• HOME > 
  • 番組検索 > 
  • 特集 > 
  • 年末だよ! 人気どうぶつ 祭り♪

年末だよ! 人気どうぶつ 祭り♪

番組内容

12月2日(日)スタート 12月毎週日曜日 22:00~26:00
再放送:翌週(金) 4:00~8:00
2018年の締めくくりは、人気のどうぶつたちの中で、今年特に反響の良かった番組をお届けします!

12月2日(日) 22:00~26:00
【ライオン】
ライオン・レンジャー「若いライオンたちの攻撃」
12月2日(日) 22:00~23:00
ケビンがライオンやハイエナが幸せでいられるよう日々努力する間も、園内の財政難は高まる一方である。そんな中、ボツワナへの旅が野生のライオンを保護する手助けとなる。

肉食動物の惑星「ライオン」
12月2日(日) 23:00~24:00
大型肉食動物の楽園ンゴロンゴロ。ここで最大のライオンの群れの食料調達、狩りのリーダーが18歳のメスライオン、マルキアだが、年のせいで腕が落ち、群れのために十分なエサを捕るのに苦労している。そんな中、縄張りに放浪中のオスライオンが4頭現れた。群れを攻撃しメスに子供を産ませる狙いだ。群れのオスライオンのモランは彼らを撃退できるだろうか?負ければメスは奪われ、子ライオンたちは殺されてしまうのだ。

ライオン・キングダム「父と息子」
12月2日(日) 24:00~25:00
小規模なライオンの群れグレイド・プライドに新たなオスが加わり、ボスの地位を確立した。子どもは順調に育つが、青年になった1頭のオスが群れのメスに手を出し、追放されてしまう。死肉をあさっていたが、バオバブ・プライドを追われたオスと協力して獲物を仕留めることができ、義兄弟の契りを結ぶ。そして水牛の群れを追い、2頭は旅立つ。一方、“グレイド”ではオスが1頭のメスと出会い、それが大きな問題に発展していく。

ゴロンゴーザ:野生王国の再生「ライオンの謎」
12月2日(日) 25:00~26:00
野生動物カメラマンのボブ・プールは、モザンビークにあるゴロンゴーザ国立公園再生プロジェクトの撮影を開始した。長年続いた内戦後、世界中の科学者や自然保護活動家が集まり、かつての豊かな野生動物王国の復活を目指して計画に乗り出す。ボブはまず、ライオン学者パオラ・ブーレイに同行し、ライオンにGPS首輪をつける様子や、3本足で歩くメスライオンの群れを追う。パオラはライオンの個体数が増えない謎について考察する。


12月9日(日) 22:00~26:00
【サメ】
シャークマン 巨大ザメ捕獲大作戦「アザラシの悲劇」
12月9日(日) 22:00~23:00
数日で順調に捕獲が進み、タグは3個を残すのみとなった。ホホジロザメの調査チームは次の捕獲に向けテンションを上げるが、サメはなかなかかからない。やっと大きなサメがかかり1時間以上の死闘となる。その後、チームの目の前で巨大なサメがアザラシを捕まえて食べる光景が繰り広げられた。その巨大ザメを釣り上げて船に乗せることはできるだろうか?

人食いザメがやってきた 2「湾岸に潜む危険」
12月9日(日) 23:00~24:00
メキシコ湾のサメは49種類を超え、出会うことも珍しくないが、普段はサメのほうから避けていく。ところが2005年は違った。死亡事故など無かったフロリダ州サウスウォルトンで⑭歳の少女が食い殺されてしまったのだ。2日後、100キロほど北でも別の十代の少年がサメに足を食いちぎられた。この年、メキシコ湾岸のサメの襲撃は例年の4倍以上になったのである。人々は驚き、戸惑う。平穏だった海で何が起きているのか

モンスター・フィッシュを探せ!「長寿!シロチョウザメ」
12月9日(日) 24:00~25:00
今回、生物学者のゼブ・ホーガンは北米一大きく寿命の長いモンスター、シロチョウザメを追う。この魚は非常に長く生きることで有名で、巨大な体に個性的な外見で人々の度肝を抜く魚だ。この旅でゼブが出会うチョウザメは彼より大きいだけでなく、1世紀近く生きている。調査には研究者、ダイバー、漁師、先住民などが参加し、絶滅の危機が叫ばれるシロチョウザメ保護のために協力する。

対決!サメvs海の捕食者
12月9日(日) 25:00~26:00
様々な生き物に捕食されるサメ。その希少かつ驚くべき捕食の現場が、勇敢なカメラマンや偶然に居合わせた人々によって撮影されていた。海の捕食者の最上位に君臨するサメが、いかにして他の捕食者の餌食となるのか、それを映し出す貴重な映像だ。番組では専門家と共にこれらの映像を分析。捕食者がサメを襲撃する方法やその理由に迫る。触腕や鋭い歯などを武器に、捕食者たちは世界中の海でサメを狙っているのだ。


12月16日(日) 22:00~26:00
【犬】
動物界の意外なお友達2「第3話 イヌと野生動物の強い絆」
12月16日(日) 22:00~23:00
人間にとって最も身近な動物の一種、イヌ。今回のエピソードでは、万人に愛されるイヌと野生動物の知られざる友情を紹介する。イルカと水遊びを楽しむイヌ、親のいない小グマの面倒を見るイヌ、お互い保護されてきたチーターとイヌ。なぜイヌは野生動物と良好な関係を築けるのか?カリスマ・ドッグ・トレーナーのシーザー・ミランをゲストに迎え、その秘密を探る。

動物界の意外なお友達3「犬と坊やのお昼寝日記」
12月16日(日) 23:00~24:00
違う種類の動物どうしの友情や、人と動物の心温まる交流を紹介するシリーズ。家の外で鳥を取って来ては飼い主に見せる、元野良猫の大の親友はなんとオウム。突然、同居することになった猫と鳥が見せた驚きの行動とは? そのほか、毎日2歳の男の子と一緒に可愛い昼寝姿を披露する仲良しの犬や、ネコと親しくなりたくて猛烈にアタックした馬、大切に育てたヤギと一緒にサーフィンをしたくて市議会と対決した男などが登場する。

シーザー・ミランの愛犬レスキュー「襲いかかる犬たち」
12月16日(日) 24:00~25:00
将来有望なフットボール選手の飼うロットワイラーが凶暴で心配だと、コーチから相談を受けるシーザー。既に他の犬を2匹襲っていて、更に問題を起こせば飼い主の責任問題になりかねない。シーザーは前途多望な若者の将来を救うため、一風変わった練習を行う。続いて、自転車やスケートボードを敵視するドーベルマン・ピンシャーが登場。飼い主にすら襲いかかり、事態は深刻だ。シーザーは犬の苦手意識を取り除くことができるのか。

シーザー・ミラン横断記:犬との絆「シカゴを訪れて」
12月16日(日) 25:00~26:00
シーザー・ミランが息子のアンドレとアメリカ各地を回るシリーズの第3話。シカゴでは南東部初のドッグランのオープンに立ち合い、人の食べ物を奪う犬やホースに執着する犬、興奮しすぎる犬などの対処法をアドバイスする。また2匹の飼い犬に振り回されデートもできないという女性を訪問。飼い主が不安や恐怖を克服する手助けをする。ほか、消防署で隊員たちを癒す犬や、SNSを活用して野良犬を保護しているという団体も紹介。


12月23日(日) 22:00~26:00
【クジラ & ゾウ】
ザトウクジラ:神秘の世界
12月23日(日) 22:00~23:00
世界で最も愛されている生き物ザトウクジラ。しかし、彼らの生態については驚くほど知られていない。我々はハワイのクジラ調査隊に密着。さらに、この生物を研究している専門家たちに話を聞く。クジラ独特の歌が奏でられる理由、歌の構造、意味の背後にある理論とは?素晴らしい水中写真を通してザトウクジラの世界を覗き、彼らの生態や、歌が広がっていく様子を見てみよう。

ゴロンゴーザ:野生王国の再生「ゾウたちの言葉」
12月23日(日) 23:00~24:00
カメラマンのボブ・プールは自然の美しさに魅了され、モザンビークのゴロンゴーザ国立公園で野生動物に囲まれ暮らしている。彼は姉でゾウの専門家であるジョイス・プールとともに、ゾウの観察を続けている。ゾウは内戦や密猟により、心に深い傷を負っていて人間を信用しなくなっていた。ボブとジョイスはゾウの行動を注意深く見守り、そこから彼らの心の内を読み取ろうとする。人間はゾウたちから信用を取り戻せるだろうか?

解剖でわかる動物たちの謎「ゾウが大食いな理由」
12月23日(日) 24:00~25:00
地上最大の動物であるゾウを解剖する。巨大な体の限界を乗り越えるために、ゾウはどう進化してきたのだろうか?内臓の解剖によって、巨大な体を動かすエネルギーをどのように吸収しているのかを探る。また体の各組織の動き方をコンピューター・グラフィックによって紹介する。さらには、めざましい進化を遂げてきたゾウも人間と同じ病気に感染しやすいことが解剖で判明する。

ゾウの女王
12月23日(日) 25:00~26:00
母の死によって、ゾウの群れを導く女家長の役目はメンサに託された。砂漠を渡り、沼地を越え、砂嵐の谷を通り、ライオンが待つ禁断の地への大旅行が始まる。目指すは古くから乾季をしのぐ餌場だ。道程は祖母から母へ、そしてメンサへと伝えられてきた。ゾウの記憶に刻み込まれたその道は、乾燥した大平原で水場から水場へとたどる、見えない古代の道。もし迷えば、群れは全滅の危機に瀕するだろう。メンサに期待と希望がかかる。


12月30日(日) 22:00~26:00
【恐竜 & 巨大生物】
世界初!恐竜大解剖
12月30日(日) 22:00~24:00
獣医のルーク・ギャンブル医師と3人の古生物学者、スティーヴ・ブルサッテ博士、トーリ・ヘリッジ博士、マシュー・モスブルッカー博士が解剖学的に正確な実物大のティラノサウルス・レックスを世界で初めて解剖、体のしくみを視覚的に解明していく。このティラノサウルス・レックスは、最大かつ最も完全な化石「スー」をもとに復元され、臓器は古生物学者と解剖学者たちが、最新の科学知識と研究成果を駆使して作りあげた傑作だ。

地球の巨大生物TOP10
12月30日(日) 24:00~26:00
遥か昔から現代までの間で、一番大きな地球の生き物は何だろうか。その答えを探るためにタカほどもある虫、バスの長さに匹敵するヘビ、トラックさえ食いちぎる力を秘めたサメといった巨大な生き物のトップテンを、10位から順に追っていく。最新の発見を検証して、人里離れた場所を探索し、さらに度肝を抜く大きさの秘密を科学的に解明しながら、リアルなCGと目を見張る実演で、巨大生物のスケールと驚くべき能力を紹介していく。