ドイツ軍が沈めた客船の謎

原題:Dark Secrets of the Lusitania

放送予定

2018/12/30  05:00
  [二]

番組内容

客船ルシタニア号沈没の原因となった大爆発の裏には、歴史の闇となる暗い真実が潜んでいた。

1915年5月7日の午後、ドイツの魚雷が定期旅客船ルシタニア号を襲った。
数秒後、2度目の大爆発が船を揺り動かす。20分のうちに、“海のグレイハウンド"と言われた船は海の底へと沈んだ…。そして1200人近くの罪のない男女と子どもが命を落とした。

そして今、実際に何がルシタニア号を沈没へと導いたのかを究明するために、新たな2段階調査が始まった。

軍需品に使われる綿火薬を違法に輸送していたため、爆発は起こったのか?それとも粉炭かアルミニウム粉末の発火事故だったのか? 調査の旅の最初に訪れるのは、まさに沈没現場だ。アイルランドからおよそ20キロ沖の地点である。

熟練ダイバーがまだ足を踏み入れたことのない船の内部に侵入しようと試みる。こうした調査がカリフォルニアにあるローレンス・リバモア国立研究所を動かし、優秀な科学者たちによるチームが2度目の爆発についてテストを行い検証。
最終結果として、歴史の影にせまる素晴らしい成果を得た旅となる。そして、ひいてはルシタニア号の暗い秘密を明かすきっかけとなるかもしれないのだ。

(60分)