宇宙を知る~誕生から滅亡まで~ 宇宙を知る~誕生から滅亡まで~

日本の有人宇宙活動をもっと知る 日本の有人宇宙活動をもっと知る
JAXA宇宙飛行士 大西卓哉 JAXA宇宙飛行士 大西卓哉
  • LINEで送る
大西 卓哉

©JAXA/GCTC

大西 卓哉(おおにし たくや)
有人宇宙技術部門
宇宙飛行士運用技術ユニット 宇宙飛行士
大西 卓哉

©JAXA/GCTC

1975年
東京都に生まれる。
1998年3月
東京大学工学部航空宇宙工学科卒業。
1998年4月
全日本空輸株式会社入社。
2003年6月
全日本空輸株式会社 運航本部に所属。
2009年2月
JAXAよりISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として、油井亀美也とともに選抜される。 運航本部に所属。
2009年4月
JAXA入社。
2009年4月
ISS搭乗宇宙飛行士候補者基礎訓練に参加。
2011年7月
同基礎訓練を修了。
2011年7月
ISS搭乗宇宙飛行士として認定される。
2011年10月
米国フロリダ州沖にある米国海洋大気圏局(NOAA)の海底研究施設「アクエリアス」における第15回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO15)訓練に参加。
2013年11月
ISS第48次/第49次長期滞在クルーのフライトエンジニアに任命される。

大西卓哉 宇宙飛行士 独占インタビュー
ナショジオをご覧のみなさん、JAXA宇宙飛行士の大西卓哉です。宇宙の素晴らしさ、楽しさ、それから私たち宇宙飛行士が国際宇宙ステーションでどんな仕事をしているのか?また、どんな実験をしているのか?をなるべく分かりやすく皆さんにお伝えできたらなと思っています。また、日本の宇宙開発それから日本人宇宙飛行士の活動をぜひ注目してご覧頂ければと思っています。
鳥人間から宇宙飛行士へ
大学で航空宇宙工学を専攻し、そこで航空宇宙材料を研究していました。大学在学中に鳥人間コンテストに出場するサークルがあり、人力飛行機を作ってモノ作りの楽しさや、チームでひとつの目標に向かって行く楽しさを経験しました。その事がきっかけになり、航空会社にパイロットとして入社し、ボーイング767という旅客機の副操縦士を約6年間勤めていました。その後、航空会社に入社して10年くらいして、JAXAが10年ぶりに宇宙飛行士の採用試験を開始するというニュースを聞き、応募して無事に合格し宇宙飛行士として認定されました。

もともと子供の頃から宇宙は好きで、どちらかと言うと宇宙について勉強をしたい、研究をしたいと思っていました。学問的な興味が、少しずつ実用的な方に興味が移っていく内に、大学一年生の時にアポロ13号という映画を観ました。ロケットが打ち上がる時に地上にいる人たちが泣きながらロケットの打ち上げを見送るシーンがあるのですが、そこでいろんな人の思いや夢みたいなものを背負ってミッションに行く宇宙飛行士という仕事に興味を持ち、家に帰った時に母親に「宇宙飛行士になる」と言ったのが、宇宙飛行士を仕事として意識した最初でした。
宇宙と日本人
国際宇宙ステーションの開発には、非常に多くの国が参加しています。もともと宇宙開発と言えばロシアやアメリカという二大大国があり、その中で日本は独自の強みを生かして、米露に次ぐ第三の位置につけるような活躍をしていると思います。資源がそんなに豊かではない日本が、科学技術立国として世界でやっていくためには、すごくプラスのイメージとして働いているとも思います。
将来の宇宙ステーションの計画や、その先の宇宙探査の中でも日本が引き続き中心的な役割を担っていけたら、と思います。
宇宙飛行士とエンターテインメント
人間の原動力は探究心や好奇心だと思っています。自分の行った事のない場所に行ってみたいとか、こんな生活やこんな道具ができたらいいなとか、そういう想像力は私たちの文明社会を発展させてきた原動力だと思っています。そういったイマジネーションを刺激してくれるエンターテインメントは、大人にも子供にもすごく大事な要素だと思います。
宇宙飛行士が伝えたいこと
科学に興味を持ってもらう最初のきっかけとして、青少年を対象にした講師イベントは、なるべく多くやりたいと思っています。そのイベントで、宇宙飛行士の仕事に対して私たちがどういう生活をして、どういう仕事をしているかを子供たちに伝える事によって、その経験を通して、子供たちが宇宙を通じて科学に興味を持ってもらい、科学について勉強し、そして大人になった子供たちが宇宙だけではなく、いろいろな分野の研究者として技術者として活躍してくれると、それが日本という国全体の科学技術の底上げになると思っています。
宇宙を目指す人へ
自分の得意な事や好きな事は、誰でも頑張れると思うんです。宇宙飛行士になって振り返ってみて、自分を成長させてくれたのは、むしろ自分が嫌いな事、苦手な事を一生懸命に頑張ってきた経験の方が活きていると思っています。そういった意味では好きな事だけではなくて、嫌いな事や苦手な事を一生懸命やってほしいと思っています。

大西宇宙飛行士搭乗ソユーズ打ち上げ&ハッチオープン生中継
JAXAでは、国際宇宙ステーション(ISS)第48次 / 第49次長期滞在クルーの大西宇宙飛行士が搭乗するソユーズMS-01宇宙船(47S)の「打上げ」および「ハッチオープン・ISS入室」の模様を2015年7月にライブ中継を行いました。