ライオン:プライドの誕生

原題:Birth of a Pride

番組内容

2000年、ボツワナのセリンダに棲むライオンは事実上、絶滅に追い込まれた。生き残ったのは2頭のメスのみ。2006年にこの地域で狩猟が中止されると、ナミビアから2頭のオスライオンがやって来て6匹の子供が生まれた。初めて水場を渡る時、危機が訪れる。2匹の子供が水に入ろうとしないのだ。こうして子供たちは成長し、狩りを学び、全員が大人になった。若いオスは父親に追い出され、自分のプライド(群れ)を持つまでになる。

■60分

コレ知ってた?