ナショナル ジオグラフィック

シカゴ:変貌する大都市の実態

原題: City So Real
シカゴ:変貌する大都市の実態の写真

放送予定

21.03.16 20:00
第1話 シカゴへようこそ (原題: Welcome to Chicago) [字]
21.03.16 21:00
第2話 血の騒ぎ (原題: Blood Sport) [字]
21.03.16 22:00
第3話 候補者へ、敬意を持って (原題: With All Due Respect to the Candidate) [字]
21.03.23 20:00
第4話 決選投票 (原題: If You Want to Break the Machine) [字]

番組内容

2度のアカデミー賞ノミネート経験をもつスティーヴ・ジェームズが、⾧年の制作パートナーであるサーク・パイパーとともに大都市シカゴの素顔に迫る。歴史的選挙となった2019年のシカゴ市⾧選では、多様なバックグラウンドをもつ史上最多の候補者たちが、禁じ手なしの激戦を繰り広げた。2人はこの選挙を背景にシカゴの魅力的かつ複雑な実態を浮き彫りにし、アメリカの代表的都市に息づく精神を多角的に描き出していく。バラク・オバマ元米大統領による2020年のベスト映画・テレビにも選出された話題作。

予告編

■60分×5話

エピソード

第1話

「 シカゴへようこそ (原題: Welcome to Chicago) 」

市長選を数ヵ月後に控えたイリノイ州シカゴで、黒人の少年ラクアン・マクドナルドが白人の警察官ヴァン・ダイクに16回撃たれ死亡した。この事件にアフリカ系市民が強く反発し、現職のエマニュエル市長は今期限りでの退任を発表。するとクック郡長プレックウィンクルを始め多くの候補者が出馬を表明し、激しい戦いが始まった。若手候補もSNSなどを活用し奮闘する。一方、ヴァン・ダイクは殺人罪に問われ、裁判が行われる。

第2話

「 血の騒ぎ (原題: Blood Sport) 」

黒人少年が白人警官に撃たれ死亡した事件の裁判が行われ、被告人ヴァン・ダイクの有罪が確定した。一方で市長選の候補者たちは、出馬の条件である請願書の提出に挑む。無事に提出しても安心はできない。ライバル候補に請願書の不備を申し立てされれば、立候補できなくなる可能性もあるからだ。このプロセスを利用して、さっそく候補者間の潰し合いが始まった。シカゴの選挙は、まさに血の争いと呼ぶにふさわしい激戦だ。

第3話

「 候補者へ、敬意を持って (原題: With All Due Respect to the Candidate) 」

市長候補とつながりの深い大物市会議員エド・バークが起訴された。このスキャンダルを材料に、ローリ・ライトフットとトニ・プレックウィンクルは激しい舌戦を繰り広げる。請願書に対する異議申し立て手続きも続行中。申し立ての取り下げで救われる候補もいれば、立候補を断念する候補も。年明けには期日前投票がスタート。支持率調査ではプレックウィンクルが首位に立つものの、全市民の25%は投票先未定であり、勝敗は読めない。

第4話

「 決選投票 (原題: If You Want to Break the Machine) 」

投票日を数週間後に控え、選挙戦はラストスパートに突入。教会に多額の寄付をしたり、有権者の自宅を訪問したり、票集めの方法はさまざまだ。そして、ついに迎えた投票日。決着は決選投票にもつれ込み、地道な選挙活動で支持を拡大したライトフット候補が、本命と目された大物政治家プレックウィンクル候補を破って波乱の選挙戦は幕を閉じた。しかし、選挙に勝つことはゴールではない。新市長の前には多くの課題が山積みだ。

第5話

「 飛び火 (原題: You Gotta Make It or You Gotta Take It) 」

市長選から1年後。新型コロナウイルスの流行に見舞われたシカゴでは、ライトフット新市長が強いリーダーシップで街を引っ張り市民に高く評価されていた。しかし、黒人男性ジョージ・フロイドが警官による暴行で死亡した事件をきっかけに、にわかに人種間の緊張が高まり警察への批判も再燃。略奪行為や警察と市民の衝突が発生し、市長の自宅にもデモ隊が迫る。ライトフットは、分断されたシカゴに対話を散り戻せるのだろうか。

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に