摩訶不思議な生き物の世界

原題:Wonderfully Weird

番組内容

地球には、奇妙で不思議な生き物たちが数多く生息している。そんな驚くべき生き物たちの生態を、美しい映像で紹介するドキュメンタリー。番組で取り上げるのは、独自の美しさを誇るもの、驚きのサバイバル術を駆使するものたちだ。日常生活では決して目にすることができない、独自の進化を遂げた生き物たちを、世界中の国々から紹介する番組である。

動物トリビア【コレ知ってた?】
モンハナシャコ
・色とりどりで、目立つ体をしているモンハナシャコ。見た目に美しいが、小さな体には驚きの生態が隠れていた。まずは、頭からまるで触角の様に飛び出ている目。片方ずつを自由自在に操る事が出来る。つまり、右目は上を見ながらは、左は下を見る、なんて事が可能なのだ。
・お腹が減ったモンハナシャコは、獲物を見つけると前足を使って強力なパンチを繰り出す。なんとパンチのスピードは、人間の瞬きをする速度の50倍! 貝殻なんて簡単に破壊できる威力を持つのだ。
・見た目の美しさからいえば、世界でもトップレベルを争うであろうモンハナシャコ。しかし、実は実際に世界一の能力も持っている。それは世界一の色覚。地球上どの生物よりも、感知できる色が多いのだ。

グラスフロッグ
・グラスフロッグというこのカエル、透な肌を持つ実に珍しいカエルだ。シースルーの体からはなんと、内臓や心臓までが透けて見える。とても不思議で、とても美しい姿をしている。
・小さい体をしているが、闘争本能はきちんと持っている。特にそれが顕著に現れるのは、卵を守っているとき。卵を狙った敵が近づくと、足を使って器用にキックを繰り出す。そのコミカルな様子から、ニンジャ・フロッグなどと呼ばれることもあるようだ。

ヘビクイワシ
・体調が1.2メートル以上にもなる、鳥類。飛ぶことは出来るが、歩いたり走ったりするのが得意なこのヘビクイワシ。その為か脚はなんと、蛇に噛まれても大丈夫なほどに頑丈だ。
・ヘビクイワシの狩りの様子は、鳥類にしてはとても珍しい。なんと羽を大きく広げて獲物を追い詰め、逃げ場がなくなったところを脚で踏みつけ、息の根を止めるのだ。

■二ヶ国語
■30分/2話