世界初!恐竜大解剖

原題:T. rex Autopsy

番組内容

えっ!? 生身のティラノサウルスを解剖!?
世界初!恐竜大解剖

精巧に再現された大型恐竜を大解剖!新感覚で生態を明かす!
最新の調査を元に忠実に復元された全長14メートルの「ティラノサウルスの標本」
内臓や筋肉の構造まで本物そっくりに制作されており、今にも動き出しそうな巨大恐竜を実際に解剖!
獣医師と3人の古生物学者が太古に存在した最も悪名高き捕食動物を解剖学的、生物学的に解明していく博物館で骨を見るだけでは伝わらないスケール感!
専門家が実際に解剖しながら、それぞれの部位の特徴等を説明するので、恐竜の生態を新たな刺激を加えながら学べる。

☆★☆★☆

獣医のルーク・ギャンブル医師と3人の古生物学者、スティーヴ・ブルサッテ博士、トーリ・ヘリッジ博士、マシュー・モスブルッカー博士が解剖学的に正確な実物大のティラノサウルス・レックスを世界で初めて解剖し、体のしくみを視覚的に解明していく。このティラノサウルス・レックスは、最大かつ最も完全な化石「スー」をもとに復元された。臓器は古生物学者と解剖学者たちが、最新の科学知識と研究成果を駆使して作りあげた。

■[二] 120分

ココが見どころ

見どころ_1
番組では最新の調査を元に、特殊技術会社によって制作された、全長14メートルものティラノサウルスをスタジオに用意。専門家が、内臓や筋肉の構造まで本物にそっくりに制作された「恐竜標本」を解剖しながら、それぞれの部位がティラノサウルスの生活にいかに重要だったかを解説します。

見どころ_2
実物大のティラノサウルスは、制作費約6000万円、作業時間はのべ1万時間!130リットルもの血のり、から胃の中の胃液までをも再現したこの恐竜標本は精巧さへの妥協を許さない。

見どころ_3
実物大のティラノサウルスを制作したのは、特殊技術界では知らない人がいない職人ジェズ・ギブソン・ハリス。 映画『スター・ウォーズ』のジャバ・ザ・ハットの生みの親でもある。他にも映画『ロスト・ワールド』やBBC『ウォーキング with ダイナソー』などを手掛けている。

~恐竜トリビア~
★現在地上最強の顎を持つイリエワニの噛む力の推定約6倍(5800キロ)
★最高速は時速40キロ(人類最速ウサイン・ボルトは時速43キロ)
★寿命は約28年(リクガメは約188年)
★一口のサイズは肉225キロ分(ハンバーガー約1000個)
★胃袋の大きさは一般的な4歳児と同じ程の高さ。(直径は1メートル)
★目玉の直径は約9-12cm(グレープフルーツ程)
★心臓の大きさは小型の冷蔵庫なみ
★鳴き声は不明だが、ライオンのような咆哮ではない。(ワニやダチョウに似ているとの説が有力)
★歯の大きさは成人男性の前腕ほど(30cm)

見どころ_4
ナレーターには大塚 明夫さんを起用!
番組のナレーターに、「METAL GEAR SOLID」シリーズのスネーク役などでお馴染みの声優、大塚 明夫さんを起用!

大塚 明夫(おおつか あきお)
声優、ナレーター。

【代表作】
■アニメ
「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX / S.A.C 2nd GIG」(バトー)「ブラック・ジャック」シリーズ(ブラック・ジャック)「機動戦士ガンダム0083」 シリーズ(アナベル・ガトー)

■ゲーム
「METAL GEAR SOLID」シリーズ (スネーク)

■外画
アントニオ・バンデラス、スティーブン・セガール、デンゼル・ワシントン、ニコラス・ケイジ出演作品「ER 緊急救命室」(ピーター・ベントン役)

公式twitterアカウント(@AkioOtsuka