ナショナル ジオグラフィック

メーデー!22:航空機事故の真実と真相

原題: AIR CRASH INVESTIGATION S22
メーデー!22:航空機事故の真実と真相の写真

放送予定

24.06.23 22:00
 ユナイテッド航空811便(原題:TERROR OVER THE PACIFIC) [二][新]
24.06.28 00:00
 ユナイテッド航空811便(原題:TERROR OVER THE PACIFIC) [二]
24.06.29 05:00
 ユナイテッド航空811便(原題:TERROR OVER THE PACIFIC) [二]
24.06.30 22:00
 ペンエア3296便(原題:DISASTER AT DUTCH HARBOR) [二]

番組内容

航空機が墜落するたびに世界の注目が集まり、航空産業の専門家たちも真相究明に乗り出す。そして安全性が向上していく。『メーデー!:航空機事故の真実と真相』では、航空史上に残る事故の真相を明らかにする。各エピソードでは、目撃者の証言や精緻な再現ドラマ、最先端技術のコンピューター・グラフィックス、そして最終的に間違いを断定した事故調査官へのインタビューなどを駆使して航空機事故の真実に迫る。

■60分×10話

エピソード

「 ユナイテッド航空811便(原題:TERROR OVER THE PACIFIC) 」

ホノルルを離陸してオーストラリアに向かうユナイテッド航空811便のボーイング747が、ハワイ諸島上空を飛行中に大きな爆発が起きた。胴体右舷側が大きく裂け乗客9人が座席と共に機外に吸い出されるという大惨事である。爆発のあおりで右主翼のエンジンが2基とも炎上する中、ホノルルに緊急着陸した。当局は当初テロ行為を疑うが、調査チームが原因を探るうちに747型機の構造に起因する貨物ドアの電気的短絡に行き着く。

「 ペンエア3296便(原題:DISASTER AT DUTCH HARBOR) 」

アラスカの島にあるウナラスカ空港は、複雑な地形と変わりやすい天気のために着陸が難しいことで知られている。そこへペンエア3296便が苦心しながらも着陸するが、タイヤが滑ってしまう。機体は滑走路から外れ、海に転落する寸前でようやく停止した。横滑りを防止するシステムが備わっているにも関わらず、事故はなぜ起きたのか?説明がつかず困惑する事故調査官だが、事故当時の風の変化とシステム内の配線ミスを突き止める。

「 エア・トランスポート・インターナショナル782便(原題:DEADLY DEPARTURE) 」

4発の内1発のエンジンが壊れたDC-8を整備工場がある空港に運ぶため、回送便としてカンザスシティから離陸しようとしていた。一度目は滑走を始めたがエンジンの出力差で左に流れ始めたため中断、二度目も左に流れるなか無理やり離陸を試み、滑走路を外れて何とか浮いたものの上昇できずに墜落、クルーは全員死亡する。調査を進めるとクルーの健康状態と規則、そして訓練シミュレーターが現実を再現していない事実が判明する。

「 ミスティ・フィヨルド 水上飛行機衝突事故(原題:WITHOUT WARNING) 」

アラスカのミスティ・フィヨルドで観光客を乗せた水上飛行機が、名所である風光明媚な滝へと向かう途中、別の水上飛行機と空中衝突する。衝撃で1機は大量の残骸となって山の中に散らばり、もう1機は大部分が無傷のままで海へと落下した。生き残ったパイロットは、衝突は何の前触れもなく起こったと証言する。残骸の状況から、接触に至った経緯については比較的容易に判明したが、その原因を解明するには3D技術が必要となった。

「 チャイナエアライン676便(原題:ELEVEN DEADLY SECONDS ) 」

バリ島発台北行きA300。激しい風雨のなか台北中正空港に接近したが機長は着陸復行を決断、再上昇に移ったものの上空で失速し、空港近くの住宅地に墜落、住民6名を巻き込み乗客196名も全員死亡という台湾航空史上最悪の事故となった。国際的な調査チームが原因究明を進めると、復行開始後に空白の11秒間が存在することが判明した。クルーはなぜ機体が致命的なまでに姿勢を崩していくのを黙って見ていたのだろうか。

「 ピルグリム航空458便(原題:FIGHT FOR SURVIVAL) 」

ピルグリム航空458便でコックピットの床から炎が立ち上がり、パイロットが必死に着陸を試みる。煙と猛烈な熱さ、そして視界不良の中、ロードアイランド州の凍った貯水池に墜落同然で不時着した。乗員乗客はすぐに脱出、数分後に機体は焼かれてしまい、火の出どころを示す証拠は残らなかった。小型飛行機のためデータ・レコーダーが搭載されていないとなれば、調査官が頼れるのは重度の火傷を負ったパイロットの証言だけだった。

「 コルガン・エア9446便(原題:PITCH BATTLE) 」

定期整備を終えたビーチクラフト1900が通常運行に戻るため回送便になる。ところが離陸した瞬間、機長はトリムの異常を感じる。副操縦士と二人がかりで操縦桿を引かなければ飛べない。空港に戻ろうとするが離陸から2分後に海に墜落した。手がかりは暴走トリムの通報だが、残骸にめぼしい手がかりはない。ところが飛行データを検証すると信じられない事実が見えてきた。機首上げに設定した機体はなぜ海へと落ちていったのか。

「 サウディア163便(原題:UNDER FIRE) 」

サウディア163便が離陸して数分後、機内で火災が発生する。機体はロッキード社製L1011トライスター。パイロットはサウジアラビアのリヤドに引き返すことを決断、着陸に成功する。ところが瞬く間に災に包まれ、搭乗していた乗員乗客301名全員が命を落とす大惨事となった。これは航空機事故として史上最悪の部類に入る。サウジアラビアの調査にNTSBが協力し、火災の原因、そして急速に燃え広がった理由を究明する。

「 パイパーPA-46“マリブ”墜落事故(原題:LOST STAR FOOTBALLER) 」

サッカー界の新星エミリアーノ・サラを乗せたチャーター機、パイパーPA-46“マリブ”が英仏海峡上空でレーダーから消えた。墜落のニュースは瞬く間に世界中の注目を受ける。ブラックボックスのない小型機は事故原因の特定に困難を極める。やがて機体の残骸が発見され、調査チームは海面に衝突する前にすでに機体が空中分解していたと断定。また発見された乗客の遺体の分析結果から、調査は誰も予想していなかった展開を辿る。

「 エチオピア航空302便(原題:DEADLY DIRECTIVE) 」

エチオピア航空302便がアディスアベバを離陸直後に機首を下げ急降下、パイロットが機首上げを試みるもかなわず乗客乗員157名全員が死亡した。ボーイング737 MAX 8型機による事故は、5か月足らずの間にライオン・エア610便に次いで2件目だった。どちらもMCASというソフトウェアが原因で急降下を繰り返したと結論が出され、ボーイング社による修正が施されるまで世界中のMAX 8は全機運航停止となる。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に