スターストラック 夜空の向こうへ

放送予定

番組内容

2019年、ナショジオは宇宙の魅力を伝えます


2019年7月、人類がアポロ計画で月面に降り立ってから50年を迎えます。ナショジオではこの記念すべき年に、“スターストラック 夜空の向こうへ”と題した宇宙特集を展開。これから夏に向けて「マーズ 火星移住計画」など宇宙への興味を掻き立てる番組を毎週火曜日午後10時に続々放送します。2019年、ナショジオは夜空の向こうに広がる無限の宇宙に迫ります。


<アポロ計画とは>
アメリカ航空宇宙局(NASA)によって実施された、人類初の月への有人宇宙飛行計画。1969年7月に打ち上げられたアポロ11号が、人類初の月面着陸に成功。初めて月に降り立った人類となったアポロ11号の船長ニール・アームストロングは、「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」との言葉を残した。1972年のアポロ17号で計画は終了。アポロ計画では全6回の月面着陸に成功し、計12人の宇宙飛行士が月へ降り立った。

2019年4月放送予定番組スペースシャトルの秘密」(60分x2話)
4月16日(火) 22:00~24:00 ※2話連続放送
初めてスペースシャトルが打ち上げられた1980年代からの、その軌跡を辿る!当時の貴重映像や関係者たちの話に基づき、スペースシャトル計画の詳細が様々な側面から描かれる。もともと米軍が戦争に勝つためのツールとして計画されたスペースシャトルは様々な困難を乗りこえ、外交上重要な役目を果たすことに。スペースシャトルを活用し建設された国際宇宙ステーションは国際協力と平和を象徴する存在となっている。

宇宙に挑む天文家たち」(60分)
4月23日(火) 22:00~23:00
衛星から得た最新のデータと最先端のCGを用い、狩猟民族から現在の姿へと進化した人類の道のりをたどる。宇宙からの視点であるからこそ、私たち人類が地球に及ぼした影響、そしてそれにより文明をいかにして創り上げてきたかがはっきりと見えてくる。

マーズ 火星移住計画」(60分x6話)
4月23日(火)スタート 毎週火曜日23:00~24:00
太陽系の惑星の中でも、火星ほど人類の想像力を刺激するものはない。2033年、初の火星有人ミッションとして、6人のクルーが地球を飛び立つ。人類の火星移住を見据えた任務だ。火星では着陸から入植までさまざまな困難が彼らを待っている。映画レベルのリアルな近未来ドラマと、現在の宇宙開発の専門家たちが登場するドキュメンタリーパートとを組み合わせ、人類の壮大なる挑戦を描く。


ハッブル宇宙望遠鏡が魅せる宇宙の絶景」(60分x6話)
4月30日(火) 22:00~23:00
1990年の打ち上げから25年以上もの間、宇宙の神秘をとらえ続けてきたハッブル宇宙望遠鏡。その観測に関わった研究者たちのインタビューを交えながら、ハッブルがこれまでにとらえてきた鮮やかな宇宙の画像を紹介する。星の誕生から消滅、また超新星やブラックホールなど、これまでの既成概念を覆されたものは少なくない。2018年以降、新しく導入される宇宙望遠鏡に観測の任務を引き継いで、さらなる宇宙探査の旅は続く。

※再放送等の放送情報は各番組ページをご覧ください

2019年5月放送予定番組土星探査機カッシーニ:最後のミッション」(60分)
5月7日(火) 22:00~23:00
1997年に打ち上げられたカッシーニは2004年に土星付近へ到達し探査を開始。数々の成果を挙げたが、遂に燃料が尽きる時が来た。宇宙環境を汚染しないよう、カッシーニは最後の燃料で自ら土星に飛び込み、その使命を終える。宇宙から数々の知見を人類に送り続けたカッシーニの軌跡を紹介する。

ミッション・トゥ・ザ・サン」(60分)
5月14日(火) 22:00~23:00
NASAは2018年8月、太陽の周りにある高温のコロナを調べる無人探査機を打ち上げた。太陽の周りを楕円軌道で回りながら近づき、2018年11月に太陽に到達する計画だ。そしてコロナの中を飛行し7年間の観測を計画している。人類が歴史上初めて太陽に触れる瞬間と、その舞台裏を紹介する。

ロズウェルに堕ちた宇宙人」(60分)
5月21日(火) 22:00~23:00
1947年7月8日、アメリカ陸軍が「空飛ぶ円盤」を回収したと発表。しかしその後、この発表は撤回される。それから数十年を経た今でも、この議論は白熱している。軍は本当に宇宙人の遺体や宇宙船を回収したのか?それとも、単なる噂話なのか?様々な証言を基に、ロズウェル事件の真相に迫る。

潜入!スペースX」」(60分)
5月28日(火) 22:00~23:00
ケネディ宇宙センターでは、スペースX社のロケットが初打ち上げを待っていた。それを、人類の火星移住を目指すCEOイーロン・マスクが見守る。移住実現に向け、彼は再利用可能なロケットの開発を進めてきた。このロケットを打ち上げ後に再着陸させられれば目標に近づくが、成功するのだろうか?


※再放送等の放送情報は各番組ページをご覧ください

2019年6月以降放送予定番組双子宇宙飛行士の新たな挑戦」(60分)
6月4日(火) 22:00~23:00
宇宙飛行士スコット・ケリーは、12ヶ月という長期に渡り国際宇宙ステーションに滞在したが、宇宙での生活は人体にどんな影響を与えるのか?宇宙にいるスコットと、地上にいるスコットの双子の兄弟で元宇宙飛行士のマーク、彼らの精神面や身体を細かく計測し、生体医学の進歩に役立てるべく研究する。

「Apollo 8 (原題)」
2019年7月放送予定
アポロ計画における二度目の有人宇宙飛行であったアポロ8号。1968年12月21日、時速3万900km近いスピードで地球を飛び立ったアポロ8号は、クリスマス・イヴの日に人類で初めて月をまわる軌道に乗り、その後、全部で10周の月周回飛行を成功させた。人類初の月面着陸50年を記念して、アポロ8号の軌跡に迫る。

「Apollo: Missions to the Moon (原題)」
2019年7月放送予定
1969年の7月16日、ニール・A・アームストロング、マイケル・コリンズ、エドウィン・E・オルドリンの3人がアポロ11号に搭乗。月に向かって飛び立った後に人類史上初である月着陸を達成。地球では、彼らが撮影したテレビ放送用カラー映像が世界中を興奮と熱気で包んだ。 2019年7月、この人類にとって華々しい日から50年を迎えようとしている。そこで50周年という節目を記念した特別番組を7月に放送する。

「徹底解剖!ISS 国際宇宙ステーション」
2019年8月放送予定
国際宇宙ステーション(ISS)は壮大なプロジェクトだ。火星への有人宇宙飛行を念頭に置いて、クルーが長期の無重力生活を送る。多国籍の人々が共に暮らし、働く場でもある。面積がフットボール場に相当し、重さが約4百トンもある巨大な建造物を宇宙空間でどうやって組み立てたのか?何をエネルギー源とし、どうやって稼働させているか?クルーはどうやって行き来し、どんな生活を送っているのか?ISSの内部を覗いてみよう。


※その他の放送番組は確定次第、随時掲載いたします。