【2018年4月】特集:ベトナム戦争 知られざる物語

番組内容

4月30日 月曜日 18:00~21:00
4月30日は南部解放記念日
第二次世界大戦以降、長年にわたり分断されていたベトナムが、1975年のこの日に統一されました。43年前のこの日、一つの歴史が変わった瞬間を振り返り、戦争とは何か? もう一度考えてみましょう。

空の英雄たち「ベトナムの大空中戦」
4月30日(月) 18:00~19:00
1966年7月、アメリカ軍は北ベトナムのミグ21戦闘機部隊にたたきのめされていた。追い詰められた第8戦闘航空団は態勢を立て直す必要性に迫られていた。そこへ第二次世界大戦の退役パイロット、ロビン・オールズ大佐が入隊する。彼は命懸けのおとり作戦「ボウロウ作戦」を立案し、これがミグ戦闘機を迎撃する決定打となることを願った。1967年1月2日、ベトナム戦争中最大規模の空中戦に向け、全ての手はずが整った。(二カ国語)

戦闘ヘリの限界に挑む!「ベトナム vs 米軍ヘリ部隊」
4月30日(月) 19:00~20:00
1967年までのベトナムでは、若いパイロットの死傷率は歩兵の死傷率を上回っていた。中でも最も危険なミッションに就いたクルーがベトナムに戻り当時を振り返る。深刻なパイロット不足のために、彼らは1年も訓練せずに戦地に送られ、東南アジアのジャングルや山中で戦った。トムは5回撃たれ、ラリーは2度負傷したのちに、非常に重要な救出ミッションを遂行。飛行士にとっての最高の栄誉、空軍殊勲十字章を受勲した。(二カ国語)

ベトナム戦争 英雄たちの絆
4月30日(月) 20:00~21:00
ベトナム戦争で戦うために選ばれ、訓練され、共に戦地へ送られた歩兵部隊のC中隊。そのメンバーだった面々が登場し、仲間と共に体験したベトナムでの過酷な日々をそれぞれの言葉で振り返る。ところどころに差し挟まれる、当時を記録した貴重な録音音声やビデオ映像も必見だ。(二カ国語)