【2018年1月】特集:今を読み解く、過去の歴史

番組内容

1月6日(土)~1月7日(日) 土曜日~日曜日 16:00~19:00
▼ 1月6日(土)番組ラインアップ ▼
LA 92
1月6日(土) 16:00~18:00
1991年3月3日。黒人のロドニー・キングはスピード違反を犯し、カーチェイスの末に車から引きずり降ろされ、殴る蹴るの暴行を受け重傷を負った。一部始終をとらえたビデオテープに映っていたのは、無抵抗になったキングに警棒を何度も振り下ろす白人警官たちの姿。ビデオは公になり警官たちは起訴されるが、翌年無罪に。この事件や当時の人種間の緊張状態に端を発し、虐げられてきた黒人たちの怒りが爆発。最悪の大暴動が始まる。(二ヶ国語)

ライバルが暴く 真実と秘密「ドナルド・トランプ」
1月6日(土) 18:00~19:00
ドナルド・トランプ。億万長者の不動産王は今やテレビ番組の人気者でもある。自由や人権をないがしろにする数々の暴言にも関わらず、アメリカ人の不満を率直に代弁してくれるとして彼を信奉するファンは決して少なくない。一方で資産を実態より大きくみせることで「金持ちキャラ」を演出しているという証言もある。過激な言動は計算かそれとも素顔か。単なる実業家の枠を越えポップカルチャーのアイコンになった男の虚像と実像。(字幕)

▼ 1月7日(日)番組ラインアップ ▼
レストレポ ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録~
1月7日(日) 16:00~18:00
『レストレポ』はアフガニスタンのコレンガル渓谷に駐留するアメリカ軍小隊に密着した長編ドキュメンタリー。カメラが潜入したのは15名の兵士が配置されたレストレポ前哨基地。レストレポとは戦死した衛生兵の名だ。これは兵士の日常を追った完全に実験的な映画である。カメラは最初から最後まで渓谷を離れず、将軍や外交官のインタビューも登場しない。観客は戦争の真実を目の当たりにする。(字幕)

新 潜入!北朝鮮
1月7日(日) 18:00~19:00
2006年、ナショナルジオグラフィックの記者リサ・リンが医師団の一員を装い北朝鮮に潜入。閉ざされた独裁国家の暮らしを取材した。その後、北朝鮮では金正日が死去し、息子の金正恩が権力を継承。現在は核を保有し、軍事開発を着々と進めている。番組ではリサの取材を振り返ると共に、現在の北朝鮮に迫る。さらにリサの妹ローラ・リンも登場し、北朝鮮当局に拘束され、クリントン元大統領に解放交渉を要請した経験を語る。(字幕)