ナショナル ジオグラフィック

ボンダイビーチ動物病院 2

原題: Bondi Vet 2
ボンダイビーチ動物病院 2の写真

放送予定

22.12.10 13:00
 今を生きる (原題: Episode 5) [二]
22.12.10 13:30
 見てない所で一大事 (原題: Episode 6) [二]
22.12.17 13:00
 ペットの見ている風景 (原題: Episode 7) [二]
22.12.17 13:30
 大ケガからの復活 (原題: Episode 8) [二]

番組内容

シドニー随一の美しいボンダイビーチに建つ動物病院で、傷を負った動物たちの治療にあたるベテラン獣医師クリス・ブラウン。犬や猫などお馴染みのペットから、近隣農場で飼育される家畜や時には野生動物まで、物言わぬ大小さまざまの動物たちの命と向き合うクリス。喜びや感動の瞬間もあれば胸の張り裂けるような辛い別れも。そこに描かれるのは人間と動物の絆の物語。地元オーストラリアが誇る大人気ドキュメンタリー番組。

■30分×16話

エピソード

「 新たな命を救え (原題: Episode 1) 」

新たな命を救え (原題: Episode 1)の写真

釣り針を飲みこんだ犬や、6匹の子犬を妊娠して具合の悪そうなベラなど、治療に当たる。治療の甲斐あってベラの状態も落ち着き、クリスは子犬たちと同じ誕生日を迎える。

「 手ごわさとかわいさと (原題: Episode 2) 」

手ごわさとかわいさと (原題: Episode 2)の写真

クリスはオーストラリア爬虫類公園の野生生物管理者ティムに呼ばれアミメニシキヘビの診察に出向く。人工的に冬眠させ覚醒させたベティが3ヶ月以上エサを食べないという。

「 家族の絆 (原題: Episode 3) 」

家族の絆 (原題: Episode 3)の写真

3階のベランダにカモの親子が住み着いたという連絡が入り、クリスとバリーは現場へ保護に向かう。しかし、クリスは安全の保障ができないため、自然にかえすかどうか悩む。

「 牧場で往診 (原題: Episode 4) 」

牧場で往診 (原題: Episode 4)の写真

クリスは、子牛に執着するダックスフンドのシュニッツェルと対面。シュニッツェルは子牛に脚を踏まれて骨折しても離れず、飼い主は、蹴られ死んでしまうかもと心配する。

「 今を生きる (原題: Episode 5) 」

今を生きる (原題: Episode 5)の写真

クリスはボンダイビーチのライフガード、ディーノに呼ばれて事務所へ。そこには迷子のウサギが。ボンと名づけられたウサギの飼い主を探すため張り紙を作りいたる所に貼る。

「 見てない所で一大事 (原題: Episode 6) 」

見てない所で一大事 (原題: Episode 6)の写真

クリスは緊急呼び出しを受け2時間も窓から逆さまにぶら下がっていた犬の診察へ。犬のウッディは出血もひどくクリスはステロイド注射で血圧を上げ体内の血流を安定させる。

「 ペットの見ている風景 (原題: Episode 7) 」

ペットの見ている風景 (原題: Episode 7)の写真

クリスは裏庭の塀をよじ登り、よく脱走する飼い犬スプロッジについての相談を受ける。監視カメラで確認すると、脱走が目的ではないようでクリスはある解決法を思いつく。

「 大ケガからの復活 (原題: Episode 8) 」

大ケガからの復活 (原題: Episode 8)の写真

クリスは農場に捨てられていた子羊を保護。そして真っ二つに折れた大腿骨をピンでつなぐため手術に臨む。手術は成功するが、再び歩ける保証はなく、静養とリハビリへ移る。

「 ビーチに潜む危険 (原題: Episode 9) 」

ビーチに潜む危険 (原題: Episode 9)の写真

クリスは嵐のあとビーチに打ち上げられていたペンギン、ハーモンを保護したと連絡を受ける。ハーモンは、食欲もなく満足に動くこともできず、嵐で疲れただけとは思えない。

「 フィジーで奉仕活動 (原題: Episode 10) 」

フィジーで奉仕活動 (原題: Episode 10)の写真

クリスは、父グレアムがひと月前にフィジーを訪れ獣医師が1人しかいないことを聞き、父とリサとフィジーへ。そこは数日前にサイクロンで甚大な被害を被ったばかりだった。

「 それぞれの運命 (原題: Episode 11) 」

それぞれの運命 (原題: Episode 11)の写真

クリスは事故に遭ったハスキー犬ウィローが居る、あるブティックへ。一方、小動物救急病院には死んだメスのポッサムが運ばれてくる。袋の中にはポッサムの赤ちゃんがいた。

「 長い夜の闘い (原題: Episode 12) 」

長い夜の闘い (原題: Episode 12)の写真

夜間ボンダイ動物病院に、鈴がくちばしに引っかかったオウムのハリーが運ばれてくる。小動物救急病院は珍しく静かで、リサたちはペットの賢さを競い合っていたが…。

「 ワニの傷を治療 (原題: Episode 13) 」

ワニの傷を治療 (原題: Episode 13)の写真

ボンダイ動物病院の動物看護師リーズルは、ペットのアゴヒゲトカゲと時々一緒に出勤する。性別が分からぬまま飼っていたが、とうとうクリスが性別を見分けてくれることに。

「 感染症の恐怖 (原題: Episode 14) 」

感染症の恐怖 (原題: Episode 14)の写真

クリスは医師キャサリンが保護した子羊アメリアを診察。未熟児で産まれたアメリア。母乳を飲んでおらず母体からの抗体の移行がなかったアメリアに長期的な処置を施す事に。

「 気の強いペット (原題: Episode 15) 」

気の強いペット (原題: Episode 15)の写真

テリアのトスカは、エリンが飼っているブル・テリアのフランキーに攻撃されてケガを負う。トスカはエリンの恋人の飼い犬だが、2匹はボスの座を巡ってケンカになったのだ。

「 震えの原因を探れ (原題: Episode 16) 」

震えの原因を探れ (原題: Episode 16)の写真

クリスは激しく痙攣する生後3ヶ月のラブラドール・レトリーバー、アーチーを診察。どうやらナメクジの駆除剤を食べたようだ。高体温のアーチーの体を冷やし嘔吐させる。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に