ナショナル ジオグラフィック

UFO:人類最大の謎を解明せよ!

原題: UFOS: INVESTIGATING THE UNKNOWN
UFO:人類最大の謎を解明せよ!の写真

放送予定

24.02.28 13:00
 核ミサイル基地を狙うUFO(原題:Close Encounters at Nuclear Bases) [二]
24.03.02 23:00
 目撃者たちの声(原題:Citizens Take Charge) [二]
24.03.06 13:00
 目撃者たちの声(原題:Citizens Take Charge) [二]
24.03.09 23:00
 沈黙を破るアメリカ政府 (原題:Government Breaks Silence) [二]

番組内容

ドキュメンタリー作品で高い評価を受けるリッキー・スターン監督が、5話からなる『UFO:人類最大の謎を解明せよ!』を手がける。米政府はUFOの公式調査を義務付けるという法案を可決。市民は透明性を求め、海軍のパイロットはUFOに遭遇するなか、政府は何を公表し、何を隠しているのか。最大の謎に焦点を当て、最新の科学的調査でその答えを究明していく。

■60分×5話

エピソード

「 国防総省 UFO極秘調査(原題:Secret Pentagon UFO Program) 」

半世紀以上もの間、米政府はUFOの議論を避け続けてきた。しかし海軍のパイロットたちが遭遇した謎の飛行物体の極秘映像がネットで流出し、世界中を騒がせる事態となる。元上院議員のハリー・リードは調査を求め、政府関係者も徐々に動き出す。政府が避けてきたUFOの真実が、ついに明かされる時が来たのか。UFOを長年追い続けてきた調査ジャーナリストのレスリー・キーンを中心に、この長い歴史が紐解かれていく。

「 テキサス州の超巨大UFO(原題:Giant UFO in Texas) 」

2008年、テキサス州にあるスティーブンビルという田舎町で何百人もの住民によるUFO目撃事件が発生した。地元記者のアンジェラは、目撃した住民たちのために、人生をかけてこの出来事を世に広めようと奮闘する。この目撃事件をさかのぼること数十年、アメリカにおけるUFO現象の始まりと、「プロジェクト・ブルーブック」という調査チームの存在、そして、アメリカが直面するUFO問題が明らかになる。

「 核ミサイル基地を狙うUFO(原題:Close Encounters at Nuclear Bases) 」

謎の未確認物体がアメリカ国防の脅威になる証拠はないとし、「プロジェクト・ブルーブック」は閉鎖され、UFOの調査も終了する。そんな中、冷戦時代真っただ中の1960年代後半に、何者かによって核ミサイル基地がシャットダウンするという事件が起き、アメリカは無防備な状態に陥る。この事件に対し秘密を守ってきた3人の元空軍当事者たちが、その沈黙を破り、当時の詳細を語る時がきた。

「 目撃者たちの声(原題:Citizens Take Charge) 」

1986年の日本航空の機長による目撃、1997年の「フェニックスライト」、2006年のオヘア国際空港に現れた空飛ぶ円盤。何百人もの目撃者たちが声を上げているにもかかわらず、米政府からの公式発表は何もない。そんな中、世界中の政府関係者や軍のパイロットたちなどが一堂に会し、2007年、初の大々的な記者会見を決行する。彼らの体験談とは一体どんなものなのか?政府やメディアの反応は?

「 沈黙を破るアメリカ政府 (原題:Government Breaks Silence) 」

何十年間も秘密に包まれてきたエリア51は、UAPの噂が絶えず、答えを求めるマニアたちが殺到している。そんな中、議会はUAPに関する公聴会を開くことを決定する。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に