ナショナル ジオグラフィック

ジーニアス:アレサ

原題: Genius: Aretha
ジーニアス:アレサの写真

番組内容

ソウルの女王、アレサ・フランクリンの栄光と苦難の道
人類の歴史に偉大な足跡を残す「天才」たちの波乱に満ちた人生をドラマ化し、テレビ界最高の栄誉であるエミー賞にも輝いたナショナル ジオグラフィックのアンソロジーシリーズ『ジーニアス』。シーズン1のアインシュタイン、シーズン2のピカソに続いて、シーズン3では「ソウルの女王」の異名を取り、2018年に惜しまれつつこの世を去った20世紀を代表する女性シンガー、アレサ・フランクリンの栄光と苦難の道を辿っていく。



50年以上にも及ぶキャリアで7500万枚以上ものレコードを売り上げ、グラミー賞やアメリカン・ミュージック・アワードなど数々の音楽賞を受賞したアレサ。魂の込められたパワフルでエネルギッシュな歌声は、国境も世代も肌の色の違いも越えて世界中の人々に多大な影響を与え、ソウル・ミュージックをメジャーなジャンルへと押し上げる立役者ともなった。そればかりか、人権活動家として公民権運動やウーマンリブ運動にも深く関わり、平等で公平な社会の実現を望む全ての人々の精神的な支えとなったのである。

かつての音楽を愛するシャイで物静かな少女アレサが、いかにして偉大な「ソウルの女王」へと成長したのか。本作では有名な牧師だった父親の後押しでゴスペルを歌い始めた12歳の頃、アトランティック・レコードへ移籍してソウル・シンガーへの道を歩むようになった60年代半ば、時代の寵児として注目され公民権運動にも携わった60年代末、傑作アルバム『ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック』を発表した70年代初頭、ディスコ・ブームに押されてキャリアが低迷した70年代後半、アリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスの助力で再起を賭けた80年代半ばなど、重要なターニングポイントとなった時代に焦点を絞り、時間軸を自在に行き来しながら、幾多の困難を乗り越えて天賦の才を開花させたアレサの軌跡を全8話で描く。

予告編

キャスト
アレサ・フランクリン

現在のヒップホップへと至るブラック・ミュージックやブラック・カルチャーに多大な影響を与えた偉大な女性シンガー。1942年にメンフィスで生まれてデトロイトに育った彼女は、楽譜も読めないまま独学でピアノと歌をマスターし、その才能に着目した父親の後押しで12歳の頃から教会などでゴスペルを歌うようになる。1960年にコロムビア・レコードと契約して、ゴスペル歌手としてレコード・デビュー。1966年にアトランティック・レコードへ移籍してからソウル・ミュージックへ路線を変更し、『リスペクト』や『チェイン・オブ・フールズ』などのヒット曲で瞬く間にスター街道をひた走る。生涯でグラミー賞を獲得すること18回。1987年に女性として初めて「ロックの殿堂」入りを果たしたほか、2005年にはホワイトハウスから大統領自由勲章を授与されている。2018年に76歳で死去。

シンシア・エリヴォ

1987年1月8日、イギリスのロンドン生まれ。イースト・ロンドン大学と王立演劇学校で学び、舞台ミュージカル『カラー・パープル』で2016年のトニー賞主演女優賞を、そのオリジナル・キャスト・アルバムで2017年のグラミー賞を、さらにそのテレビ中継番組でエミー賞を獲得。また、2019年の映画『ハリエット』ではアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされた。

吹き替え声優
坂本 真綾
【声優代表作】

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」(真希波・マリ・イラストリアス役)
「鬼滅の刃」(珠世役)
「Re:ゼロから始める異世界生活」(エキドナ役)
「荒川アンダー ザ ブリッジ」(ニノ役)
「攻殻機動隊」シリーズ (草薙素子役)
「〈物語〉」シリーズ (忍野忍役)
ほか


C・L・フランクリン

アレサの父親でフランクリン家の大黒柱。デトロイトの教会で牧師を務める傍ら、「100万ドルの声」とも呼ばれた美声と巧みな話術で説教師としても高い人気を誇り、自らの説教を録音したレコードアルバムを発売し、ラジオでも自らのレギュラー番組を持ち、全米を講演ツアーで回るなどの有名人だった。また、公民権運動家としてもキング牧師を支持。娘アレサをプロの歌手にすべく尽力するが、その一方で私生活では問題行動の多い人物だった。

コートニー・B・ヴァンス

1960年3月12日、ミシガン州デトロイトの生まれ。ハーバード大学とイェール大学で学び、舞台俳優として頭角を現す。1987年に映画デビュー。『レッド・オクトーバーを追え!』や『スペース・カウボーイ』などの映画で活躍する傍ら、人気ドラマ『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』のロン・カーバー検事補役でも親しまれる。2016年の『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』ではエミー賞リミテッド・シリーズ/テレビ映画部門の主演男優賞を獲得。ブロードウェイの舞台劇『ラッキー・ガイ』では2013年のトニー賞助演男優賞を受賞している。妻は女優アンジェラ・バセット。

吹き替え声優
山路 和弘
【声優代表作】

「ワンパンマン」(シルバーファング/バング役)
「進撃の巨人」(ケニー・アッカーマン役)
「破壊魔定光」(ポンコツ役)
「PSYCHO-PASS サイコパス」(雑賀譲二役)
「刻刻」(じいさん役)
「GRANBLUE FANTASY The Animation」(オイゲン役)
ほか


新コンピレーション・アルバム登場

ソウルの女王、アレサ・フランクリンの栄光と苦難の道を描いた当番組の放送に合わせ、彼女の代表曲を収録したコンピレーション・アルバム「THE GENIUS OF ARETHA FRANKLIN」発売・配信中。番組内でもフィーチャーされている彼女の名曲がぎっしりと詰まったこの新コンピレーション・アルバムは、アレサ入門編としても格好の作品です。詳細はこちら


■60分×8話

番組のみどころ

21世紀のディーヴァがアレサの名曲の数々を大熱唱
主人公アレサ・フランクリンを演じるのは、ブロードウェイ・ミュージカル『カラー・パープル』でトニー賞、グラミー賞、エミー賞と米エンタメ界の主要アワードを総なめにしたミュージカル界のトップ・スターであり、映画『ハリエット』ではアカデミー主演女優賞にノミネートもされた映画女優でもあるシンシア・エリヴォ。日本でも来日コンサートを果たすほどファンが多い。このマルチな才能を持つ21世紀のディーヴァが、本作では全エピソードに渡ってアレサの名曲を大熱唱する。少女時代からアレサの大ファンであり、その音源や映像を徹底的に分析して撮影に臨んだというシンシア。そんな彼女がアレサになりきって歌う名曲『貴方だけを愛して』や『チェイン・オブ・フールズ』、『セイブ・ミー』などの気迫に満ちたパフォーマンスは圧巻だ。

衝撃と感動。栄光の影に隠れた知られざる苦難の物語
12歳の頃から歌い始めたゴスペル音楽の世界で天才少女と呼ばれ、18歳で大手コロムビア・レコードと契約してデビューを果たしたアレサ。だが、当時のアメリカ社会は人種差別や女性差別が当たり前のようにまかり通った時代。加えて、世間から尊敬される立派な牧師であり娘の才能を後押しする良き父親であると同時に、酒と女に溺れて妻に暴力を振るう矛盾した人格の父C・L・フランクリンとの愛憎半ばする複雑な関係や、10代での望まぬ妊娠・出産と子育て、支配欲の強い最初の夫テッド・ホワイトから受けた精神的・肉体的な暴力など、幾多の試練が彼女の行く手に立ちはだかる。その一方で、アレサの抜きん出た才能を信じて彼女を支え続けた祖母や姉妹、兄弟たちとの深い愛情と堅い絆が彼女を鼓舞させる。次々と明かされていく衝撃的な真実と感動的な逸話の数々。その中でアレサは何を感じて考え、どうやって困難を克服し、唯一無二の偉大な「ソウルの女王」へと上りつめたのか。文字通り魂を揺さぶるようなドラマが描かれる。

浮かび上がる激動の時代。今だからこそ語られるべき物語
アレサがスターへの階段を上りつめた60~70年代は、ベトナム反戦運動や公民権運動、ウーマンリブなどが全米各地で盛り上がり、アメリカ社会に大きな変革の嵐が吹き荒れた時代。音楽業界に革命を巻き起こしたアレサもまた、差別を経験して育ったアフリカ系アメリカ人の女性として揺るぎない信念を持ち、自らも社会運動に深く関わっていくこととなる。本作ではマーティン・ルーサー・キング・ジュニアやアンジェラ・デイヴィスといった公民権運動家から、キング・カーティスやカーティス・メイフィールドなどのミュージシャンに至るまで、実際にアレサと親交を深めて互いに影響しあった実在の人物たちが多数登場。21世紀の今にも通じる混沌とした激動の時代にあって、アレサがアメリカ社会をどう見つめて何を訴えようとしたのか、その内面へと肉薄していく。

ピューリッツァー賞に輝く気鋭の劇作家など、スタッフにも黒人女性が多数参加
映画界の巨匠ロン・ハワードと製作者ブライアン・グレイザーが生み出した『ジーニアス』シリーズ。『アポロ13』や『ダ・ヴィンチ・コード』などを大ヒットさせたこの名コンビに加え、今シーズンではアフリカ系アメリカ人女性として史上初めてピューリッツァー賞の戯曲部門に輝いた劇作家スーザン=ロリ・パークスが、番組の総責任者であるショーランナー及び製作総指揮・脚本を務めている。数多くのブロードウェイ舞台劇を手掛けてきたパークスは、スパイク・リー監督の『ガール6』やラシド・ジョンソン監督の『ネイティブ・サン~アメリカの息子~』、そして本年度アカデミー賞の主演女優賞(アンドラ・デイ)候補にもなったジャズ歌手ビリー・ホリデイの伝記映画『The United States vs. Billie Holiday』などの脚本でも有名。そのほか、監督のニーマ・バーネットや脚本家チームのダイアナ・サンにベッキー・モードなど、大勢の黒人女性が主要スタッフに加わった。なお、低迷期のアレサを救ったアリスタ・レコードの元社長クライヴ・デイヴィスも製作総指揮に参加している。

エピソード

第1話

「 リスペクト (原題: Respect) 」

リスペクト (原題: Respect)の写真

幼い日、アレサは父C・L・フランクリンの巡回説教の場で歌いその歌声で喝采をあびる。1967年。ヒットに恵まれないアレサは、最後のチャンスと考えアトランティックレコードでアルバム録音に挑むものの、レコーディングは夫、テッドの独占欲で失敗に終わる。だが、プロデューサーのジェリー・ウェクスラーは諦めず連絡してくる。父の紹介で敏腕マネージャーのルースが付き、ついに大きなステージに立ち、ソウルの女王になる。

第2話

「 いつの日か (原題: Until The Real Thing Comes Along) 」

いつの日か (原題: Until The Real Thing Comes Along)の写真

ソウルの女王になる4年前。アレサは自分の音楽を模索していた。コロムビアレコードはジャズで売り出そうとするが、アレサ自身は納得できない。やがてアトランティックレコードのジェリー・ウェクスラーと出会い、自分の音楽を探す手助けをするという言葉にアトランティックとの契約を決める。同時に、テッドのやり方に不満が溜まっていく。幼いアレサは、説教師として名声を得る父親のゴスペル巡回でクララ・ウォードと知り合う。

第3話

「 正しい行い (原題: Do Right Woman) 」

正しい行い (原題: Do Right Woman)の写真

ソウルの女王の称号を得て多忙を極めるアレサ。公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師がテレビで話すのを見たアレサは、自分もできることで協力すべきだと考える。赤ん坊を産んだ幼いアレサはしばらく歌から遠ざかっていたが、父の教会の聖歌隊の新しい指揮者ジェームズ・クリーブランドと出会い、ゴスペル巡回に復帰する。ゴスペル歌手だったサム・クックがポピュラー音楽を歌うライブを観て大いに刺激を受ける。

第4話

「 忘れられなくて (原題: Unforgettable) 」

忘れられなくて (原題: Unforgettable)の写真

アレサは「タイム」の取材を受ける。表紙を飾るも掲載された内容はスキャンダラスなものとなっていた。それが原因でテッドとの仲が最悪となり、納得した歌も歌えなくなってしまうアレサ。ついにテッドとの離婚を決心する。アレサが生まれる前、C・Lと妻のバーバラはナッシュヴィルで布教生活を送っていた。だが、C・Lが少女を妊娠させるという事件が。C・Lを家から追い出したバーバラだったが、アレサが生まれ懺悔するC・Lを許す。

第5話

「 プロテスト (原題: Young, Gifted And Black) 」

プロテスト (原題: Young, Gifted And Black)の写真

テッドと別居を始めたアレサは、ケン・カニンガムと出会う。黒人の人権問題の事件や活動家に刺激されプロテストアルバムを作ると宣言する。政治色の強さを懸念するジェリーに対し、アレサはアルバムにプロデューサーとしてクレジットされない憤りをぶつける。アルバムは大ヒットする。アレサが9歳の時、バーバラはC・Lの浮気に耐えられず、子供たちを連れて行くことを許されないまま1人で家を出る。ある日、母の訃報が届く。

第6話

「 アメイジング・グレイス (原題: Amazing Grace) 」

アメイジング・グレイス (原題: Amazing Grace)の写真

アレサはクリーブランド牧師を訪ね彼の教会でゴスペルのライブアルバムを作りたいと伝える。C・Lの教会を使わないことを心配する彼に父親に関わってほしくないと訴える。ジェリーはアルバムには賛成するももっと大きな教会での録音、さらに映画化を提案する。ライブは成功し、不朽の名盤「アメイジング・グレイス」が世に出る。第2子妊娠をC・Lに知られたアレサは退学させられ、C・Lの教会で初アルバムのレコーディングをする。

第7話

「 チェイン・オブ・フールズ (原題: Chain of Fools) 」

チェイン・オブ・フールズ (原題: Chain of Fools)の写真

音楽の流行はディスコへと移るがアレサはスタイルを変えない。そんな時、ジェリーがアトランティックを去る。アルバムが売れずに焦るアレサは妹のソロのチャンスを奪ってしまう。アレサは俳優業にも進出、演技レッスンでグリンと知り合う。確実と言われたグラミー賞を逃し落ち込むが、グリンにアリスタの創設者クライヴに紹介される。音楽と改めて向き合うアレサはディスコソングのライブを成功させる。同じ頃、C・Lは強盗に襲われる。

第8話

「 誰も眠らずに (原題: No One Sleeps) 」

誰も眠らずに (原題: No One Sleeps)の写真

アレサは昏睡状態の父を看病しながらどれほど大きな存在かを知る。2度目の離婚と父の死という大きな喪失を抱えながらも、キャリアを前進させようと音楽的に新しいチャレンジを試み、成功を収める。アリスタ・レコードに移籍し、プロデューサーのクライヴ・デイビスの協力のもと、順調に成功を収めていくアレサ。そして第40回グラミー賞授賞式での伝説的なパフォーマンスで「ソウルの女王」としての存在感を確固たるものにする。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に