プーチン大統領が語る世界

原題:The Putin Interviews

放送予定

2017/12/17  17:00
 スノーデン事件を語る [字]
2017/12/19  22:00
 スノーデン事件を語る [字]
2017/12/24  17:00
 近隣諸国との関係 [字]
2017/12/26  16:00
 少年から大統領へ [字]

番組内容

アカデミー賞監督賞受賞監督オリヴァー・ストーン。彼が臨むのは、前代未聞のウラジミール・プーチン大統領とのインタビュー。二年間で十回以上もの対談を重ねた。しかも対談内容は、フリー・トピック。何でもありの状態でだ。全4話の衝撃的本作では、プーチン大統領の政治的観点から見た人生、そしてプライベートな人生観までを露わにしている。彼の幼い頃の思い出、彼が政治家として権力を持つまでの経路、歴代のアメリカ大統領達との関係、そして現状、彼が考える米露の関係性まで全てを語っている。

■字幕
■60分/4話

ココが見どころ

見どころ1 不思議な魅力?ウラジミール・プーチン
ウラジミール・プーチンは2000年に大統領に就任して以来、事実上一貫してロシアの最高権力者の座にある。退任後も自らの地位を保全してくれる後継者に悩むエリツィンの信任を得たことで一気にトップに登りつめた人物だ。彼は冷徹な現実主義でロシアを再興に導く強い政治家か、それとも政敵の暗殺もいとわない恐怖の独裁者か。

見どころ2 大物監督、オリヴァー・ストーン
ウラジミール・プーチンとの対談インタビュー。それは簡単に手に入るような機会では無い。正に未曽有の出来事だ。しかし、これを可能としたのがオリヴァー・ストーン監督だ。1986年には「プラトーン」でアカデミー賞監督賞、ベルリン国際映画賞監督賞を受賞。また1900年には「JFK」にてゴールデン・グローブ監督賞を受賞している。受賞している作品から見ても、監督が政治に強い関心を抱いている事は顕著だろう。彼の有識者としての知見、そして映画監督としての知見+ウラジミール・プーチンの冷静沈着物腰。
2人の会話の間に発生する化学反応は想像を超えていく。