ナショナル ジオグラフィック

モンスター・フィッシュを探せ!2

原題: Monster Fish 3
モンスター・フィッシュを探せ!2の写真

番組内容

イケメン生物学者と共に、巨大淡水魚の生態を探ろう!

生物学者ゼブ・ホーガンと共に、世界の隅々まで河川をめぐり、巨大な淡水魚の生態を探ろう!

エピソード

#1

「 川の侵略者 (River Invasion) 」

川の侵略者 (River Invasion)の写真

それは飛ぶ魚。アジア原産の鯉が、アメリカ各地の河川でさながらB級映画のゾンビ襲来のようにいきなり飛び跳ねる。ボートのモーター音に驚いた彼らが空中に3メートルも飛び上がると、水上はまるでボクシングの試合のような様相を呈する。コクレン・ハクレンは1970年代初頭に初めてアメリカに輸入されたが、すぐに逃亡した。今ではアメリカの半数の州に生息し、カナダにも向かいつつある。水生態学者のゼブ・ホーガンが文字通り飛び跳ねる魚たちから身をかわしながら、その増殖の理由を探り、食い止める方法を考える。

#2

「 鋭い歯を持つアリゲーターガー (Alligator Gar) 」

鋭い歯を持つアリゲーターガー (Alligator Gar)の写真

魚には本当にいろんな種類があるものだ。大きな河川の濁った深みに潜んでいるのは、巨大な体と恐ろしい外見で人を驚かす魚。巨大魚の保護を目的に、水生態学者のゼブ・ホーガンは世界各地の巨大淡水魚を追ってきた。今回私たちは、鋭い歯を持ち人々に誤解されている北米の巨大魚、アリゲーターガーを探す彼の旅に同行する。アリゲーターガーの体長は最大3メートルにも達し、口にはカミソリのように鋭い歯がぎっしり並んでいる。この魚はかつて生息していたアメリカ北部地域から姿を消し、南部の湿地帯や沼地帯からも姿を消しつつある。その恐ろしげな外見のせいで人間を襲うという噂を立てられ、また釣り人の中には獲物を横取りされると信じている人もいる。私たちはゼブ・ホーガンとともにアリゲーターガーと対峙し、これらの伝説が本当かどうか検証する。

#3

「 アマゾンの恐怖 (Raging Amazon) 」

アマゾンの恐怖 (Raging Amazon)の写真

水生態学者のゼブ・ホーガンが、カヤックの名手トリップ・ジェニングズやブラジルの科学者たちと協力して、西ブラジルにあるルーズベルト川に挑む。命がけで急流と格闘しながら、この遠いジャングルを流れるアマゾン川の支流を徹底的に調査し、640キロメートルに及ぶその川底にどんな巨大魚が潜むのかを見つけ出す。森林伐採やダムの建設が、各地で魚類の貴重な生息環境を破壊している。そのような開発の波が原始のままのルーズベルト川に押し寄せた時に何が失われるのか、今回の旅で明らかになるだろう。

#4

「 タイの楽園 (Thai Eden) 」

魚類学者で保護活動のエキスパート、ゼブ・ホーガンがタイを訪ね、何故そこが巨大淡水魚の宝庫なのかを探る。一見、この熱帯の楽園は魚の安全地帯のようだが、実は問題も起きている。タイの絶好の環境下で外来種を育てようとするブリーダーがおり、外来種はここに住みつき自ら繁殖していくのだ。その影響でタイの在来種が脅かされているが、減少の理由はそれだけではない。その理由を探るためゼブはタイ全土を訪れ、この国に生息する巨大魚を在来・外来を問わずできる限り同定し、野生の状態を調査する。また巨大魚の保護を手助けできる地元民とも会う。保護することの損失は何なのだろうか?

#5

「 メコンの謎 (Mekong Mystery) 」

水生態学者ゼブ・ホーガンが、世界最大級のラオスのコーン滝を訪れる。巨大回遊魚がどの水路を伝って産卵場所へ到達するのか調べるためだ。メコン川流域で多くのダムが建設されれば回遊ルートが閉ざされ、魚やそれを食糧とする流域の住民が危機に瀕する。博士はトリップ・ジェニングズのカヤック・チームの協力のもと、川底の調査を行なう。この調査結果によって当局がこの地域の重要性を認識してくれることを願いつつ。

#6

「 エイリアン・ナマズ (Alien Catfish) 」

水生態学者ゼブ・ホーガンがスペイン・エブロ川を訪れ、体長2.5メートルにもなる巨大魚ヨーロッパオオナマズの侵略ぶりを調査する。生物学者たちはこの食欲旺盛な捕食者が地元の生態系を破壊するのではないかと恐れている。ゼブ博士は地元の釣りガイドや科学者と協力してその増殖の理由を探る。またドイツにも立ち寄り、オオナマズを密輸しスペインへと放流した責任を認めている男に会う。そして最後に自らこの巨大魚捕獲に挑む。

#7

「 ナイルの巨人 (Nile Giant) 」

世界中の巨大淡水魚を追う水生態学者ゼブ・ホーガンが、今回は巨大な体と恐ろしい外見を持つアフリカ最大の淡水魚ナイルパーチを探す。この食欲旺盛な巨大魚は、体長2メートル、体重200キロ近くにまで成長する。ゼブはナイルパーチが地元の川でアフリカ屈指の捕食者たち、すなわち体長4.5メートルものワニや巨大ナマズと競い合う様子を目の当たりにする。またこの魚とそれに依存する人々が直面している問題を調査する。

#8

「 古代の怪物 (Ancient Beast) 」

水生態学者ゼブ・ホーガンがアメリカ中西部を訪れ、地球上で最も大きく最も古くからいる淡水魚の一つであるヘラチョウザメを探す。かつてはミシシッピ川やミズーリ川水系に豊富にいたヘラチョウザメだが、生息環境の変化や乱獲の影響で激減している。ホーガン博士は生物学者や保護活動担当官らを集めて、ヘラチョウザメが直面している問題をより理解し、個体数の減少を食い止めるために、目下講じられている手段を検証する。

#9

「 ヒマラヤの脅威 (Himalayan Terror) 」

水生態学者のゼブ・ホーガン博士がインド領ヒマラヤを訪れ、人間を襲撃し命まで奪うとされるグーンチという巨大ナマズの調査をする。地元のガイドや保護活動家ヴィネイ・バドラの協力を得て、カリ川沿いの襲撃現場を検証しに行く。危険な急流をラフティングし、襲撃の様子を目撃者から聞く。その後巨大魚が多く生息するラムガンガ川へ向かい、グーンチの捕獲に挑む。グーンチの行動を観察し、噂が本当かどうかを調べるためだ。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に