芸術の秋 特集

番組内容

9月 毎週日曜日 22:00~26:00
再放送:翌週(金) 4:00~8:00
秋といえば、芸術の秋!色とりどりの綺麗な生き物や、美しくしなやかな身のこなしをするビッグキャット、見事な狩りをする捕食動物や、息を呑むほどに美しい大自然などの選りすぐりの番組をお届け。ぜひ大画面で美しい映像をご堪能ください。

9月1日(日) 22:00~26:00地球が奏でるシンフォニー
9月1日(日) 22:00~23:00
ナレーションの無い、音楽と自然の映像が融合した世界。米人気ロックバンド「X・アンバサダーズ」が手掛ける楽曲と共に海、海岸、陸地、山地そして空を旅する大冒険に出かけよう。息を飲むほどに美しい自然の景色、驚きの一瞬、そして野生動物が生きる姿など躍動する自然を音楽が表現する。(字幕)

オカバンゴ・デルタ 恵みの洪水
9月1日(日)より 毎週日曜 23:00~24:00
アフリカ南部のカラハリ砂漠に位置するオカバンゴ・デルタ。毎年の大洪水による水の満ち引きが命の源をもたらしている、世界有数の野生生物の楽園だ。水中カメラマンのブラッドと、ナショジオのエミー賞ノミネート作品「サベージ・キングダム」製作チームがタッグを組み、ダイナミックに変容し続けるオカバンゴ・デルタに密着。多種多様な生き物たちが織り成す壮大なドラマを、息をのむような美しい映像とともに紹介する。(二ヶ国語)

ビッグ・キャット:華麗なる一族
9月1日(日)より 毎週日曜 24:00~25:00
動物学者のパトリック・アリーが世界の秘境を訪ね、地球上で最も成功したであろう捕食動物、ネコ科の繁栄の秘密と歴史を解き明かしていく。1100万年前、アジアの草原にパンサーに似た動物がいた。その動物がアジアを出て、今では世界中のさまざまな環境に適応し、37種にも進化した。それらの中で特に8種は完璧な適応の結果、強力な王朝を築いている。これら8種の紹介を通じて、ネコ科の驚くべき成功物語を語る。(二ヶ国語)

世界大自然紀行:エジプト
9月1日(日) 25:00~26:00
北アフリカと中東にまたがる唯一の国、エジプト。国土のおよそ95パーセントを砂漠が占めるこの地は、生物にとって極めて過酷な環境だ。だが、そこには意外なほど多様な生命が息づいている。乾燥地帯であるにもかかわらず、なぜ生物が生存可能なのか、なぜ世界を代表する古代文明が誕生したのか、「水」をキーワードにその謎を解き明かす。そして、サハラ砂漠や紅海、ナイル川に暮らすユニークな生き物たちの生態に迫る。ナレーター:小野大輔(二ヶ国語)


9月8日(日) 22:00~26:00グレート・バリア・リーフ 生命の輝き
9月8日(日)より 毎週日曜 22:00~23:00
オーストラリア北東部の沿岸に位置するグレート・バリア・リーフ。全長2300キロにおよぶ世界最大のサンゴ礁帯には、多種多様な生き物たちが暮らしている。しかし海水温の上昇やオニヒトデの異常繁殖などにより、サンゴは年々減少する一方だ。このシリーズではサンゴ礁とその生態系を守るために日夜奮闘する人々に焦点を当て、彼らの地道な活動に密着。ここでしか見られない壮大な命の物語を、美しい映像とともにお届けする。(二ヶ国語)

世界大自然紀行:インド
9月8日(日) 25:00~26:00
インド。活気に満ち、息をのむような感動に出会える国。その大地を取り巻いているのは、灼熱の砂漠、青々と茂るジャングル、高くそびえる雪山・・・その多彩な地形や気候が、他では見ることのできない豊かな生態系を生み出している。10億人を超える人間たちと、世界でも有数の自然が隣り合わせで息づいているこの国で、生き物たちはどのように暮らしているのだろうか。巨大な動物や珍しい生き物など、その驚くべき生態を追う。(二ヶ国語)


9月15日(日) 22:00~26:00世界大自然紀行:南アフリカ「沼地と草原」
9月15日(日) 23:00~24:00
南アフリカの東部にはマングローブや沼地があり、トビハゼやナイルワニには理想的な環境であるが、ワニの卵はアフリカンロックモニターに狙われている。内陸の草原には動物王国の有名人たるゾウやチーター、ライオンが生息している。南アフリカ最大の両生類、アフリカウシガエルは身を挺してオタマジャクシを守り、ゾウは家族に頼れるという強みがある。藪に隠れる動物もいるので、草原地帯の捕食者にとって狩りは運任せの勝負だ。ナレーター:柿原徹也(二ヶ国語)

素晴らしき冬世界
9月15日(日) 24:00~25:00
冬の訪れとともに、北半球の野生動物たちは、それぞれのやり方で過酷な日々に備える。冬眠に入るもの、暖かさを求めて南へ移動するもの、快適な住処に籠るもの、そして、ひたすら寒さに耐えるもの…。生きるための究極の選択が、生き物たちをより強くするのだ。冬の大自然をとらえた美しい映像とともに、クマ、ビーバー、オオカミ、ニホンザル、オオライチョウ、カラスなど、様々な野生動物たちの冬の暮らしを追う。(二ヶ国語)

砂漠のダチョウ:不思議な命
9月15日(日) 25:00~26:00
ナミビアの過酷な砂漠地帯に住むダチョウが、毎年直面する難題。それは、繁殖のタイミングだ。子孫を残すには、1年に1度の貴重な雨の時期にヒナが孵るよう産卵しなくてはならない。タイミングがずれれば、ヒナは十分な食料を得られず、命を落とすことになる。恵みの雨の到来とともに孵化したヒナだけが、世界最大の鳥へと成長し、そのたくましい脚で大地を走り回るチャンスを手に入れるのだ。(二ヶ国語)


9月22日(日) 22:00~26:00世界大自然紀行:ブラジル「豊穣と飢餓の湿地」
9月22日(日) 23:00~24:00
南米大陸の中心部に広がっている世界最大級の湿地、パンタナール。この地は雨季と乾季でその姿をがらりと変える。雨季には地表の大半が水没してしまうのに対し、乾季では湖や池が干上がり、多くの生物が飢えや渇きに苦しめられる。しかしこういった過酷な地であるにもかかわらず、ここには多種多様な動物が生息しているのだ。ジャガーをはじめとする動物たちは、この厳しい環境をどうやって生き抜いているのだろうか。(二ヶ国語 )

ヨーロッパ紀行:大自然の誘い「氷点下に生きる」
9月22日(日) 24:00~25:00
幾度となく氷期に見舞われてきた地球。今もその名残で、ヨーロッパ大陸には雪や氷に覆われた世界がある。そんな極限の地において、動物たちは生き残りを賭けた戦いを続けている。陸上では世界最大級の捕食動物であるホッキョクグマ、数キロ先の獲物を見つける視力を持つイヌワシ、体高80センチの小さなトナカイ、ネコほどの大きさしかないホッキョクギツネなどの生態に迫りながら、迫力ある大自然の映像をお届けする。(字幕)

消えゆく王~ナミブ砂漠のライオン
9月22日(日) 25:00~26:00
荒涼とした炎熱のナミブ砂漠を生き抜くライオンたち。彼らはただのライオンではない。「砂漠のライオン」だ。人間の犠牲となり成獣のオスの数が激減し、未来が危ぶまれる中、希望の鍵となる若き5頭のライオンの兄弟がいる。まるで「五銃士」だ。そして命を懸けて彼らを守り、育てる3頭の母親ライオンたち。過酷な自然の中で5頭が長する姿を母親ライオンの代から見守り続けてきた科学者のフィリップ・スタンダー博士が追った。ナレーター:西村知道(二ヶ国語)


9月29日(日) 22:00~26:00アメリカ大陸~大自然と野生動物~
9月29日(日) 22:00~26:00 *4話連続放送
アンデス山脈やアマゾンの熱帯雨林、極度に乾燥したアタカマ砂漠など変化に富んだ地形を持つアメリカ大陸の、壮大な自然や野生生物の珍しい行動をとらえた映像の数々。(字幕)