地獄の地図 悪しき魂が集う闇

原題:MAP of HELL

放送予定

2017/10/29  04:00
  [二]

番組内容

生きているうちに“地獄”を見てみたくありませんか?
「悪人が死んだらどこに行くのか?」―ダニー・トレホが問う。70%のアメリカ人は、地獄は実際に存在すると信じているのだが、そこでトレホが地獄を探しに地図を広げる。
古代ギリシャからキリスト教の誕生、中世ヨーロッパから現代アメリカまでの歴史を振り返り、実際に存在し、地図上では地獄の一部だと考えられている地域を訪れ、鳥肌もののCGを駆使して恐怖の地獄を再現する。

■二ヶ国語
■120分/全1話

ココが見どころ

悪人の定義
アメリカの人工のうち70%もの人が地獄は実際にあると信じているらしい。
人々は口を揃える。ヒトラーやオサマ・ビンラディンのような悪人が地獄に落ちるのだと。
この番組では様々な地獄を紹介するが、この人物は地獄に落ちるべきだ、と心の底から思えるような悪人、あなたは思いつきますか?

地獄のルーツ
現代の地獄のイメージの元となったと言われている、古代ギリシャを生きたプラトンの考えた地獄。
善人が痛い目を見て、悪人が良い思いをする俗世に対する警告として想像された世界。
そこに堕ちた人間は、押し寄せる波と、肌を焼く溶岩流に翻弄され、目を覆いたくなるほどに恐ろしい姿をした悪魔から永遠に逃げる事が出来ない。
他にも様々な国の文化と歴史が反映された地獄の詳細が、リアルなCGと共に紹介されている。

実際に行ける地獄
まだ心臓が動いているあなたも、目が黒いうちに見に行ける地獄がある。
それは、イタリア、ローマ帝国の時代から言い伝えられている場所だ。なぜその場所が選ばれたのか?どうすれば、そこに辿りつけるのか?
気になるとは思うが、それは番組を見て確認してみて欲しい。