ナショナル ジオグラフィック

大戦を左右した伝説の奇襲作戦

原題: Wwii's Greatest Raids
大戦を左右した伝説の奇襲作戦の写真

放送予定

20.12.21 13:00
 ノルマンディー上陸作戦: レンジャー部隊(原題:Rangers Lead The Way) [二]
20.12.22 13:00
 特殊山岳部隊ブラックデビル(原題:Mountain Massacre) [二]
20.12.23 13:00
 ルーデンドルフ橋奪取作戦(原題:Hitler's Last Bridge) [二]
20.12.24 13:00
 英軍精鋭部隊 空からの強襲(原題:Strike From The Sky) [二]

番組内容

連合軍の勝利の裏に隠された伝説の奇襲作戦を、参戦した隊員の証言を元に完全再現!

第二次世界大戦下、ヒトラー率いるドイツ軍はヨーロッパ全土を占領しようともくろむ。これを何としても阻止すべく連合国軍は立ち上がった。ドイツ・イタリアをはじめとする枢軸国軍と英米仏などの連合国軍の戦いが激しさを増す中で、歴史の流れを変えた精鋭部隊の活躍があった。このシリーズでは、彼らが命懸けで携わった特殊作戦を詳細に分析し、専門家による解説や当時の隊員たちの証言を交えながら紹介する。

「大戦を左右した伝説の奇襲作戦」 みどころ
敵の真っただ中に降り立つ隊員を待ち受ける過酷な戦いの全てを公開
敵でさえ登頂不可能とされた山を夜に登る。暗闇の中、特殊グライダーで敵前線の裏側に強行着陸する。圧倒的に数で上回る敵防衛線を船一隻で正面から突破する等、どれも無謀に聞こえる作戦。数や装備で圧倒する敵軍に挑み、味方の勝利のために命を懸けた隊員の証言を元に、過酷な戦場が蘇る。
戦術や戦法、装備など、奇襲作戦の全てを徹底解説
味方の軍の勝利の為、綿密に練られた作戦をCGを用いて紐解く。
特別に集められたのは兵士だけでない。大戦の勝敗を左右する重要な作戦として特殊部隊に支給された携帯型の対戦車砲、白兵戦用の軍用ダガー等、作戦成功に一役買った特殊装備も紹介する。
現代戦にも引き継がれる特殊部隊の意思
現代でも最前線で活躍する特殊部隊である、アメリカ軍のレンジャー部隊やイギリスのSAS降下特殊部隊。これらの部隊が一躍有名になるきっかけとなった作戦を紹介。選りすぐりの兵士で組織され、不可能を可能にする彼らの勇士と、無謀とされた作戦成功の裏側に迫る。


■60分x6話

エピソード

「 ノルマンディー上陸作戦: レンジャー部隊(原題:Rangers Lead The Way) 」

史上最大規模で展開されたノルマンディー上陸作戦。1944年6月6日に総勢156,000人の連合国軍兵士が各海岸を目指した。その中に含まれていたのが、ジェームズ・アール・ラダー中佐率いるアメリカ陸軍第2レンジャー大隊だ。彼らの任務は主要な上陸部隊が到着する前に、ユタとオマハの両海岸の間に位置するオック岬にあるドイツ軍の要塞を攻略することだった。彼らは一体どんな方法で断崖の上に築いた要塞に攻め入ったのか?

「 特殊山岳部隊ブラックデビル(原題:Mountain Massacre) 」

「ブラックデビル」はアメリカ軍とカナダ軍が合同で結成した山岳部隊だ。隊員たちはまもなく初の実戦を迎えようとしている。極寒のイタリア山中で夜間強襲作戦を行うのだ。暗闇の中、高さ60メートルの断崖絶壁を登り、塹壕に立てこもるドイツ兵を急襲する。目指すはモンテ・ラ・ディフェンサの制圧だ。ここを押さえればローマへのルートが開ける。連合国軍がイタリア戦線を制覇できるかどうかはブラックデビルの活躍にかかっていた。

「 ルーデンドルフ橋奪取作戦(原題:Hitler's Last Bridge) 」

西からドイツの首都ベルリンを目指すアメリカ・イギリス連合軍。彼らの前にはライン川が天然の要害として立ちはだかっていた。1945年3月7日、レマーゲンの町へ進軍してきたアメリカ第27機甲歩兵大隊A中隊はライン川にかかるルーデンドルフ橋が無傷で残っているのを発見する。アメリカ軍は対岸に橋頭堡を築くべく橋の奪取作戦を開始。爆弾が仕掛けられ、敵の狙撃隊も待ち受ける橋へ第27機甲歩兵大隊A中隊が勇敢に立ち向かった。

「 英軍精鋭部隊 空からの強襲(原題:Strike From The Sky) 」

ノルマンディー上陸作戦の前夜、イギリス軍の軽歩兵連隊「オックスアンドバックス」が、軍用グライダーに乗って2つの橋を急襲しようとしていた。この急襲が失敗すれば、上陸部隊の侵攻は行き詰まり、再び海に押し返されてしまうかもしれない。逆に成功すれば、ヨーロッパ大陸における連合国軍の足がかりができ、ベルリンへの道が見えてくる。果たしてオックスアンドバックスは屈強なドイツ兵を倒し、2つの橋を制圧できるのか?

「 リビア砂漠のSAS英軍特殊部隊(原題:Sas Vs Rommel) 」

1942年、イギリス軍は北アフリカ戦線でドイツの戦車軍団に苦しめられていた。戦局を変えるには前線への物資補給路を断つしかない。そこで特殊部隊によるエジプトのドイツ空軍飛行場急襲作戦が実施される。それは夜の闇の中ジープで砂漠を縦断し、飛行場に乗り込み航空機を破壊、追手の目を逃れて戻ってくるという過酷かつ危険極まりないものであった。デビッド・スターリング少佐率いる精鋭部隊、L分遣隊は決死の覚悟で作戦に臨む。

「 サン=ナゼール強襲(原題:Commando Do Or Die) 」

1942年、イギリス軍のコマンド部隊は大胆極まりない強襲作戦に挑んだ。爆薬を積んだ老朽駆逐艦を、フランスのサン・ナゼールにあるドイツ軍のドックに突っ込ませるというものだ。ここを破壊すれば、ドイツ軍の誇る巨大戦艦は修繕ができなくなり、大西洋の覇権をめぐる戦いはイギリス軍に有利に傾くだろう。ドイツの軍艦に偽装した駆逐艦が敵陣の真っただ中に侵入していく。果たしてこの前代未聞の強襲作戦は成功するのだろうか?

この番組をシェアする

視聴方法

WATCH NAT GEO

地球の今 わたしたちの未来
知り、驚き、感動する世界最高峰のドキュメンタリーをもっと身近に