• HOME > 
  • 番組検索 > 
  • 特集 > 
  • アニマル・ファイト・ナイト

アニマル・ファイト・ナイト

番組内容

5月15日(月)~5月26日(金)
月曜日から金曜日 19:00-20:00
5月25日(木)21:00放送開始のアニマル・ファイト・クラブ4を祝して、アニマル・ファイト・クラブシリーズでも記憶に残る闘いを記録しているエピソードを一挙放送!

元祖アニマル・ファイト・クラブ
5月15日(月) 19:00-20:00
動物が戦うにはさまざまな理由がある。しかし正当な理由もなく戦うことはまれである。縄張りを守る、食料を確保する、つがいの相手を得るなど。それぞれの種には独自の武器と戦闘法がある。体格の大小にかかわらず、すべての生き物にとって生きることは闘争であり、戦う理由には際限が無く、なかには戦いのなかで一生を過ごすものもいる。(二ヶ国語)

アニマル・ファイト・クラブ「アメリカ闘争劇」
5月16日(火) 19:00-20:00
アメリカを代表する野生の生き物たち。もし彼らが仲間同志で争ったら? アメリカ西部における最強かつ残忍な真剣勝負。イエローストーン国立公園の極寒の荒野で、ソノラ砂漠の灼熱の太陽の下で、オオカミは復しゅう劇を繰り広げ、バイソンはヘビー級の戦いを行う。ガラガラヘビは格闘で絡み合い、愛らしいプレーリードッグでさえも邪悪な側面を見せる。かつて類をみない、荒々しくて、記憶に残る、野生動物の闘争劇に迫る。(字幕)

アニマル・ファイト・クラブ2「極限の地の一騎打ち」
5月17日(水) 19:00-20:00
今回は動物の仲間同士が厳しい環境下で激しく闘う姿をリングサイドで観戦。極寒のシベリアではイヌワシが乏しい食料を巡って闘い、タンザニア連合共和国のセレンゲティ国立公園ではヒョウが互いに噛みつき闘う。さらに3000メートルを超える山の上ではマーコールが死と隣り合わせの環境で闘い、砂漠ではヒヨケムシが生き残りを掛けての死闘を繰り広げる。厳しい環境が厳しい闘いを招くのだ。(字幕)

アニマル・ファイト・クラブ2「陸の覇権を巡って」
5月18日(木) 19:00-20:00
今回の死闘の舞台は陸地。またしても仲間同士の闘いを間近で観戦する。壮絶な戦いが繰り広げられる。子供の食糧を確保するため縄張りを巡って闘うアナグマ。家族を守るため日にちをまたぎ命懸けで闘うカバ。まるで戦争のように集団で他の群れと闘う砂漠のアリ。意中のメスを巡って闘うクワガタムシ。さらには生き残りをかけて闘うシチメンチョウまで。陸地での闘いも勝敗がつくまで終わらない。(字幕)

アニマル・ファイト・クラブ3「アリ抗争」
5月19日(金) 19:00-20:00
アフリカのサバンナで1頭のヒョウが4頭のメスライオンに囲まれた! この絶体絶命のピンチに、ヒョウはプロの格闘家も顔負けの戦法を繰り出す。アフリカ東部のケニアではアリがシロアリの巣を襲撃。だが通路が狭すぎてお得意の集団攻撃ができない。果たしてお目当ての女王アリにまでたどりつけるのか? アメリカのフロリダでは、なんとゴルフコースでオスのワニ同士の対決が勃発。こう着状態の後、ついにデス・ロールが炸裂する!(二ヶ国語)

アニマル・ファイト・クラブ3「縄張り争い」
5月22日(月) 19:00-20:00
今回は世界各地から、かつてない至近距離でとらえた大迫力の決闘を届ける。極寒の地から南下する中、血統争いのために互いに恐ろしい角を突き合わせるトナカイ。おいしそうな子ギツネを見つけるが、我が子を守ろうとする父ギツネと決死の闘いに突入する、イエローストーン国立公園のアナグマ。どちらかが息絶えるまで終わらないデスマッチを繰り広げる、タイの熱帯魚ベタ。怒れる動物たちが"ファイト・クラブ"で大暴れする。(二ヶ国語)

アニマル・ファイト・クラブ3「巨大動物たちのバトル」
5月23日(火) 19:00-20:00
巨大動物たちが、おのおのの武器を駆使して繰り広げる激戦にスポットを当てていく。いかなる動物にとっても過酷な環境であるアフリカのサバンナ。そこでは貴重な水場を巡って、ゾウのオス同士が牙や鼻を武器に大迫力の戦いを展開する。一方、北極圏では縄張りを巡り、巨大なホッキョクグマ同士が血まみれになりながら戦う。地上最大級の動物たちが見せる血沸き肉躍るバトルからは、片時たりとも目を離すことができない。(二ヶ国語)

アニマル・ファイト・クラブ3「ルールなき戦い」
5月24日(水) 19:00-20:00
どの野生動物にとっても生存競争は過酷だ。陸地では猛獣のクマやサイが、水中ではワニやサメが、空ではカラスや小さなトンボまでが死闘を繰り広げる。戦場となるのはアフリカの大地やオーストラリアの海岸、フランスの空、田園地方から大都会まで世界中のあらゆる場所。餌や縄張り、そして交尾相手を懸けて、同じ仲間同士あるいは親兄弟、時には食物連鎖の頂点に立つ捕食者同士が競い合う。命懸けの戦いにルールなど存在しない。(二ヶ国語)

アニマル・ファイト・クラブ3「極寒の森の熱き闘い」
5月25日(木) 19:00-20:00
アメリカ大陸を始め日本、アフリカなど様々な場所で、高い凶暴性を持つ動物たちが対決する。群れを率いるボスの座を賭け、闘牛たちが1対1の闘いに挑む一方、北アメリカの森に生息するネコ科の肉食動物、ボブキャットとカナダオオヤマネコは縄張りをめぐり必死に闘う。また、ソノラ砂漠では肉食の野ネズミが世界最大種のムカデと食うか食われるかの激闘を繰り広げる。時に宙を舞い、戦略を駆使した闘いは禁じ手なしの大勝負だ。(二ヶ国語)

アニマル・ファイト・クラブ3「ワニの脱出大作戦」
5月26日(金) 19:00-20:00
どんな動物の群れにも、頭のネジの外れた変わり種がいるものだ。例えばあるナイルワニは、カバの子供を狙って無謀にも群れの中心に飛び込んでいった。果たして無事に生還できるだろうか? シロサイ対アフリカスイギュウ、ハイイログマ対ピューマの体重無差別バトルも見逃せない。やはり体重に勝る方が順当に勝つのか? それとも番狂わせが起こるのだろうか? 永遠のライバル、インドコブラとインドマングースのバトルも必見だ!(二ヶ国語)