裏偉人伝:時代の反逆者たち

原題:I Am Rebel

番組内容

反逆者、異端者、変革者。本シリーズは、社会のルールを無視した行動によって世の中に大きな影響を与えた人々の足跡を追うドキュメンタリー。ニューヨーク初の「犯罪写真家」や、自宅の実験室でMDMAを初めとする幻覚剤の合成を行った化学者など。専門家や歴史家、知人、さらには本人の証言をもとに、スタイリッシュでサスペンスに満ちた映像を駆使し、歴史の反逆者たちが社会に与えた影響に迫る。

■60分×4話

ココが見どころ

己の感性を信じ、社会の風潮に流されなかった男達の生き様を見よ!
死体をシネマチック、そしてドラマチックに取った殺人現場フォトグラファー。
「ウィージー」
新聞に自分が取った死体の写真が載ることに快感を覚えた彼。犯罪現場を収集することに、のめり込んでいく。直に事切れた体をグロテスクなほどに美しく捉えたウィージーの写真家、そして芸術家としての腕は評価され、NY1の写真家として知られることになる。ただ息をしているような犯罪の現場を被写体として収める為なら彼に社会のルールなど無関係だった。どんなことをしてでも、死体を芸術的に取るためなら手段は問わなかったのだ。
自分自身が実験台。サイケデリックドラッグを作り出した鬼才科学者
「アレクサンダー・シュルギン」
数百種類ものデザイナードラッグを開発した天才科学者。彼の作り出したドラッグは彼自身によってテストされ、体と心に及ぼす影響を記していった。しかし彼のドラッグ・フォーミュラがストリートビジネスに利用された時、社会レベルの問題が起き始める。自らが作り上げたドラッグに愛情を注ぎ、尊敬の念と共に使用していたシュルギンは、自分が作り出してしまったドラッグが売りさばかれることにより増えていく中毒者と社会問題に心を痛めていた。しかし、彼もある意味「パイオニア」であることに中毒的快感を覚えていたのか、合法と違法の境目を彷徨いながら、新しいドラッグを作りたいという欲望にあらがえなくなっていた。