この番組をリマインダーに登録

THE LIGHT ~中村修二が灯した光

― ナショナル ジオグラフィック ひかりTV 共同製作 ―

2014年、ノーベル物理学賞を受賞した中村修二教授に焦点をあて、これまであまり報道されてこなかった教授の素顔と、20世紀中の実現は不可能といわれ、夢の技術だった青色LEDの発明がもたらした真の意義に迫る貴重な密着ドキュメンタリー。

青色LEDの発明がもたらした真の意義に迫る

20世紀中に実現不可能と言われ、夢の技術だった青色LEDの仕組みを分かりやすく紐解き、この発明が持つ真の意義と次世代LED、そしてそれらが私たちの生活や地球に与える影響を紹介。明かりとしての光だけでなく、あらゆる分野における青色LEDの発明がもたらした功績、中村修二が灯した様々な光をお届けします。

ノーベル物理学賞受賞 中村修二教授の知られざる素顔

2000年から現在に至るまで工学部教授として勤めているカリフォルニア大学や、LED照明を手がけるベンチャー企業のSORAA社、移動する社内、故郷の愛媛での中学生への講演などにも密着!中村教授の今や子供時代の夢、未来への想いなど、これまで伝えられることのなかった一面が、たっぷり映像に収められています。

たった一度きりの人生で、中村修二が灯した光とは何か?そしてその真の意義について、この番組を通して是非一度、考えてみてはいかがでしょうか?

中村教授が尊敬してやまない二人との対談

一人目は中村教授が青色LEDの発明対価に関する裁判(通称:中村裁判)で、中村教授の弁護を担当し、教授が戦友と呼ぶ升永英俊弁護士。そして二人目は同じくノーベル物理学賞を1973年に受賞した江崎玲於奈博士。戦友の升永弁護士だからこその、そして研究者から教育者に転身した江崎博士ならではの、中村教授への思いが語られています。

番組内で語られているトピックスを一部ご紹介!

青色LEDの発明がもたらした真の意義

光る石LEDとは/さまざまな分野のLED/赤崎教授、天野教授、中村教授の功績/将来的なレーザー照明について/目指している究極の光

中村教授の素顔に迫る密着ドキュメンタリー

サンタバーバラの気候と散歩について/青色LED以降、苦労がしたくて米国に/子供の頃の夢/学生時代の仙人生活/種の保存と物作りについて/なんでも好きなことを見つけて欲しい/未来への想い

中村教授が尊敬してやまない二人との対談

升永弁護士との対談
発明と職務発明制度の価値/地球温暖化/太陽電池とLED


江崎博士との対談
江崎博士と超格子/結晶を作る難しさ/中村教授が青色を発明できたことについて/研究とリスク/Xチャート(45歳限界説!?)/研究者と教育者の違い/中村教授の今後