捕食者の秋 特集

番組内容

食欲の秋にちなんで、捕食動物の食べっぷりを紹介。陸・海・川 さまざまな捕食動物たちが、あらゆるテクニックを駆使して捕食する。最強の捕食動物はどれだ!

10月7日(日)22:00~26:00
再放送:翌週(金)4:00~8:00
ザ・プレデター ~仁義なき戦い~「第1話 ライオン」
10月7日(日)22:00~23:00
体重約180キロのライオンは大型ネコ科の肉食獣。今回のエピソードでは、ライオンの幼獣が成熟したハンターへと変貌していく様子をお届けする。ライオンは2年間にわたり、過酷な自然の中でハンティングの技術を磨いていく。最強のものだけが生き残り、世界最大の陸上動物と壮大な戦いを繰り広げるのだ。計り知れない強じんさと洗練されたハンティング技術を持つジャングルの王者は、正真正銘のプレデターの称号を得る。

世界最強のプレデター「群れで狩る捕食者たち」
10月7日(日)23:00~24:00
単独ではなく集団で狩りをすることを覚えた捕食者たちがいる。このエピソードでは12種類の動物たちを取り上げ、彼らがいかにチームワークを駆使して獲物を狙うかを探る。まったく異種の動物であっても、戦略を持ち、コミュニケーションを取り合い、そして多くの場合、巧妙な待ち伏せをしてその日の食事にありつくのだ。そうしたシャチ、ライオン、ピラニアなどの姿を美しいハイビジョン映像で紹介する。

アフリカ~驚くべき種の進化~「狩りで勝つための戦術」
10月7日(日)24:00~25:00
それぞれに得意な狩りのスタイルを持つ捕食者たち。息を殺して身を隠し、獲物を待ち伏せする動物もいれば、背景に溶け込んで音もなく忍び寄り、力で相手を征する動物もいる。数千年にわたる種の進化の結果、鋭い感覚、抜け目のない戦略、電光石火の反応、驚きの肉体などを獲得し、獲物にほぼ勝ち目はなくなった。

最強のライオン軍団
10月7日(日)25:00~26:00
タンザニア北部のセレンゲティ国立公園には多様な肉食動物の群れが生息する。特にアフリカで最も多く野生のライオンが見られる場所として知られ、300の群れに分かれた3500頭あまりのライオンが生息している。その中央部には22頭からなる最強の群れがいる。群れの目的は子供たちを無事に育て上げること。時には他の群れのライオンが自分たちの子供を襲うこともあるからだ。


10月14日(日)22:00~26:00
再放送:翌週(金)4:00~8:00
ザ・プレデター ~仁義なき戦い~「第2話 ホッキョクグマ」
10月14日(日)22:00~23:00
世界最大の捕食者、ホッキョクグマ。しかし、幼い子グマはどのようにしてプレデターへと成長していくのか?今回のエピソードでは、ホッキョクグマの子どもが極寒の北極圏で生き抜くすべを学ぶ姿をお届けする。2頭の屈強な肉食動物同士の戦い。大きな体と日本刀のような長い牙を持つセイウチは厄介な相手だ。強じんさと洗練されたハンティング技術を持つホッキョクグマは、正真正銘のプレデターの称号を得る。

世界最強のプレデター「アルティメット・プレデター」
10月14日(日)23:00~24:00
食物連鎖のトップに立ち、他の捕食者からも恐れられる最上位捕食者。このエピソードでは、動物王国の、最大にして最悪、そして最も恐ろしい捕食者の魅惑に迫る。これらの目を見張る生き物たちは、肉食動物界の宝くじを当てたようなもの。近所のガキ大将のように、いつでもすべてを思い通りにするのだ。

アフリカ~驚くべき種の進化~「捕食者の群れ」
10月14日(日)24:00~25:00
生存競争では、数の多さが優位になることもある。狩りの勝率が上がるだけでなく、生死そのものを分けるのだ。仲間で協力して狩りをするマイルカ。一方サメは、イワシの大群にたった1匹で襲撃を加え、クロコダイルは、獲物を分けるときだけ協力し合う。また、群れでなら戦える場合もある。群れで10倍ほどの大きさの獲物を倒す野生の犬や、ライオンに反撃を加えるバッファローなどだ。今回は、アフリカ最強の動物たちを紹介する。

捕食者の死闘:ライオンvsチーター
10月14日(日)25:00~26:00
大型ネコ科動物である捕食者と捕食者とが死闘を繰り広げる瞬間。この番組では、そんな貴重な映像を一挙大公開。ライオンとチータが激しくぶつかり合うダイナミックな姿は、まさに衝撃的光景で思わず息をのむ。さらには大型ネコ科動物たちの知られざるコミュニケーション能力も明らかに。生死を賭けたサバイバル術にも焦点を当てる。


10月21日(日)22:00~26:00
再放送:翌週(金)4:00~8:00
ザ・プレデター ~仁義なき戦い~「第3話 サメ」
10月21日(日)22:00~23:00
海で最も恐れられている捕食動物、サメ。まるで海のギャングとばかりに暴れ回り、どう猛かつ危険なあのサメを駆り立てるものは一体何なのかを解明する。彼らがどのようにして獲物を追うのか、捕食することへの猛烈な執着心の引き金を引いた時、何が起こるかをご紹介する。また、サメの研ぎ澄まされた嗅覚、視覚、ずらりと並んだ鋭い歯、そして強じんなアゴなど、プレデターとしての特徴である各機能をさらに詳しく取り上げる。

世界最強のプレデター「プレデター・ウエポン」
10月21日(日)23:00~24:00
捕食者たちが獲物を効率よく仕留めるために進化させてきた独自の武器に焦点を当てる。それぞれの環境で生き残るため、かぎ爪やキバといった「通常」兵器だけでなく、化学兵器や音波の力なども利用するさまざまな種を紹介する。

アフリカ~驚くべき種の進化~「動物たちの必殺技」
10月21日(日)24:00~25:00
捕食者たちが、狩りで獲物を仕留めるために使う様々な武器。牙や爪、くちばしなど、獲物に必殺の一撃を加える道具をそれぞれに持っている。そういった最強の捕食者たちが生息するアフリカで、動物たちは、明日の命の保証もないままに懸命に生きている。

最強のハンター:サメ
10月21日(日)25:00~26:00
世界中の海で王者として君臨するサメ。その種類は500以上にものぼる。鋭い歯と力強いアゴを持つもの、泳ぐのが速いもの、大きな口で餌を取り込むもの、獲物を待ち伏せするもの、獲物が寝静まった夜に狩りを仕掛けるものなど、その生態や狩りの方法はさまざまだ。だが、いずれの種も獲物を捕らえるためにそれぞれの武器を最大限に活用しており、それこそがサメが最強のハンターと言われるゆえんである。


10月28日(日)22:00~26:00
再放送:翌週(金)4:00~8:00
ザ・プレデター ~仁義なき戦い~「第4話 クロコダイル」
10月28日(日)22:00~23:00
ワニは世界最大の爬虫類のプレデターだが、最強の捕食者となるまでには何年もかかる。ワニの幼体が成体のわずか4000分の1の体重しかないためだ。今回のエピソードでは、ごく小さな体でこの世に生を受けたワニが、どう猛なプレデターへと変貌していく様子をお届けする。ワニは何年もかけてハンティング技術を磨くが、最大かつ最強のものだけが生き残り、アフリカ最大の陸上動物と壮大な戦いを繰り広げるのである。

世界最強のプレデター「プレデター・スーパーパワー」
10月28日(日)23:00~24:00
このエピソードでは、捕食動物たちの不思議な能力に迫る。普段の能力を極限まで引き出す動物の姿は圧巻。中には通常では想像できない特殊な能力を持つ動物もいる。彼らは生死を懸けた戦いに直面した時、ワイルドカードを出し、敵を追い詰めるまで、その能力をフル回転させるのだ。

世界最強のプレデター「野生最強の戦い」
10月28日(日)24:00~25:00
野性の世界では生きるか死ぬかの過酷な戦いが日々繰り返されている。動物たちが戦う理由は、主に「餌」、「縄張り」、「生殖」の3つだ。捕食動物と被捕食動物との間では食うか食われるという根源的な戦いが繰り広げられ、獲物になる動物は、使える武器を用い命がけで対抗する。また、縄張り内では同種のオス同士の間で、指導権や獲物をめぐり、あるいは縄張りを守るため、激しい戦いが展開される。

赤く染まる川
10月28日(日)25:00~26:00
東アフリカのサバンナでは、乾季になるとシマウマやヌーなどの動物たちが水と草を求め、雨を追って大群で北上する「大移動」が行われる。シマウマのメス、ズルエコファイブも、生後10日のフォックストロット・ワンを連れ、危険な大移動に出発する。ライオンやハイエナなどの捕食者たちがいる平原も危険だが、最も恐ろしいのは巨大なワニが潜むマラ川の川渡りだ。親子は様々な試練を乗り越え、なんとか無事、マラ川を渡り終える。