スターストラック 夜空の向こうへ

放送予定

2月5日(火)より 毎週火曜22:00~24:00

番組内容

2019年、ナショジオは宇宙の魅力を伝えます

2019年7月、人類がアポロ計画で月面に降り立ってから50年を迎えます。ナショジオではこの記念すべき年に、“スターストラック 夜空の向こうへ”と題した宇宙特集を展開。これから夏に向けて「マーズ 火星移住計画」など宇宙への興味を掻き立てる番組を毎週火曜日午後10時に続々放送します。2019年、ナショジオは夜空の向こうに広がる無限の宇宙に迫ります。


<アポロ計画とは>
アメリカ航空宇宙局(NASA)によって実施された、人類初の月への有人宇宙飛行計画。1969年7月に打ち上げられたアポロ11号が、人類初の月面着陸に成功。初めて月に降り立った人類となったアポロ11号の船長ニール・アームストロングは、「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」との言葉を残した。1972年のアポロ17号で計画は終了。アポロ計画では全6回の月面着陸に成功し、計12人の宇宙飛行士が月へ降り立った。

2019年2月放送予定番組マーズ 火星移住計画 2」(60分×6話)
<二ヶ国語> 2月5日(火)スタート 毎週火曜22:00~23:00
<字幕> 2月8日(金)スタート 毎週金曜21:00~22:00

西暦2042年、人類の移住が始まってから約10年後の火星を舞台に、困難を乗り越えて火星移住を進める人々を描くドキュメンタリードラマ。火星での生活に順応した初期クルーはさらなる研究を進めるべく模索していたが、民間企業のクルーが火星に到着したことで資源や研究方針を巡る対立が発生。異なる目的を持つ相手との共存の難しさが浮き彫りとなる。ドキュメンタリー部分では、現代の宇宙開発について解説する。


宇宙の奇石」(60分×10話)
2月5日(火)スタート 毎週火曜23:00~24:00
私たちが住む地球とは、いったいどんな惑星なのか?溶岩が噴出し続ける場所があれば、氷点下で暮らす人もいる。標高8,000メートルの山があれば、水深8,000メートルの海もある。とても美しく、そして少し奇妙なこの地球は、数え切れないほどの奇跡でできているのだ。映像表現に定評のあるダーレン・アロノフスキーと番組ホストのウィル・スミスが贈る、地球の神秘に迫るドキュメンタリー。


※再放送等の放送情報は各番組ページをご覧ください


2019年3月放送予定番組潜入!スペースX」(60分)
3月19日(火) 22:00~23:00
2018年2月、ケネディ宇宙センターの発射台ではスペースX社のロケット、ファルコンヘビーが初の打ち上げを待っていた。ファルコン9ロケットを3基つなげたこのロケットを、人類の火星移住を目指すCEOのイーロン・マスクが見守る。移住の実現には安価なロケットが不可欠なため、彼は再利用可能なロケットの開発を進めてきた。ファルコンヘビーを打ち上げ後に再着陸させられれば目標に近づくが、成功するのだろうか?

火星探査車キュリオシティ:生命の痕跡」(60分)
3月26日(火) 22:00~23:00
火星探査車キュリオシティは、2012年に火星のゲールクレーターに着陸した。太古の火星に生命が存在した可能性を探るため、火星の岩石を採取し、分析する装置を搭載している。打ち上げ前には想定外の問題が発生し、火星でも予想外のトラブルに見舞われたが、チーム一丸となって取り組み、ゲールクレーター内のシャープ山に登って多くのサンプルの採取に成功した。その結果、火星探査史上、大きな発見が…。

※再放送等の放送情報は各番組ページをご覧ください


2019年4月以降放送予定番組「徹底解剖!ISS 国際宇宙ステーション」
2019年5月放送予定
国際宇宙ステーション(ISS)は壮大なプロジェクトだ。火星への有人宇宙飛行を念頭に置いて、クルーが長期の無重力生活を送る。多国籍の人々が共に暮らし、働く場でもある。面積がフットボール場に相当し、重さが約4百トンもある巨大な建造物を宇宙空間でどうやって組み立てたのか?何をエネルギー源とし、どうやって稼働させているか?クルーはどうやって行き来し、どんな生活を送っているのか?ISSの内部を覗いてみよう。

「Apollo 8 (原題)」
2019年6月放送予定
アポロ計画における二度目の有人宇宙飛行であったアポロ8号。1968年12月21日、時速3万900km近いスピードで地球を飛び立ったアポロ8号は、クリスマス・イヴの日に人類で初めて月をまわる軌道に乗り、その後、全部で10周の月周回飛行を成功させた。人類初の月面着陸50年を記念して、アポロ8号の軌跡に迫る。

「Apollo: Missions to the Moon (原題)」
2019年7月放送予定
1969年の7月16日、ニール・A・アームストロング、マイケル・コリンズ、エドウィン・E・オルドリンの3人がアポロ11号に搭乗。月に向かって飛び立った後に人類史上初である月着陸を達成。地球では、彼らが撮影したテレビ放送用カラー映像が世界中を興奮と熱気で包んだ。 2019年7月、この人類にとって華々しい日から50年を迎えようとしている。そこで50周年という節目を記念した特別番組を7月に放送する。

※その他の放送番組は確定次第、随時掲載いたします。