コンティネント7:南極大陸

原題:Continent 7: Antarctica

番組内容

青き地球の果て、そこに秘密が隠されていた。
地球上の大陸の中で最も厳しい自然環境を有する南極大陸。この氷で閉ざされた世界では地球の過去と未来に関わる調査が行われている。

この地で調査を行うには、南極で活動する人々の生命と安全を守るための専門家サバイバル・エキスパートの力が必要不可欠だ。極寒の地で危険と隣り合わせになりながらも、地球の未来を救うために力を合わせて奮闘する科学者とサバイバル・エキスパートたちの姿を追う。

みどころ:極限の生活
舞台は南極観測基地スコット基地(ニュージーランド管轄)。-73℃の世界では、火を点けたところで、すぐに雪に変わってしまうほど過酷な世界だ。そんな状況下では人間は3分間しか生き延びることはできない。例え生き延びたとしても、じっとしているだけで1日に5000ものカロリーを消費してしまう。さらに時速321kmの風が吹く環境では大型トラックは空を舞い、飛行機は墜落してしまう。1%に満たない湿度しか無いのが要因で、呼吸する度に体内から水分が失われていく。

「選択を間違えば、即座に命を落とす」 登場人物のひとりが漏らした言葉だ。常に危険が隣りあわせの状態では、環境さながら己の精神状態も極限状態に陥るのを想像するのは容易い。一寸先は闇。踏み出そうとしているその空間が、命とりかもしれない。吹き付ける強風は、冷え切った気温のせいで白いクリスタルのごとく色付き、壁の様に目の前へと迫ってくる。眠気が襲ってきたときには、朝を迎え目をまた開くことができるのだろうか?と考えながら床につく。この状況に自分が置かれるとなれば、ほとんどの人は躊躇し、旅立つことを拒否するだろう。しかし、この番組に出てくる人物たちには科学的調査という、孤高ではあるが尊敬に値する理念がある。彼等が過ごす極限の生活、時折姿を見せる野生動物達、そして世界をより良くしようと命を懸けて働く人々の姿を目に焼き付けて欲しい。




■60分x6話