王者オオトカゲ

原題:Lizard Kings

番組内容

ドラゴンのような姿、鋭い歯、獲物を引き裂く爪、ムチのような尾。
そしてこの動物は強いだけでなく発達した知能を備えた最高位の捕食者なのだ。

彼らは狩りをしながら学び、頭を使って獲物を追う。
まるで大きな脳を持つほ乳類のようだが、この狡猾なハンターは爬虫類であり、恐竜が地球を闊歩していたころに進化した種族、オオトカゲだ。

彼らはトカゲ界のキングと呼ばれ、現在生息するトカゲの中で最も大きく、体長3メートルにもなるコモドオオトカゲから20センチしかない小型のトカゲまで、様々なトカゲが属している。

ゾウとネズミほどの大きさの違いが同じ種類の動物の中に存在するのは、陸上の動物では珍しい。他の爬虫類と同じで、オオトカゲは冷血動物で、卵を産み、ウロコ状の皮膚を脱皮するが、圧倒的に知能が高い。

番組ではほ乳類なみに賢いオオトカゲの行動を観察する。