200万年前の男の子

原題:The Two Million Year Old Boy

番組内容

わずか9歳の男の子が歴史的な化石を大発見!
彼が偶然見つけたのは、約200万年前の男児の猿人の頭がい骨だった。それは、我々がこれまで人類の起源の常識として考えられてきたことすべてを覆すような発見だった。

約200万年前の時代に生きたであろうこの小さな猿人は、人類にとって大変重要な時代のもので、その詳細は謎に包まれていた。
それは、ヒトの進化の歴史において大きな空白の期間と考えられてきた時代の一つで、科学者たちはヒトが猿人のような要素を捨てた時期だと考えている。その生き物は、半動物、半人間的な存在として考えられており、保守的な古生物学会を完全に煙に巻いているのである。
だが今回、この古生物学会に一石を投じた化石の発見は、新しい科学のあり方を学会に問い、発見の持つ力を証明してみせたのだ。今回、新たに発見された猿人がどう存在し、そして消えたのかという謎を解明することは、もしかすると人類がどのようにヒトから人間に分化したかという、究極の疑問を解決する糸口となるかもしれない。