激震!四川の巨大地震

原題:China Quake

番組内容

2008年5月、マグニチュード7.9の地震が中国の中央に位置する四川省を直撃した。原子爆弾5500個分の巨大な地震エネルギーが、北朝鮮に匹敵する面積の地域に放出されたことになる。90分に渡る恐ろしい揺れの中で8万人の生命が奪われ、500万軒の建物が倒壊し500万人が家を失った。
この巨大地震から1年たち、研究者による国際チームが現地に入り、突然起きた大災害の謎を探るべく瓦礫をかき分けて調査を開始した。四川大地震は偶発的な揺れだったのか?それとも起こることを予測できたのか?
専門家たちが、史上最大の地震を招いた一連の現象の謎を解明する。