美しきアメリカ:辺境の地へ

原題:America The Beautiful:America's Wild Frontier

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 偉大な川 ミシシッピ (原題:The Mighty Mississippi) 」

北米最大の河川、ミシシッピ川。ミズーリ川とオハイオ川の2つの川が合流することにより、ミシシッピ川はその勢いを増し、壮大で荒々しい流れを形成している。冬には何千羽ものハクガンの群れが飛来し、カワウソが川に張った氷の割れ目から獲物を狙う。春になれば、産卵の時を迎えたワニガメが、夜の闇に紛れて陸へ上がって来る。そして時には洪水が人間と動物たち、両方の命を脅かすのだ。

「 バッドランズへ (原題:Into The Badlands) 」

アメリカ中西部に位置するサウスダコタ州のバッドランズやブラックヒルズには西部開拓時代の面影が色濃く残り、ネイティブアメリカンの勇士や著名な大統領の巨大な彫像がそびえ立つ。同時にここは野生動物の宝庫でもある。バイソンの群れが草原を歩き、プレーリードッグが広大なタウンを形成。高原をムスタングが闊歩し、プロングホーンがオス同士の戦いを繰り広げる。年に一度カウボーイによって行われるイベントも圧巻だ。

「 ミネソタ州の大自然 (原題:Land of 10,000 Lakes) 」

1万もの湖があると言われるミネソタ州。豊かな森と広大な湿地が広がるこの地は、冬になると雪と氷に覆われる。厳しい寒さの中、ハイイロオオカミが鋭い臭覚で獲物を突き止め、北米最大のフクロウは獲物をめがけて雪の中へと飛び込む。一方、地元の人々にとっては、アイスフィッシングが楽しい季節だ。やがて春が訪れると、ハクトウワシの若鳥が空を舞い、ミネソタを代表する水鳥、ハシグロアビの美しい鳴き声が湖に響き渡る。

「 広大な農場の片隅で (原題:Secret Life of A Farm) 」

人間と動物たちが共存するアメリカ中西部の農業地帯。野生動物にとって、ここでの生活は危険に満ちている。豊かな自然環境を人間と共有するためには、身を潜めるのが得策だ。耕作地や干し草置き場など、農場でひそかに暮らす動物たち。だが、魅力的な食べ物はあちこちにある。アライグマを引きつける新鮮な焼きたてパイ、オナガオコジョの食欲をそそる騒がしいニワトリたち…。空間の共有は、しばしば人間との間に対立を生む。

「 アパラチア山脈の大自然 (原題:Into The Appalachians) 」

アパラチア山脈を縦に貫くグレート・バレーには、かつてデービー・クロケットやダニエル・ブーンなどの伝説的な開拓者が暮らしていた。そしてその渓谷には、彼らが当時狩猟の対象にしていた動物たちが、今もなお生息している。アメリカで最も古いとされるアパラチア山脈の懐で生きるスカンクやアライグマやコヨーテ。それらの野生動物はフロンティア精神を体現するかのように、たくましく生き続けているのだ。

コレ知ってた?