性格は、度々ハナやオリンポス・タウンに住む人々との衝突を生むことになり…。

声優情報
滝知史
【代表作】

「パーソン・オブ・インタレスト」
 (主役:ジョン・リース役/ジム・カヴィーゼル)
「センター・オブ・ジ・アース」
 (主役:ジョナサン役/リック・シュローダー)
「遠すぎた橋」(ライアン・オニール役)
「ポセイドン・アドベンチャー」(マシュー・バラード役)
「ふたりはプリキュア」(執事ザケンナー役)

【新メンバー】ジェン・カーソン
シニア・システムエンジニア

ルクラムのシニア・システムエンジニア。冒険好きで、芯が強いが心優しくもある。お金を稼ぐためだけに火星に来たわけではないらしい。また到着直後にオリンポス・タウンのあるメンバーと恋仲になるのだが…。

声優情報
ニケライ・ファラナーゼ
【代表作】

「アンディ・マック」(ベックス役/ライラン・ボーデン)
「マジシャンズ」(ケイディ役/ジェイド・テイラー)
「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
 (カルメン・ウェイド役/ブリトニー・ヤング)
「BULL / 法廷を操る男」
 (リバティ・デイヴィス弁護士役/ディーナ・タイラー)
「映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法」

【新メンバー】シェップ・マースター
作業監督

危険を恐れず突き進む彼の長年の夢は、宇宙へ行くことであった。その夢を叶えるべくルクラムに入社してからは、強い信念と優れた技能を駆使して開発に貢献している。

声優情報
井川秀栄
【代表作】

「グッドワイフ」
「The RANCH」
「ラストチャンスU」
「シカゴPD」
「砂上の法廷」
「戦姫絶唱シンフォギア」

地球ISMF事務局
レスリー・リチャードソン
事務局長

夫のポールの死後、悲しみから逃げるように地球に戻ることを決意。帰還した彼女は、ジュン・スンの代わりにISMFの事務局長に任命される。しかし彼女を待ち受けていたのは、民間企業であるルクラムであった。協力関係に向けた駆け引きや、財源の維持など、多くの部下を抱える彼女は悩まされ、時に翻弄されてしまう…。

声優情報
勝生真沙子
【代表作】

「機動戦士Zガンダム」(レコア・ロンド役)
「銀河英雄伝説」(ヒルデガルト・フォン・マリーンドルフ役)
「美少女戦士セーラームーン」
 (海王みちる/セーラーネプチューン役)
「NARUTO-ナルト-」(綱手役)
「北斗の拳2」(レイヤ役)

エピソード

第1話

「 新参 (原題: We Are Not Alone) 」

2042年、初の火星基地が誕生して9年。基地のメンバーが生命体の研究とテラフォーミングにいそしむ中、民間企業が採掘にやって来る。宇宙機関に属さず独自に火星を開発する彼らと、科学探求を目指す基地の科学者の間に緊張関係が生じる。ドキュメンタリーパートでは、火星への民間企業の進出と乱開発の可能性が語られる。さらに北極海の石油掘削施設に現地取材し、極地での資源開発の大変さと、従業員の暮らしを紹介する。

第2話

「 遠く離れて (原題: Worlds Apart) 」

2042年5月、火星基地と民間企業ルクラムは互いに唯一の隣人として交流をもつようになる。だがルクラムが新たに発見した採掘地を巡り、両者の間に決定的な対立が起きる。その一方、地球へ戻る宇宙船と入れ替わりに新たな宇宙船が基地に到着する。ドキュメンタリーパートでは、火星の開発時に巻き起こるであろう環境保護運動について取り上げ、北極海の油田採掘に抗議するグリーンピースの活動家たちにインタビューする。

他4話

第3話

「 孤独 (原題: Darkness Falls) 」

火星基地とルクラムの関係が悪化したまま、3カ月が過ぎる。ルクラムが帯水層で掘削を始めたことを知った基地の科学者は、独断でサンプル採取に出かけるが、たまたま太陽フレアが発生し、火星全体に電磁波が降り注ぐ。ナビゲーションシステムが故障した状態で、科学者は基地を目指してローバーを走らせる。ドキュメンタリーパートでは、日常世界を遠く離れ、グリーンランド氷床で調査活動を行っている研究者にインタビューする。

第4話

「 感染 (原題: Contagion) 」

太陽フレア発生の翌日、ルクラムは掘削を再開する。だが掘削の最中に社員の一人が体調の悪化を訴え、医務室に運び込まれる。さらに病人を運んできた他の社員たちも苦しみ始め、診断していた医者も倒れる。何らかの伝染病が疑われ、ルクラムは基地に救援を要請する。ドキュメンタリーパートでは、へき地開発に伴う疫病発生の危険性が語られる。北極地方での炭疽症流行の実態を世間に伝えようとするロシアの活動家も登場する。

第5話

「 パワープレイ (原題: Power Play) 」

ロシアがルクラムと契約を結び、ルクラムに火星の採掘権を認めたというニュースが飛び込んでくる。基地の面々はロシアのIMSF離脱と予算削減を予想し、ミッションの存続を懸念する。そんな中、隊長が外出することとなり留守の間の指揮が副隊長に委ねられる。ドキュメンタリーパートでは、巨大企業と国家の関係が語られる。また北極圏開発について各国代表が意見を交換する場となっている北極評議会の様子を紹介する。

第6話

「 鼓動 (原題: The Shake Up) 」

IMSFはルクラムの抑え込みに失敗、事務局長は力を失う。一方、ルクラムはロシアに続いて中国とも事業契約を結ぶが、いまだ液体の水を掘り当てることができずにいた。焦ったルクラムの隊長は、地下深くを爆破することで状況を打開しようとする。ドキュメンタリーパートでは人間の技術が地球環境を大きく変化させたことを取り上げ、NASAのプロジェクトで北極を上空から観測する科学者にインタビューする。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に