ビッグ5~北米を代表する動物たち

原題:America's Greatest Animals

番組内容

ゾウ、ヒョウ、ライオン、サイ、スイギュウ。1世紀前、このようなアフリカに住む陸生動物の象徴のような動物たちは、狩人によって「ビッグ・ファイブ」と名付けられた。この5大動物はその知性とカリスマ性、勇猛さで地上を支配している。まさにアフリカを守る者だ。
しかし今、新たなビッグ・ファイブを見つける時がきた。北米のビッグ・ファイブだ。
北米大陸は、アフリカの猛獣たちに対抗すべく立ちあがろうとしている。

この番組では、アフリカの猛獣たちを追撃するにふさわしい12の候補を挙げている。それぞれの動物は、適応力、カリスマ性、知能、大きさ、および武器の点から判定される。
今回のジャッジを下すのは4人のナショジオ探検家。爬虫類学者ブレディー・バー教授に野生動物カメラマンのアンディー・カサグランデ。そしてナショジオ女性調査員のミレヤ・メイヤーに加えて、自然活動家のケーシー・アンダーソンがいよいよ北米のビッグ・ファイブを決めるために立ち上がる!

果たして、北米のビッグ・ファイブにふさわしいのは、どの動物か?!

ケーシー・アンダーソン インタビュー
「僕の夢は単純そうで複雑。自然をかっこよく見せたい、本当にかっこいいから。」「アメコミの“ウルヴァリン”より野生の“ウルヴァリン”の方がかっこいい!」など、幼少時代や夢について語っています。